お守りの指輪の作り方

0
    お守りの指輪の作り方を知りたいとご依頼がありまして、セッションをしました。


    彼女を先に見て…
    持っている指輪を見せてもらいまして、
    使えるものがあればそれを使えば良いですし。

    彼女との相性をみて…
    どの指輪にしたら良いか…など。
    ちゃんとみます。


    恋愛ならこれ、
    金運なら…これ。


    もし持っているものが合わないなら、購入予定の日にち、
    一人で買うか、
    それとも…
    「この人と買ってね」と写真を指定をしたり。



    その人との縁で急に仲良くなったり、不思議なことが起きたりします。


    彼女の指輪は元々あった一番古いものと相性が良く、
    これを使って○月の月の光、○月の太陽の日差しに○時間当てることを進めました。


    自作やあなたを知っている人で愛がある人のパワーが一番。

    普段のあなたを知ってからこそエネルギーの周りを流しやすいし。


    指輪は…意外に男性からみて誤解しやすいアクセサリーなのでくれぐれも選ぶのを気を付けてね。



    そしてまた見せてもらって、あることを確認。


    出来上がり!


    してみると、
    「楽です」。


    良かった、良かった。

    これでまた楽しく毎日頑張れますね。





    大阪 チャネリング〜スピリチュアルな浮気

    0

       

      ご主人の浮気発覚。

       

      知ってからも家庭を守ろうとして、笑顔を作りながら子供たちを育て、

      そのそばで嘘をつきながら暮らしている夫が子供と楽しそうに笑っている・・

       

      耐えられない。

      この嘘につきあって生きていくべきか、

      自分が自立して子供を育てていくか。

       

      我慢が溜まってイライラして・・子供に当たってしまって、子供がますます夫の方へ行く。

      悪循環。

       

      でも・・・夫がこの家に居ると思うだけで「気持ち悪い」。

      家庭の事も何もしないでその時間に他の女性とつきあっているなんて思うだけで・・・腹が立つ・・・

       

       

       

       

       

      「もう我慢が出来ません」とお客様。

       

      見ていると・・

      「相手の彼女の念より、元々のご主人の方が問題があるから我慢する必要もなく別れることをお勧めします」とお話しました。

       

       

      その後、お客様と将来のお話。

      その途中から何か感じる・・お客様の後ろと、ふるらんに来る“何”か・・

       

      うん・・・女性かな?

       

      結構なキツイ性格。

      でも・・表向きは優しいか・・

       

       

      「〜〜で〜〜な人居ませんか?たぶん女性です」と言うと

       

      「義理のお母さんかな・・・」と言われるので

       

      「表向きの性格ですが裏はけっこう潜んでいますね」と話と驚いているので

      「優しくて笑顔ですが、外だけですね」と言うと

      「・・実は・・母親にはあの人、大丈夫?と言われたことがあるのです」と言いました。

       

       

      とってもいい義母さんです。

      でも表向きです。

      その人が彼女の頭をこっちに向けていることと・・

       

      「どうもご主人はおかあさんにあなたが浮気をしている、ということに話をしている見たいですね」というと、少し考えて

       

      「どうりで途中から義母の笑顔が少し変わったと思いました」と言いました。

       

       

      相手との縁を切り、縁を変えて運を変えて・・・

      子供を命がけで守らないと。

       

      夫の家とさようならしないと・・

       

      「相手の家がどうも本心で生きているような感じがしないので・・」というと、

       

      「そういえば・・あそこの家のお姉さんが家を早く出たことと、それと結婚の時、私に、家が嫌いだから実家に寄りつかないし、あまり会えないからごめんね、と言っていたのです」と言いました。

       

       

       

      お姉さんは感じていたのでしょうね。

      この家の違和感。

      それと・・おかあさんの強烈な裏表・・と息子の嘘をキレイに飲み込む母息子愛。

       

       

       

      離婚を決意して前に進むことにしました。

      準備は・・これこれ。

       

      それと・・将来のことをお話してあげると、とても喜んでもらえました。

       

       

      それと・・

      「〜〜をしておいてあげるから、〜〜おしえてもらえる?」と彼女に話し、了解を得たので、それをしました。

       

       

      ふるらんが彼女にできることはします。

      ただ、本当に人生を変えるのは自分自身です。

      スピリチュアルとか能力でもなんでもなくて、

      「あなたの自分自身です」。

       

      能力があなたを変えるのではありません。

      そしてスピリチュアルがあなたを変えるのではありません。

      たとえ一時スピリチュアルの効能があったとしても本当に変えられるのはあなたです。

       

      能力ではなくて、

      “あなた自身の努力”を神様、仏様がわかってくれてそれから本当のスピリチュアル発動で

       

       

       

       

       

      半年を過ぎたぐらいに連絡がありました。

      やっと落ち着いたのでまたお会いしたい、ということで。

       

      ふるらん、とっても嬉しかったでした。

      それでふるらんはお客様とお茶をしました。

       

      顔がすっかり変わっていました。

      「後ろが完全に軽〜〜くなっていますね」と話しました。

       

       

      セッションから離婚を早々と成立。養育費もなし。

       

      子供にきちんと説明をすると、子供は

      「おとうさんはおかあさんが居るときは優しいし、おかあさんが居なくてちょっとしたことで注意されたときに怖い時があった。おかあさんは裏表がない」と言ったそうです。

       

      小さな部屋を借りて再スタート。

       

      彼女はお金を貯めるためにお仕事を頑張りました。

       

      子供も理解してくれて、おかあさんが居ない時には勉強をしたそうです。

      そして帰宅してからちゃんと親子の会話をしたそうです。

       

      「二人っきりになって子供と向き合うことがきちんと出来た気がします」ということでした。

       

      仕事をすることは徳積みだから、ということを覚えてくれていて、

      嫌なことがあっても娘のため、徳積みのため・・と乗り切ったそうです。

      (嫌なことでも限界があるのでそこまで我慢しなくてもいい、という内容によって変わります)

       

      不徳を積まないように・・

      積まないように・・

      慎重に、でも、大切なのはたくさんの笑顔を作ること。

       

      「あれから半年たって落ち着きました。それで良いことや不思議な事がありまして・・」というお話。

       

      娘さんの成績が上がったのは当然、

      彼女は会社の人間関係が良くなってきたと気がつきました。

       

      それと・・不仲だった両親が仲良くなったということ。

      「娘のことで話しをするようになってお互いに協力しようという話になったみたいです」ということ。

       

      家が狭いのに友達が遊びにきてくれてみんなが

      「こっちの家の方が居心地がいい」と言ってくれることと、

       

      最近気がついたのは

      「いろんなものをもらっていることに気がついて、自分は守られているんだわ・・と実感したときに、また不思議にものをもらえたり人に親切にしてもらったりして幸せです」ということ。

       

       

      「きっと神様や仏様ががんばるあなたにご褒美を下ろしてくださっているのだと思いますよ」と話すと、

      「本当にそう思います」と笑顔でした。

       

       

       

      彼女は今、家でも徳積みをしています。

       

      ええ、頑張っているともっともっと楽になれるのです。

       

      ふるらんも頑張っています。

       

       

      そして昨日、その道の大先輩からすれ違いざまに

      「○○○が消えているね」と言われました。

       

      やったぁ〜〜!です。

      人としてやっかいなもの一つ終わりました。

       

       

      普通の人のふるらんです。

      一個ずつ消していきます。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:スピリチュアル


      大阪チャネリング〜離婚後報告

      0
        半年ぶりにお客様と対面。

        あら、軽くなってるわ。


        お互いにお久しぶりです、と挨拶をして…


        「良くなってるわ、良かった、良かった」と彼女にお話。
        「誉められて嬉しいです」と彼女ニッコリ。


        大変だったもんね。
        でも越えた!

        タイミングと精神的なことを話して言って、やっとスッキリ!




        子供さんの厄も落ちた。

        そうよね、ご主人、嘘つき過ぎ。
        お子さんにも良くない。


        早く縁を切って他の女性へ行ってもらったほうがいいので。




        彼女からの報告。
        離婚後に風の噂でご主人の彼女さんのお母さんとペットの犬、○匹も同居。
        彼女さん、仕事をやめて主婦へ。

        全ての生活を彼が支えてるらしいと。

        「あの給料で大変だと思いますよ」と。


        養育費もなにももらわず速攻離婚して良かったわ……


        向こうの彼女の家、ややこしいから。
        それに子どもの運勢も変われる!


        節分までもう少し。
        今できることことを聞いてくれたのでいろいろお話しました。


        最近は徳のご質問が増えて来ています。

        皆さん、人生に必要なことを聞いてくださるのでうれしいです。


        チャネリング教室〜天使と話す、を書いていて・・

        0

          また・・消えてしまいました(泣)。

           

          キリスト教の少し深い部分を書き始めたら・・・

           

           

          ・・ということで簡単に書くことにします。

           

           

          あるお客様とセッションをして、そのお客様が

          「これから教会に行きます」と言われて、

          「あ、あそこの教会ね?」とわかりました。

           

          ふるらんもたまにその場所へ行きます。

          それとキリスト教の本を読んだり、イエス様やマリア様、天使さんなどを見てきます。

          (ふるらんは仏教徒なので買うことはないですが、とてもキレイな場所です)

           

           

          その数日後に、ご依頼がありまして、

          「天使さんとの会話がしたい」ということでした。

           

          ふるらんは、ふるらんがチャネリングする方法と、お客様が天使さんとお話する方法ととちらを選ぶかを聞きまして。

           

          それで彼女は天使さんとこれからも話をしていきたいということで、チャネリングへ進めることになりました。

           

           

          彼女の場合、過去世がキリスト教ですのでコツをつかむのが早かったです。

           

          ・・・というところからちょっと深いことを書きたかったのですが、先ほど消えましたので・・

          ここを省略しまして・・・

           

           

          授業を進め・・

           

          お休みのある日、電車に乗っていて、空に天使のはしご(雲の間から降りてくる太陽のすじ)を見ました。

           

          「あの場所へもっと近づきたい」と衝動にかられていそいで電車で移動。

           

           

          場所へ移動する途中ではしごが消えていったそうです。

          やっぱり無理だったかな、と思って、あきらめようとした時に

          急に背中に光りが当たりました。

          温かい、と思って振り向くと・・自分に光りが指しています。

           

           

          「あのときはまるで教会の中で光りを浴びた感じの暖かさと優しさを感じました。

          背中に羽があるというのはこんなに温かくて気持良いのだと思いました。

           

          あの日からメッセージの感じ方が変わったようになりました。

           

          人に愛を、という言葉だけではなくて、もっと深いものと暖かみのある言葉の光を円くしたようなものに。

           

          勉強と体験を重ねていくという意味がわかった気がします」と彼女は話していました。

           

           

           

           

          ふるらんが子供の時に味わった・・あのガラスから入ってくる十字の光。

          大人には光、としか感じないかもしれませんが子供には

          「何かわからないけれど、何かを照らされたような光」。

           

          その中に広がる、音は・・・

           

           

          聞き取れるのはほんの少しの間ですが、永遠に心に残っている音です。

           

           

           

          言葉で感じるのではなくて・・感覚を純粋に。

          天使の声はとっても小さいから・・ね。

           

           

           

           


          大阪チャネリング〜御守りの指輪

          0
            御守りの指輪がない!

            外していつもの場所にない…




            落ち込み……

            もの探しの得意な霊視の先生にも探してもらったそうです。


            無い…


            諦めるしかないけれど、最後にふるらんのところへ来ました。

            さすがにふるらんも…
            家の中にも気配が全く無い。


            アスファルトの上っぽい。

            他の先生とも見解が一緒。


            「残念ですだけど…」とふるらん。
            「諦めます」と彼女。


            「今度はネックレスだね」というと
            「え?指輪ではないのですか?」と聞かれたので、
            「うん、短めで喉のところにくる長さ。これをつけたらきっと…」と在ることを話すと彼女は
            「実は最近…」と話してくれました。


            実は)彼女霊感あり。
            それで夜、あることが起きてました。


            ネックレスで〜>なをつけたら…おさまる方法をお伝えしました。

            実はふるらん、たまたまあるお坊様から教えて頂いたことなのです。

            ふるらんはその症状がでる系列の霊感ではないのですが、たまたま聞いていたのでした。


            彼女に喉のここの部分…とピンポイントで伝えました。




            それから彼女のあることが収まって行きました。


            良かった。
            役に立てて。


            やっぱりむかしから伝えられてる話は大切。
            伝え、伝えて…
            役に立てて。

            困った人を助けあう。

            ありがたいです。



            不徳を積むとどうなるのか?

            0

              不徳を積むとどうなるのか?

               

              知っていると思いますが、当然良くないですものね。

              ひどくなると良くないことが起きるから、と言うように覚えてきたと思います。

               

              良くないことが起きる、というよりも、

              「良くことを避けきれないようになってしまう」ということなのです。

               

               

              なぜ徳積みが必要かというと、人として当然のよい行動で、のためでもありますが、

              「何かの時に徳を使う」からもあるそうです。

               

              「徳があるから守られる」

              「徳があるから願いが叶う」

               

              ・・です。

               

              お願いや困ったときに徳を使われるそうです。

              積んだ徳は永久ではありません。

              減ったり増えたり。

               

              大きな願いごとあるときなどは特に一気に徳を使いますので、それが足りないのであれば当然願いごとは叶いません。

               

              ちなみに不倫をするとすさまじく徳が減るそうです。

              (相手の方に最初は独身、と言われて、心を痛められる方もいますので、わかったら恋愛云々、離れましょうね)

               

               

              それと家系に問題が起きますので。

              「自分だけだから」と思っているかもしれませんが、自分が亡くなった後、子孫へ不徳分が行きます。

              「それは自分じゃないから自分は関係ない」と思われてもダメなのです。

              はい、ちゃんと生まれ変わります。

              それが・・巻き込まれる確率を今上げたり、他のが起きたり,

              幸せを遠回りさせれる運命を受ける作用を起こしたりすることになるのです。

              (ヒプノセラピーでお客様が前世や背後の霊のお話をされることが多いです)

               

               

              それと、意外にこんなことで「徳を減らしている」ということが多いのです。

               

              積んでいる間に減らす方がず〜っと多い。

              ということで積まれていないことが多い。

               

               

              修行とお勉強を進めていますが、日々反省。

               

               

              それと、教わったことや教えていただいてくださった方たちに感謝です。

               

               

              感謝が足りないと徳が育たないそうです。

               

              自分で積んでいると言う感触だけでは積めないのでしょうね。

              それと、土台がしっかりしていないと・・風で揺れるかも。

               

               

               

              「自分が積んでいる」という気持ちの中に、謙虚さもないと・・きっと徳は崩れたり、割れたり、溶け出してしまって流れ出てしまうかも。

               

               

              徳とは何かを表すときに、いろいろなお話を聞きました。

              具体的にどう表現するのかな?と思いまして。

               

              それで・・いろんなことからまとまってきて、納得出来ました。

               

              ブログでは表現がしづらいのでお会いしたときに聞いてください。

               

               

              さぁ徳積みしましょう。

              徳が足りないのはもう十分知っているので。

               

              ちいさなことからコツコツコツ。

               

               

              お客様といつも

              「お互いに積みましょうね」とお話をしては、お客様のその後の変化を楽しみにしています。

               

               

              JUGEMテーマ:スピリチュアル


              大阪チャネリング〜離婚の準備

              0
                離婚のご相談ですが、今回の場合はあまりにもひどすぎるので、ブログに詳しく書くときっと読んでいる人も
                「気持ちが○い…」と思うぐらいの内容。

                きっと涙と悔しさと…凄い怒りを感じると思います。


                そこまで人間、やれるの?と。


                彼女は10キロ痩せたそうです。

                かわいそう過ぎる……

                私が彼女の親友で身近にいたら…
                ご主人に何をしたかわからないぐらいの勢いだと思います。



                ふるらんは…苦労人だから、弱いものいじめる嫌い。



                それでも、彼女はご主人との関係を越えて、精算を決意。


                離婚の決意って大変だもの。



                「一時期はコーヒーの味もわからないぐらいのストレスでした」と。




                ふるらんからは夢と希望と…
                楽しいことを伝えたい。


                早く立ち直るというよりも、いっぱい笑えることをしてあげたい。
                見えない部分はまた〜〜〜とかできることをしてあげたい。

                (近日中にでもできることをします、それもふるらんの仕事だと思いましたし、それがいい、と○○から言われました)


                起きた症状から判断して必要なこと。

                彼女も、してくれるそうです。

                コツコツ行きましょう。

                静かに、そして…ゆっくりと。

                地固めしてから、本当の幸せ作りを。





                東京スピリチュアル〜ポニョパワー

                0
                  告白したくて…

                  でも失敗したら…

                  …なら…やめておくことかな。

                  でも彼といい相性で、未来が見えるなら…



                  「告白していいですよ」とふるらん。
                  「え?良いのてますか?」とお客様。


                  条件をチャネリング。
                  「よし」と出る。


                  ただし…
                  やり方があるみたい。

                  「ポニョ式見たい」とふるらん。
                  「え?」

                  崖の上のポニョが頭に出てくる。
                  あの宮崎駿さんの名作。

                  そしてその中の名言。
                  「ポニョ、そうすけ、だ〜い好き!」



                  あれです。


                  むっちゃストレートで
                  純真で、
                  可愛くて、
                  そして…抱き締めたくなる。


                  「あれ…難しいですよね?」
                  「確かに」
                  「どうしよう…」


                  わかりますよ、むずかしさ。
                  大人に、なるとやり方を完全に忘れてる。


                  お客様、悩む。


                  ふるらんから
                  「幼稚園か保育園、もしくは保育士さんに知り合いはいますか?」
                  「います」。


                  ならば、決行前に訓練できる。



                  保育士さんからの情報を聞き、子供があつまる公園へ。

                  深く観察力。

                  そして…保育士さんから子供の心を思い出させてもらえた。


                  ありがとう、保育士さん。



                  告白決行!

                  男性びっくり!
                  その時は回答保留になったけど、次の日に
                  「君のまっすぐな目に驚いた、お付き合いをこちらこそからお願いいたします」とご挨拶。



                  良かった、良かった。

                  ポニョ、ありがとう、

                  大阪チャネリング〜別れ話は唐突に…

                  0
                    彼氏からラインで、
                    「もう疲れた。別れたい。さようなら」。

                    三行…。


                    会って話がしたい、返信しても
                    「さようならスタンプ」のみ。


                    彼の家は知らない。
                    いつも自分の部屋でデート。


                    それって…
                    デートではなくて遊んでるだけでしょう……

                    デートの観念…違ってる。

                    彼の家との行き来ならわかるけど。


                    友達の紹介だから安心していたそうです。
                    でも…なんとその友達も彼の家は知らない。

                    友達って…相手の家知らないのに友達なの?

                    知り合い、でしょ?
                    ん…プライバシー?

                    でも、ふるらんなら家も知らない人を大切な友達に紹介できない。

                    結婚を意識してる世代ならなおさら。

                    友達紹介なら簡単だけど、恋愛対象紹介だし…

                    悲しいね…
                    何を大切にして何を雑にしてるのか…
                    時代が違うのかな…


                    彼女、悲しい、寂しい…辛い。
                    確かに彼女も彼のことを知らずに自宅生にいれたのも悪いかも知れないけど…
                    でもね……

                    いつかは彼も彼の家を教えてくれるかもしれないと女心。


                    「どうしたら連絡を取れるでしょうか?」と彼女の質問にふるらんは」
                    「友達が連絡を取ってくれないと言うことは友達も…でしょ?」
                    「頼みましたが…私も連絡取れないって言われました」と。

                    なんか…友達じゃないですよね。

                    彼女と話をしていると…傘が見えてくる。



                    それを話すと…

                    「彼が忘れた傘があります」と言われました。

                    連絡は取れるけど答えは同じだけれどいいですか?と話し、
                    「最後になるなら顔を見てからケジメを、つけたい」と彼女の気持ち。

                    つらくなるのがわかってるかど一分の希望なのでしょうね…


                    傘にあることを。
                    そして彼に"ある文面"を書いてメールをしてもらいました。

                    これで会いに来て、ある質問をして、こう答えたら本当に彼氏として失格だと彼女に伝えて。


                    彼氏、来ました。
                    そして…
                    見事に彼は予告通りに回答しました。

                    彼女は彼の言葉にびっくりして冷静になりました。


                    心配してくれた友達に話すと
                    「本当にその通りだよね」と。


                    ありがとう、傘さん。

                    ふるらん、感謝です。
                    彼女も
                    「友人ともののありがたさを感じました」と連絡が来ました。

                    別れて良かったね。








                    2018年の運勢が始まるまで…

                    0
                      今年も始まってもう12日。


                      そして2月の節分まであと少し。

                      本当の今年が始まります。



                      よく我慢してここまで来ました。
                      本当に頑張ったと思います。

                      耐えましたね。

                      ふるらんもここ一年、凄い修行でした。

                      本気の本気。
                      大変でした。


                      あと節分まで脇を締めて前に進みます。

                      同じ思いの人はたくさんいます。

                      みんな大変を越えてきてます。

                      コツコツ進みましょうね。


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      スマートフォン

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode