東京恋愛教室〜モテ期到来!

0
    モテ期って…なかなか来ない、って思いますよね?


    やっぱりですね…タイミング次第ですよ。


    すべてが整って来たら…

    え?私って、私って…って思う時が来ます。


    生徒さん、3人が今モテ期。


    同時に数人からお誘いが来てまして…


    その数人からどの人を選ぶかの基準を教えたりしています。



    モテ期にするには…


    最初にすることは、まず身辺整理。


    断捨離は勿論、友達関係も、彼氏関係も。

    あ、離婚とかも整理がつくと不思議と新しい男性が出てきます。

    その生徒さんのタイミングをみて動いてね。

    そして、自分自身を綺麗にすること。


    綺麗に、可愛く、そして、オーラが出るように。


    勿論、もともと女性は磨けば綺麗なんだから。



    結婚式でみんな綺麗でしょ?



    そして、肝心の…ホンモンアップの方法を。


    これを身につけたら、化粧品の代金が減るし、はだ艶が良くなってお化粧が楽で、乗りがよくなる。


    更年期も楽になるし。



    いいことばっかり!





    ストレス解消方法は自分でいろんなことをして見つけて、男性に頼りすぎないようにしないと、男性に振り回されるから。



    正しい自分軸は必須科目。


    男性の見抜き方は、恋愛教室でガッチリおしえちゃいますからね。





    恋愛教室の生徒さんから〜結婚式決定報告

    0

      プロポーズされて幸せ最高!

      そして二人で式場を決めたり、人数調整したり…

      大変だけどそれが思い出に変わります。

      頑張れるのは…ドレスを着れるから。




      今月は式場が決まった報告を受けることご多くてその度にネットで調べて…


      お〜いいしゃない!



      ダメならいいます。



      みなさん、海の結婚式が夢って多くて…

      南国結婚式。




      綺麗なところで結婚式って最高ですものね。

      そしてその夢を叶えてくれる彼も偉い!




      二人の思いが一緒って素敵ですのね。




      二人のスタートを自然の神さまに伝えて…誓ってくださいね。




      必ず永遠の愛と命懸けで守り抜く強さと…そして…来世への約束を。
       


      恋愛教室〜スピリチュアルな運命の出会い

      0
        JUGEMテーマ:スピリチュアル


         

        昨日のお客さんから聞いたお話しもそうですが・・・

        旅行の時についでに占い師さんに
        「結婚は?」の質問をして・・
        「無理ですね、一生できません」というお話しを聞かされて・・愕然・・・

        そのあと、ある場所で、同じ会社で働いていた男性と偶然あって・・・
        それからわずか数か月で結婚・・という話がある。


        旅行からわずか・・3か月で彼と偶然の出会いがあったということ。




        ふるらんのところにも
        「ほかの先生のところで結婚は無理と言われました」と落ち込んでこられる女性が増えてきています。

        確かに・・・そのままでは無理とは言わないけれど苦戦すると思う・・という部分があります。

        だって・・・ご先祖様にも何もせず、服装もお化粧も・・・何もなし。

        「このままの私」が通用しなくて・・・結婚できなかったことに気が付いてほしい。

        「このままの私」は私の中では通用するけれど、女性も同じで、

        「このままの俺」でデートに来られたら
        「それって・・・私のデートってこの程度なの?」と思ってしまう・・・

        相手に緊張感をもっていることは正しい。
        だって嫌われたくないから・・どうしたらかっこよく見せられるか・・・と考えることが本心からの声だと思っている。

        動物でさえ、大きく見せたり、綺麗に見せたり、綺麗に鳴いたり・・・
        何としてでもこっちを向いて・・と行動しているのだから。



        若くてかわいい子には絶対にかなわない・・
        それは男性の本能がそうさせているし、それに反応しなければ男性的な部分が草食であるということ。

        「優しくていい人なのですが・・・まったく○がありません・・・子供ができないかも・・・」と相談されに来られる女性も多いのです。



        結婚して・・・子供が欲しいと心から思うのなら、その計画を立てなければならない。

        出会って・・から・・なんて遅い、遅い・・

        出会う前から決まっている。

        出会ったときに普段の気の抜けた感じでいて、そのあとにどんなにきれいにしても、その時はその前に出会ったきれいなかわいい子に彼を取られている。

        出会う前からの勝負なのだから。


        出会って・・・1秒・・・で恋に落ちる。
        正確に言えば・・・一秒で彼を落とさないと。

        後からの変更は・・・男は難しい。

        あ、そうそう、女の子は「考え直す」から結婚式の互いのプロフィールの女性の部分に
        「あまりなんとも思わなかった」とか「まさかこの人を好きになるとは」と書いてあるのが多い。

        はい、女性は・・あとから考え直す。

        男性は・・・難しい・・・




        普段、普通に会っていて・・・
        突然違う場所で会った時にギャップを与えたら・・彼はあなたに夢中になる。


        でもそれにはあなたのいろいろな部分を直さないと・・・となる。



        「ロンドンハーツ」を見るたびに

        男性の目線がいかに女性と違うか・・ということを思い知らされる。

        もちろん・・・その人の生い立ちや精神状態、家庭の環境もあるだろうが。





        スピリチュアルな部分にももちろん刺激や変更を与えなければならない。

        何もなく・・・突然明日から変わるわけではない。

        現実を変化させ、そして見えない部分を変化させることが道の幅が変わるからだ。








        ある女性にこんなことを頼んでみた。

        「○月までに〜〜をしてくれる?それが約束、当然、毎日〜〜〜をしてほしいの」というと、

        「はい、わかりました」と了解してくれました。


        彼女は・・確かに普通の女性。
        でも、ちょっと変えたら・・・運命が来るかも、と思いました。

        今の彼女では・・・やはり難しいと思って。


        そして毎月恋愛教室に来てもらい、彼女の変化を確認させてもらいました。


        男性目線も当然その都度伝えました。(笙先生もいるし)



        数回教室を受けてもらいながら笙先生から
        「もう少しこうした方が男性にもてる」という話をしているのをふるらんが霊視していて・・・

        スピリチュアルな部分を治すようにしていきました。


        1年をすぎ・・数名の男性とお付き合いがありましたが、どれも結婚には結びつきませんでした。


        でもめげずに結婚という一つの目標を手に入れるために頑張ってきてくれました。



        彼女には
        「○○才、○○才を重点的に狙うこと」と話していました。



        あるとき、
        「資格を取りたいので学校に通っていいでしょうか?」と聞かれたので、内容を聞くと

        「夢の中でその仕事をしているのを見たし、前から興味がありましたと話すので、

        「それは取ったほうがいいですね」と笙先生から回答がありました。

        彼女は来年に向けて資格試験の勉強をすることにしました。

        電車を待つ間の数分でも、買い物のレジを待つ間でも常に勉強をしていました。



        あるとき、地下鉄の椅子で少しの間でも勉強をしようと思って座ろうとすると、その椅子に30代の男性が座っていました。

        「お隣、いいですか?」と彼女が聞くと、彼は笑顔で
        「いいですよ」といい、彼女は座って本を出しました。

        ふと見ると・・・男性も同じ試験の勉強をしているので聞くと
        「今年試験を受けようと思って」と教えてくれました。

        自分は来年受けようと思っていることを話すと
        「お互いに頑張りましょうね」ということになりました。

        感じの良い人だな・・・と思った彼女は地下鉄に乗る時に彼をなんとなく探すようになったそうです。


        一週間ほどして、同じ椅子にあの男性が座っていました。

        「また偶然でよかった」と彼女が言うと

        「いえ・・実はずっと待っていたんです」と彼は言ったそうです。



        実は・・時々彼女が立って勉強しているのを見ていて・・・
        素敵な人だな・・と思っていたらしく・・・
        (前は全く気が付いていなかったみたいですね。苦笑)

        それで・・・いつか自分のこの席のとなりに来ないかな・・と思っていたそうで・・・

        彼女も自分が彼を探していたことを告げました。




        「先生、相性を見てほしいのですが・・・」と聞かれたので、笙先生回答。

        「雄〜素晴らしいね。ベストだと思うよ。ただ、焦らないで相手を見ておこうか。前世がいくら良くても、今世で大変だったら困るしね」と慎重に進めることを話しました。

        「あのね。背格好が・・・〜〜な人で、話し方が〜〜〜で・・」と話すと

        「なんでわかるんですか?」と聞くので

        「あなたのことがそうとうに好きみたいだし、ずっとそばにいるしね・・・」とニンマリ。

        そして続けて

        「お互いにつながっていたら・・・ちゃんと見つけられるんだろうしね。それとやっと綺麗に、本来のあなたになったから男性も見つけやすいし・・」というと、

        「そうですね。何年もあの地下鉄に乗っているのに・・お互いにまったく気が付かないなんて・・・運命って自分で変化させないとつかむことさえできないんですね」と彼女が言いました。




        確かに・・・ふるらんたちのところに来たときは・・・普通〜〜〜〜の女子。

        でもいろいろいじらせてもらって・・・
        むっちゃ光始めていい感じ。


        デートが進むたびに確認作業。

        恋愛教室で出した宿題をこなしていただきます。



        そして彼の会社も彼の考え方もばっちり。

        それから・・・彼の写真も手に入り・・・笙先生とふるらんとで霊視して・・・

        「いいじゃない、結婚したら?」と回答。



        ふるらんは
        「赤ちゃん、できてもいいよ」と付け足し。

        彼女は照れていました。


        あ、ちなみにふるらんたちがゴーサインを出すまで○は禁止です。



        ・・と
        「彼と結婚するなら・・家を買うのは禁止。たぶん・・・転勤とか土地が変わることが見えているから」と言うと、

        「大丈夫です。先生たちのブログを見ていたら家を買って借金なんて絶対しません」と言いました。





        来月あたり両家にご挨拶。
        来年の春あたり・・・は・・・そうね、結婚式しましょうか?

        あ、その前に妊娠してもいいよ〜

        だって・・彼、前世も彼女の彼。

        同じ大学に通い、そして学生結婚。
        彼女が病気で亡くなり・・・・って・・・彼、健康に対して結構発言するでしょう?


        だから・・・許してあげてね。

        そして・・
        今は医学が発達しているからそう簡単にあの世に行かないことを彼に伝えてね〜〜







         

        大阪スピリチュアルセッション〜恋愛メール必勝法

        0
          JUGEMテーマ:スピリチュアル

          「彼からのメールが途絶えてしまって・・・」という彼女。

          彼とのメールのやりとりを見ていていて・・・それを笙先生に見せると・・

          「これなら・・僕でもメールはしたくなくなると思うよ」と言いました。


          はい、そうなんです。
          あなたのメール仕方は彼の心を冷めさせます。

          「そんなつもりはありません」と言っても、彼には‘そんなつもり’に取れるのです。


          お付き合いを始めて・・何か勘違いをされる人が多いのは確かです。

          ちゃんと彼の気持ちを捕まえておくために努力をされていますか?
          そしてその努力、間違えていませんか?

          男性って・・女性と違うのです、とらえ方が。

          そして相手の男性の性格によってますます違います。

          「難しいですね」と言いますよね?

          その言葉と隣でもし彼が聞いていたら
          「そうだよな〜難しいよな」というと思うかな?

          違うよね・・・できる男は完全に違うことを思います。
          「そう考える子なんだ・・・残念」と。


          仕事もそうです。
          女性が
          「難しい」と逃げているのをみて・・「かわいいな」と思う人はいません。

          ちゃんと受け止めて、そしてみんなと協力しながら解決していく女性を見て
          「彼女はしっかりしているし、そしてみんなと仲良くやっているし、関心するな・・・」と彼のハートの記憶に残るでしょうね。



          一生懸命頑張って、そして前に進んでいて、ときどきミスもするけれど、またちゃんと謝って進んでいる子を見ては
          「この子がお嫁さんなら僕は安心して仕事ができると思うな」と男性の評価です。




          メールを読ませていただいて・・彼女のメールの文面にある癖があるのがわかりました。

          「これを直して・・・これを…こう書きなおしたら・・・どう思う?笙先生」と男心を聞くと

          「直したメールの方に俺は付き合うな〜」と言いました。


          どうですか?
          あ、もちろんふるらんのメールだから・・笙先生の点数が高いというわけではありませんよ。

          笙先生もふるらんに厳しいですし、特に仕事のことでは。
          スケジュール、会社の運営など、やっぱり経営者です。


          もちろんふるらんは笙先生の健康や老後に厳しいです。


          「病院行った?」
          「なんて先生に言われたの?結果は?」
          「〜〜だから〜〜してね、あ、〜〜はしたらダメよ」と言います。

          看護師さんの奥さんをお持ちの方でしたら、言う内容は同じです。


          笙先生は
          「ふるらんに厳しいのは愛があるからだよ」といいます。

          ふるらんが笙先生に厳しいのは
          「いのちは期限という限りがあるもので、永遠ではなく、神様から与えられた体を使わせていただいていることと、病気は自分も回りも巻き込むから」です。



          彼女に徹底的に「恋愛に強いメールの書き方」を教えてあげました。

          そして添削を開始することにしました。



          でも、彼からのメールは途絶えている・・・

          それで、ふるらん一計を案じ、ある文面を彼女に教えました。

          「この文面、必ず○時○分に送ってね。たぶんこのメールの返信は来るけれど、それが何時何分に来たのか教えてね」と彼女に言いました。


          そしてその夜に彼女からメールが来ました。

          ○時○○分・・・
          笙先生と話し、彼の気持ちは恋愛ではなくて、○○な要求にしっかり変化していていることを彼女にメールすると
          「やっぱりそうですか。なんとなくそう思いました」と返信があり、そして
          「やっぱり・・この人じゃなくて、セッションの時に話した友達の方がいいと思いますよ」とメールを返すと
          「そう思います。どうやってその彼を私に向けるか教えてください」と返信が来たので
          「必勝メールを見に着けていきましょう」と返信すると、
          「はい、がんばります」ということでメールの添削を開始しました。


          メールの添削については常に24時間はできませんし、ほかの生徒さんのこともありますので、タイミングをみながらその方のメールを添削しています。

          別に教室を受けに来られておられる方もいます。


          夫の浮気が止まった。
          彼のメールの回数が増えた。
          会社の人との誤解が解けた。
          数年ぶりに友人との連絡が取れ、そして今度会うことができた。


          メールって偉大なのよ。
          やり方次第でまた会いたい人に会える。


          彼女のメールの癖を彼女に気が付いてもらうためにある方法を取りました。

          そして彼女はそれで
          「自分の書き方が悪かったですね・・これで愛されるように書ける自信が付きました」と言ってくれました。




          恋愛教室は彼をグルグル巻きにするやり方も教えています。

          だって・・男性の先生がいますもん、男心はあなたの目の前で教えてもらえます。

          だから・・こじれる前に来てほしいのです。
          転ばぬ先の杖ですよ。


          もちろん・・彼がいない人には出会いの方法やうまく進める方法も教えています。

          恋愛教室の生徒さんが出会い、お付き合い、お別れ、もっとほかのいい人との出会い、選抜方法、結婚させる方法、そして・・ずっと幸せに進んでいく方法など細かく教えていきます。

          もちろん、彼との相性も兼ねてね。

          あ、相手の親御さんとのお付き合いも教えていますから、結婚式のこととか引越しもスムーズに行けます。


          (セッションを受けていて、この問題がけっこうこれが大変でもめて破談になるケースの相談もありますよ)



          彼女はとても熱心にメール必勝法を覚えました。

          そしてふるらんに送ってくるメールもすっかり変わりました。

          「愛されメールね〜」と返信すると
          「褒められて嬉しいです」と返信が来ました。


          はい、ふるらんはこの年ですので、みなさんよりは年上です。

          ですので・・・いろんなメールの書き方を見ては
          「残念」
          「うまいわ〜〜〜」と思う日々です。



          彼女の思っていた友達から頻繁にメールが返ってくるようになりました。

          そしてとうとうデート。

          彼からの言葉は
          「メールを読んでいて、今では君からメールが来ないと落ち着かなくなった」と言ったそうです。






          彼女は今週末、彼の両親にお付き合いの挨拶に行くそうです。

          「彼って真面目ね」とふるらんが言うと
          「はい、それであまり彼女がいなかったみたいで」と言うので
          「それだけ女性をしっかり見てきた証拠だし、良い男性を見つけていた君が運が良い証拠だよ」と笙先生が言いました。




          このお話し、元の彼と別れるのに3か月かけています。

          そして今の彼と付き合い始めて・・半年のお話しです。


          人生はたった一年で変わりますし、一か月で流れを変えられるし、1日でいろいろ学べるし、一時間で計画を立てられるし、一分で考え方を変えられるし、一秒で相手の心の記憶に残れます。


          さて・・あなたはこれからどの時間をどうして、どうやって変えて、未来の理想のあなたに会えるようにしますか?



          ふるらんはたくさんこの世界を満喫してあの世に行こうと思っています。

           

          東京セッション 恋愛教室〜彼の心を落とすメールの書き方

          0
             
            誰でもかれでも・・落とすようなことは教えません。

            ‘あなたが好きでこの人なら・・・’とこちらが背中を押すときには教えまます。


            そして・・・もちろん、結婚したい、と願う人にも。


            だって〜幸せになってもらいたいもん。


            それと・・・笙先生いわく

            「男性は勇気のいることだからね・・結婚してください、っていう言葉は」と言います。


            それを言わせるのは、ある意味女性の義務かもしれません。


            ふるらんはそう思っています。






            いいな〜彼、と思って、なんとか相手のアドレスまでたどり着くのは・・努力してもらいます。

            もちろん、言葉でいろいろ話して、彼からアドレスをもらえるように持っていく方法も教えます。



            問題はそこからです。

            あなたの好き勝手なメールは彼にとって迷惑です。

            最初は楽しいでしょうが、男性はもともとメールが大得意の人は少ないですし、疲れているのにこの時間にメール?と思われたらもう終わりです。


            相手のことを知らないのに、女性側が早く、早くとせかすようなタイミングでメールを送ると・・・もう駄目です。


            男性に嫌われます。


            「そんなつもりはありません」とか

            「だって相手のことが見えませんし・・」と言われる人もいます。

            でもね・・・相手のことがわからないのに、楽しいメールを送る数が彼の心の器を超えたとき

            「うるさい女」に成り下がります。



            メールこそ、‘空気が読めない女’は敗者と化すのです。





            彼があなたのメールを見て、
            「この人・・素敵だな」と思わせるようなベストなメールを買いてナイスなタイミングで送られた時、彼はまたあなたのメールを待ち焦がれる男性となるのです。







            恋愛教室では徹底してメールの書き方を教えます。

            せっかく素敵な彼なのに・・失敗してきた女性をたくさん見てきたからです。


            (反対に男性が女性に送ったメールで失敗して彼女を取り逃がしたこともあります)



            そしてふるらんは厳しく(笑)、そして愛にあふれて(笑)教えていきます。



            真剣に学んでくれる姿はふるらんはとても好きです。

            そしてその姿を隣で見ている笙先生が

            「あの生徒さん、だいぶ良くなってきたね〜。もうすぐ彼氏ができると思うな」と言ってその通りに彼ができたとき、笙&ふるらんは

            「よかったね〜〜愛のムチ(多分柔らかいと思います)が効いて・・・」と二人で笑顔でいます。




            今のままでは今のままなのです。

            友達に書くメールが変わると、友達関係が良くなります。

            仕事の関係もそうです。


            上司から急に食事に呼ばれ
            「最近いい仕事しているね。これからも期待しているよ」と言われ、彼女ははっと気づきました。


            メールの書き方を変えて・・仕事がはかどっていることに気づいたのです。






            ある恋愛教室の生徒さんのお話しです。


            彼女は彼と別れて、2年すぎました。

            ダブル霊視では
            「その彼とわかれてよかったね〜」という回答を彼女にしました。


            彼女は新しい彼と・・・もちろん結婚相手を探すことを決意しました。


            徹底的にメールの書き方を覚えてもらいます。

            はい、「ラピス・ハート」に送っていただいているメールの文章もきれいに直してもらいます。



            普段の携帯やスマホのメールだけ直しても恋愛運はよくなりません。



            「ここは・・・こういう表現の方が素敵だと思うわ」と生徒さんに教えます。

            そして
            「会社の人の場合は・・」と応用も教えます。


            相手の人が書いたメールをどう読むかが必要なのです。

            そしてスピリチュアルな部分はもちろん生徒さんはわかりませんので、相手の方を霊視して、帰宅した後のメールの時にそれを使うようにしてもらいます。



            だいぶいい感じにかけてきたときに、やはり恋愛運が上がってきたせいか、一人の男性が現れました。


            彼は出向で期間限定で会社に来たのです。


            「期間内でなんとかしたい」という彼女の気持ち、わかりますよ〜


            笙先生とふるらんとダブル霊視して
            「この人いいね」と同じ答えになりました。



            笙先生から、相手との相性と将来の話をしてもらいました。

            そして
            「彼、いずれこっちにずっといると思うよ。そんな気がする」と言われました。

            彼女は
            「それってどういうことですか?」と聞かれたので

            「この会社なのか、自分でするのかわからないけれど、東京にいることになると思う」と答えました。





            メールアドレスをもらうことに成功。

            そして歓迎会として一緒にみんなで食事。

            恋愛教室で覚えたことをフル活用!


            できるようになると、断る男性なんているわけない、と思っているのはふるらんだけ?(苦笑)




            ほかの女性と違うメールを送るようにお話ししています。

            もちろんスピリチュアル的なスパイスも兼ねて。


            タイミングは笙先生が
            「この日にこのメールを〜〜してくれる?」と教えてくれます。



            会社の中である問題が起きました。

            彼はその対処で大変になりました。


            笙先生とふるらんは

            「チャンスだね、仕事もサポート、そして心も・・だよ。このメールを送るといいよ」と言ってあるメールを送りました。

            彼女からは
            「女性の私でもこのメールなら感動します」という返信をもらいました。





            その後・・問題が無事解決。

            彼女に彼からメールが来ました。


            「とても心の支えになりました、ありがとうございました」というメールをもらい、彼女からあるメールを送ってもらいました。

            その返信が

            「本当に君は素敵なメールを書かれる人ですね。普段の仕事の時は〜〜で〜〜だと思っています。

            もっとお話しがしたいと思っていますが、もしよかったら二人きりで話をしてもらえませんか?
            ・・・中略・・・・・よろしくお願いします」。



            やった〜〜!です。

            でもこれにすぐ乗ってはいけません。

            なぜかわかりますか?


            もっと男性の心をがっちりつかむグッドタイミングなのです。


            「ふるらんの必殺必中メールの送信だよ」と笙先生からの御達し。


            そしてそれを〜〜で〜〜すると・・・・


            彼から速攻メール。


            「ますます会いたくなりました。ぜひ早いうちに二人で会いたいです」と。




            ふっふっふ〜〜〜〜〜〜



            そして二人はデート。

            この時も恋愛教室での「デートの仕方で男性を落とす」を教えていますのでそれを実行するのみ!


            その後、彼女から来たメールは

            「先生たちが教えてくれた通りにすると、彼がその通りに動くのでとても楽しかったです。

            おかげでデートに余裕ができて、素敵な女性が演出できました」と返信がありました。





            あれから1年。

            4月の移動がありました。


            彼は東京にいることになりました。

            そして東京支社の課長になりました。



            最近の彼は
            「いずれ自分で独立して、君を楽にしてあげたい。

            今のまま会社に居ても君との時間が少ないと思うし、子供もやりたい人生を歩かせてあげたいから。

            僕は君の為に一生懸命になってる今の自分が好きなんだ。

            これからもよろしくお願いします、って頼んでいい?」と言ったそうです。



            最近わかったことですが、彼のお父さんは会社を経営されています。

            後を継いでほしいらしいけれど、彼は

            「最初から自分でやりたい」というそうです。




            「やっぱりいい男はちがうね〜」と笙先生とふるらんはにやにやしているのでした。



            ちなみに・・もうすぐ彼女と彼の誕生日です。

            はい、プロポーズもまもなくですね。




            笙先生いわく

            「彼を霊視すると・・結構最初は大変だろうけれど、成功する男だね」と言いました。






            ちなみに・・このお話し、彼女より、彼は5歳年下です。









            東京セッション〜恋愛教室の生徒さんの再婚成功!

            0
               
              再婚って・・確かに慎重になります。

              でも・・慎重にならなきゃ・・ね?


              だって・・・自分の幸せは子供の幸せでもあるし、孫の幸せでもあるのだから・・・




              あと2か月で50歳になる女性です。

              初めてお会いした時には・・とっても疲れていて、生活感いっぱいでした。


              「再婚して幸せになりたいです・・」と切実。



              結婚して、子供を二人。

              その子供も今、子供がいて・・おばあちゃんです。


              「子供の幸せが落ち着いたら、自分の再婚を現実にしようと思っていました」と言いました。


              「うん、今までよく頑張ってきましたね」と言うと彼女はハンカチを出して目を抑えていました。



              そうよ、子供を一人で育てるって・・大変なのよ。

              男性は・・ほかの女性のところへ行けばいいんでしょう?


              女性は自分の稼いだお金で子供を育て・・・自分の服もバッグも我慢して・・子育てに回すのよ。




              「この前、子供が私に、お母さん、私たちはもういいから再婚していいのよ、と言ってくれたので」と笑顔になり、ふるらんも笙先生も

              「それなら、その心にこたえたいですね」と話しました。



              恋愛教室スタート。

              彼女は対面とスカイプと時間を調整し、そして訓練とスピリチュアルな面と両建てで進めていきました。


              しばらくして、仕事の関係で2か月空き、久しぶりに今回、東京セッションで対面でお会いできました。



              授業の間に数人の男性と出会い、そしてある男性との交際に発展。

              「もう少しで彼を落とせると思います」と余裕で話してくれました。


              はい、余裕が出ています。

              まず、むっちゃきれいになりました。

              美魔女?っていう感じですよ。

              孫がいるなんて思えない。

              娘さんと並んだら・・・お姉さんクラス。


              久しぶりにあった女友達に
              「どうしたの!」と言われたぐらいで。

              そして霊感のある友達に
              「オーラが変わってる」とも言われたそうです。



              はい、徹底的に変わってもらいます。

              そのための恋愛教室ですし、はっぴ〜体質へ改善です。



              その代わり・・・こちらの指導には従ってもらいます(苦笑)


              まぁ・・たのしく進めましょう。

              でも努力しないと変わらないですよ。

              だって・・・今のままなら今のままですもん。





              今回の東京セッションの時、彼女は彼との進行状況を教えてくれたので、笙先生とふるらんはもう少し攻めの方法を伝えました。

              彼女は
              「これなら・・・自分が男性でも落ちますね」と笑っていました。



              昨日の夜の報告です。

              あの手を使う日と時間を守ってもらっていたので・・・

              笙先生と
              「そろそろ報告くるね」と言っていました。


              すると・・メールが来ました。


              「先日はありがとうございました。

              おかげ様で勇気をもち、彼と会い、あの手を使おうとしたとき、彼から結婚してほしい、と言われましたので、はい、と返事をしました。

              すみません、先生たちの方法が使えなくて・・・

              でもとっても幸せな気持ちです。


              久しぶりに泣けるぐらいの幸せになりました。

              本当に先生たちのおかげです。ありがとうございました。

              そしてこれからも彼の気持ちをつかんでいるためにご指導をよろしくお願いいたします」と書いてありました。




              笙先生と、彼女の話をしました。


              きっと・・彼女が観察、分析するより、彼は完全に落ちていたんだろうね・・・と話しました。


              それで、ふるらんは彼女にこんなメールを返しました。


              「おめでとうございます。

              あなたの努力の答えがやっとあなたに届きましたね。


              彼との相性、そして未来は抜群だから決して彼を離さないように。


              そしてその幸せを周りの人にもおすそ分けしてあげてね〜〜〜」と。







              「男性はね、一瞬でも心に残ったら年齢なんて関係ない。

              その人の年齢なんて、あとの話。

              それが本当に好きな証拠だし、好きで好きでたまらないなら一生離さない」と笙先生。




              と、
              「俺、ベタベタしたら・・・きっとふるらんに嫌われるだろうな・・・・」とぼそっと言っていました。(笑)

              響くメールの書き方〜恋愛教室で実践

              0
                 
                ふるらんはいつも思うのよ・・・

                このメール、相手に送って大丈夫だと思ってる???と。


                「彼から連絡が来なくなりました・・そしてもう数週間過ぎて・・・もうダメなのでしょうか?」と聞く彼女をみて、

                「何があったのかわからないのでしょう?」と聞くと

                「はい」というので、彼女と彼のメールのやりとりを見せてもらいました。


                交際期間3年・・・

                彼からすると・・・彼女の嫌なところも知っています。

                もちろん・・・彼女から見て彼の嫌なところも。


                それを我慢できるか、できないか・・をしていくのですが・・・
                まぁ本来なら、相手に上手に伝えて、直してもらうのが恋愛なのですが・・

                失ったら嫌だから言わなくなりましたね。

                でも・・・互いに言わないから・・・突然失うのです。

                彼女のメールを読ませてもらいました。

                そして結論が

                「これって・・誤解されるメールよ」と話すと

                「そんなつもりはないです」というので

                「何を書いたかではなくて、どう伝わったかなの」と言いました。


                自分の用事を書いてあるような内容で、まったく色気なし。

                それに・・・
                「この子に会いたい」とか「やっぱりこの子はいいな〜」と思うようなところなし。


                「だって・・・もう数年付き合っていたら、そんなことわかっていると思ってるし、書くのも変だし・・」というので、

                「だから書いてくれる人に行くのよ。だって・・新しくてかわいい子には絶対負けるのよ」とふるらんが言いました。


                ふるらんだって女の子。
                まぁ十分年は取っていますが(苦笑)

                回りの子を見ていると、もうこんな子供がいても当たり前の年齢です。


                年齢相応で、そしてなおかつかわいくて・・・心に響くメールを書かないと・・・

                ほかの子に取られて当たり前。

                浮気しているか、していないかの問題ではないのです。


                彼女以外に誰もいなくても・・・

                「うんざり」させたら、もう「一人の方が気楽」と彼は思います。



                でも、やりすぎると・・変だし、重い女(男)に思われます。

                適度が一番。


                相手の彼によっての内容、

                受信時間と送信時間の兼ね合い・・・


                場合によっては絶対メールが返ってくる内容を教えてあげたり、

                上手なお別れのメールの書き方を教えてあげたり、


                10分以内に帰って来るメールか、今日中に帰ってくるか・・・明日なのかのコントロールできるメールを書いたり・・・


                「めんどくさい」・・・って思うでしょう?

                今ならいまほしい、ってみんな思っているでしょう?


                そう、それを考えながら書くから・・・帰ってこなくなるのよ(苦笑)




                彼女に
                「彼からメールをもらいたいと思ってるのよね?」と聞くと

                「ええ。もちろんです」というので、

                「正直、彼の気持ちも知りたいのよね?」というと

                「はい」と言ったので







                「では・・・・
                ‖攻・・か、5・6分以内に返ってくるメールがほしい?
                ∋間がかかっても自分のことをどう思っているか知りたいメールがほしい?
                次回のデートの約束がほしい?」と聞くと


                「しばらくメールをもらっていないので、,梁攻をお願いします」との依頼でしたので、彼女の携帯を借りて・・・文章を打ち、彼女に

                「ちなみに・・・このメールで速攻帰ってきたら、彼があなたと付き合っていた目的がわかるわよ」というと
                「わかりました。今日ここに来た目的も彼の気持ちを知りたいのもありましたから、わかるならいいです」と言いました。

                そして、彼女に書いたメールを見せると

                「これで・・速攻なんですか?」と聞くので

                「うん。彼がこれが目的ならね」といい、送信しました。


                そして・・5分をすぎたぐらいに・・彼からメールがきました。

                彼女はえ〜〜と驚いていましたが、普通の男性で目的が「あること」なら、速攻でメールを返してきます。


                そしてそのメールを読むと・・・彼女、びっくり!(内容は内緒です)

                「彼って・・・これが目的だったんですね・・・」というので

                「そうよ。あなた気が付かなかったでしょう・・・ふるらんが聞いていてそう思ったからそのメールの内容を書いたのよ。ほかのカップルならまた話が違うかもしれないけどね。

                あなたの彼の目的は‘これ’。だからそれの先が見えていたから・・・最近のあなたのメールを読ませてもらっていて、わかったけど・・・もう、先が見えていたから、だから離れていったのでしょうね。

                このメールで、またつなげておこうかな?とか思ったんでしょう?

                どう?間違ってる?」と聞くと、少し時間をおいて彼女が


                「なんか・・メールを待っていた自分が馬鹿だと思いました。もう離れます。

                こっちから切りますわ」と言ったので、

                「偉い、偉い、よく決断したね。それじゃ〜次に・・・」といって、メールを書いて、彼女の前に見せると、

                「むっちゃ面白い」と言って、それを送信していました。


                ふるらんが
                「たぶん〜〜〜〜〜〜って書いたメールが来るわよ」というと、また5分あとぐらいに返信がきて、
                そのメールがどんぴしゃだったので、彼女は大うけしていました。




                心に響くメールを書いてくださいね。
                なぜなら・・・壊れなくていいカップルまで壊れてしまうから。


                相手によって書き方が変わりますから、十分気を付けてください。



                最近、よく見るのが、彼氏の前で鼻をかむ女性が多いこと。

                ふるらんおばちゃん、びっくりです!

                あれじゃぁ・・・・壊れるでしょう?彼の「夢」が。


                「だって・・長く付き合ってるし、もう気も使わないでいいし。仲良しだからいいでしょう?」と思っていませんか?



                ふるらんおばちゃんはよく聞いているのよ。
                「最近、俺の前でも平気で鼻を大きな音でかむんだよ。女として失格だよな」って男友達と話している男性たちを。



                メールもそう。
                デリカシーのない文章や、

                愛のかけらも、かわいらしさもないメールなんて・・・うんざり。

                まして・・・仕事の愚痴なんて・・・ありえないし。



                長年付き合ってる方たち。

                気を付けてね。

                言わないのは・・・もうあきれているか、いつ別れてもいいか、って思われてるか、

                それとも・・・
                「なんかで利用できればいいか」って思われるぐらい、下級に扱われてるかもしれないからね。



                女の子は・・・姿、形も大切だけど、やっぱり
                「愛情」と「愛嬌」と・・・そして「心の温かさがある子」は素敵なのよ〜



                メールで彼の心を捕まえるのも、切り離すのも、コツ次第。

                せっかくだからこっちに有利な流れになるようにしましょう。

                そして恋愛に必勝しましょうね。









                恋愛教室〜好きな相手を落とす方法

                0
                   
                  最初からなんでもうまくいくなんて思わないでね。

                  だって・・・大人のあなたなら分かると思いますが、

                  「恋愛はお互いの気持ちがそろってやっとスタート」なのだから・・・・


                  恋愛教室の生徒さんたちのデートを聞いていたら、


                  それって・・・嫌われると思う・・・とか

                  え?そんなことを言ったの?とか


                  なぜ、そのタイミングでそれを・・・とか思うときがあります。

                  もちろん、その生徒さんには
                  「それを言うとね、男性はね・・・(女性の心も)・・」というと

                  「そんなつもりはありません:」といいますが、コミュニケーションとは

                  「何を言ったか」ではなく「どう伝わったか」なのです。


                  言いたいことを好きなように言える相手、なんてそんなにこの世にはいません。

                  みんなお互いに人間なのです。

                  どんなにすきでも思いやりが必要です。

                  恋愛ならなおさら、って書いたら

                  「自信なくなりました」とか

                  「私には無理です」という人もいるでしょうね。


                  でも、ふるらんはめげないですよ。

                  幸せの出会いや、幸せのためなら・・・本人さんが考え方を絶対変えないつもりが確定するまで、幸せのためにキツイことをいうと思います。


                  今のままなら今のまんま。

                  孤独でさびしくて・・・彼氏がほしい・・・と思っていたこの十数年・・・
                  これがずっとつづくだけ。


                  「それなら彼氏なんて要りません」といわれた方もおられましたが、ふるらんはこういいます。

                  「最初のあなたの気持ちをふるらんは忘れてはいないですよ。あなたが本当に幸せになりたい、とふるらんと笙先生に対して言った言葉を忘れてはいません。

                  それがうそなら・・・もう教室のご予約はけっこうです」と。


                  正直・・・冷たい言い方かもしれません。

                  でも・・・変わらないと、今のままなのです。

                  恋愛は経験したほうが人としても大きくなれます。

                  失敗?

                  いえいえ失敗なんてちっちゃな過去。

                  あのエジソンさんは
                  「失敗する方法がわかっただけ」と言ったそうです。



                  それに相手に好かれなかったのは自己否定にする必要もなく、しいて言うなら

                  「この人よりもっといい人がいるんだよ〜」と神様が教えてくれているのです。

                  ふるらんも笙先生も
                  「目標が結婚なら、結婚させたい」ですし、

                  「目標が恋愛なら、恋愛させたい」し、

                  「目標が離婚なら離婚させてあげたい」し、

                  「目標がお金で苦労したくないなら、お金を作る方法をその人に合わせて教えてあげたい」だけなのです。


                  一つの小さな心の痛みで全人生を決定させないようにね。

                  人は・・・そんなことで負けるような風には作っていないと思うの。

                  ふるらんがもし、神様だったらこういうかな、
                  「君の決定は正しいのかな?」って。


                  結婚も恋愛も・・別にいらない、なら悩む必要もなし。

                  その行動と思考を止めればいいだけだから。

                  そして自分の好きなことだけしていれば、傷つくことはない。

                  ただ、笙先生に言わせると
                  「恋愛で傷つくのは心の成長の一部であって、全てを恋愛で図ることではないからね」と。



                  人生をともに生きる人がほしいなら、がんばりましょう。

                  一人で生きることを決意した人は「孤独に勝つ」心の訓練をしていきましょう。


                  (ちなみに・・・病院でたくさん人を見てきましたが、結婚している、していない、子供がいる、いないに関らず、孤独は本人が決めることだと学びました)


                  ただ・・・いろんな独身の女性があの世に行くのを見てきましたがみなさん、枕元で言うのは

                  「一度でいいから・・・結婚しておけばよかった」といいます。


                  そして・・・ふるらんと抱き合いながら一緒に泣いていました。


                  どうせなら・・・幸せで泣きたくない??

                  そう思いながら、きついこともみなさいんに言っているふるらんです。


                  一度でいいから・・結婚しましょう!
                  (変な言い方だけど)

                  ウエディングドレス着なきゃ!


                  恋愛で、特に大切なのはコミュニケーションだけど、携帯メールで失敗している人の多いことにびっくりします。

                  書いてはいけないことがありますよ。

                  コツがあるのです。

                  相手の方に送るのに、タイミングもあります。

                  「めんどくさい」

                  「好きにやりたい」

                  「難しいですね」というのは、恋愛の経験の少ない人がよくいう言葉です。


                  ある意味
                  「教えて〜」という人はよく恋愛を知っている人です。

                  だって失敗しない方法を教えているのをあえて聞かないのは、プロに聞かないで勝手に薬を飲んで体調が悪くなる人のようなもの。


                  ふるらんなら細かいことまで聞きます。

                  なぜなら「早く直したいから」。




                  週末から月曜日までは特にむちゃくちゃ忙しいふるらんです。

                  なぜなら生徒さんたちのデートの合間のチェックがはいりますので。

                  そしてデートの進行状況の連絡が入ります。

                  豆な子はご飯の前とかあと、

                  「今トイレの中からです」と連絡が入ります。

                  そして、
                  「夕飯についていっていいですか?」とか

                  「お泊りに誘われました」とか。

                  え?そんなのも聞く人いるの?と思うかもしれませんが、男性を落とすにはテクニックです。

                  そしてタイミング。


                  笙先生に男心を聞き・・そして完全に落とします。

                  結婚を完全に決めて、着地。

                  その後の結婚生活の安泰のためにも、トレーニングは必要です(笑)


                  言うことを聞かないだんなさんをいまさら変えるのは大変です。
                  結婚前が全てですよ。




                  昨日の最終メールである女性が
                  「男性からあと少し一緒にいてほしい言われていますが、どうしたらいいですか?」という質問が来ました。

                  笙先生が
                  「彼とどうしたい?結婚は視野に入れている?」と聞き、メールをして、彼女から

                  「はい、結婚してもいいと思っています」とメールが帰ってきたので、笙先生がふるらんに

                  「〜〜で〜〜〜なの、だから・・・、と言って」と言うのでふるらんがまたそれを彼女にメールしました。

                  すると、1時間後に彼女からメールが

                  「彼が今でも結婚したいし、一緒にいたい、来年には一緒に暮らしたいと言って来ました。すごいですね!ありがとうございます」と連絡が来ました。
                  (ちなみにこのお二人は出会ってまだ一ヶ月です)


                  笙先生とふるらん、ニンマリ。

                  これで、彼をぐるぐる巻きにしました。

                  あとは・・・がっちり彼女に紐の先を持ってもらい、彼女と彼の幸せの方向へもって行きます。



                  メールの書き方〜恋愛を成功させるためのスピリチュアルな方法

                  0


                    恋愛教室の生徒さんをみていて・・・

                    みなさんのメールの書き方がいかに失敗しているかをいつも思います。

                    メール一つで恋愛を成功させることも、結婚に導く方法もあるのに・・・




                    「なぜこの文章を?」と聞くと

                    「普通に書いただけですけど・・・」と生徒さんはいいました。

                    「え〜これって・・・笙先生、これをみてどう思います?」と笙先生に聞くと

                    「俺って嫌われてるかな?と思うよ」というと、生徒さんが

                    「そんなつもりはないですよ」と言いますが・・・

                    どう書いたかが問題ではなく、

                    どう伝わったかなのです。


                    そして・・・

                    書きたいように書くのではなく、

                    相手の行動を変えられる文章を書くのがコツです。

                    男性の性格にもよりますよ。


                    でもうまく書けるようになったら・・・最強のツールです。


                    よくみなさんが
                    「え〜難しいですね・・」と言いますが、コツしだいで人生が変わると思ったら頑張ってみたくないですか?


                    好きなことを書いて・・いかにいままで失敗しているか。

                    そして・・・そっけないメールを書いていかに男性に嫌われているか。


                    「このメールのやりとりだから・・・男性からメールが来なくなるのよ」と話すと

                    「それなら先生が書いてもらっていいですか?」と言われたことがあります。

                    もちろん速攻で答えましたよ。

                    「今メールをして何分で帰ってきてほしい?」と生徒さんに聞くと

                    「10分なら厳しいかもしれないから・・20分以内に・・とかできますか?」と言われたので、時計を見て・・・

                    「今お昼すぎて・・・ちょうどいい時間帯だし・・・」といい、

                    「いいわ〜20分以内で帰ってくるメールを書いてあげるから、もしそうなったら、あなたはふるらんのいうことをこれからずっと守ってね」とにっこり笑って彼女の携帯を借り、メールを打ちました。


                    当然、彼の会社の時間帯、行動などすべて彼女からの話で理解ズミだからできる芸当ですけど、ふるらんは自信がありますよ。


                    そして打ち終わり、彼女に中身を見せないで送信ボタンを押しました。


                    「さぁ〜メールが来るからお楽しみ」と言いながらお茶をしていると・・・8分後に彼女の携帯に着信のメールが。

                    「先生!彼からです」といい、そのメールを読んでくれました。
                    そして
                    「いつもメールをしても・・全然返事をくれないのに・・・」というのでふるらんは

                    「簡単よ、彼がメールを打ちたくなる内容を書けばいいだけだし。もちろん時間とタイミングを読めばいいし。あとは少しのコツと調味料の使い方」と回答しました。

                    ふるらんがなんて彼にメールを送ったかは・・・内緒です。


                    笙先生はふるらんのメールを読んで
                    「これなら僕でも10分以内にメールを返すな」と言いました。



                    女性と男性は構造が違います。

                    タイミングも違います。


                    それをすべて考慮して・・・メールを書きます。


                    面倒くさい?

                    いえいえ、面倒なのを省略したら・・思いは恋愛にならないし、恋愛は結婚に発展しないし。

                    結婚をうまくいかせる方法も、子供とのコミュニケーションも・・・すべてメールの書き方次第。


                    昔、父親との確執の問題をメールのやりとりで解決させる方法もとってきました。


                    スピリチュアルな方法だけではやっぱり無理があります。

                    拝んで祈って・・・神様にすべてお願い!は神様だってしんどいでしょう?



                    仕事も、家庭もコミュニケーションのやり方次第で人間関係が楽になりますし。



                    ・・ということで、ふるらんのブログはスピリチャルなのでスピリチュアルなメールの書き方のコツを。




                    簡単に言うとスピリチュアル能力をほんの少し付けていただきます。

                    能力というより、スピリチュアルなやり方・・と言ったほうがいいですかもね。




                    それからメールの書き方を覚えていただきます。

                    彼の心があなたに釘づけ!となったら、彼はあなたに結婚を申し込むでしょう。



                    だって・・・ほかの男性にあなたを奪われたくないから。


                    自分のものに一生いてほしい・・・と思うような素敵なメールを書いてください。


                    あ、あまりにも甘〜〜〜〜〜いのは飽きられますよ。


                    あくまでも・・・加減を覚えて。


                    そして「コツ」を覚えて。



                    愛を育てるということを覚えたら・・・あとはコツで彼のハートを一撃しちゃいましょう




                    ちなみに・・・・出会って、一番大切なときにはふるらんが生徒さんのメールをチェックして、添削してから男性に送るようにしています。


                    そして・・・・彼の気持ちを一気に彼女へ落として、結婚まで考えさせるメールを書いています。


                    みんなの幸せのために、ふるらん、がんばります

















                    恋愛教室の生徒さんたちへ

                    0
                       

                      恋愛教室の生徒さん達へ。


                      日々の婚活、お疲れ様です


                      こつこつ実行していますか?



                      そして楽しんでいますか?



                      今日はみなさんにとてもはっぴ〜な報告をさせいていただきますね。



                      先日、おひとりの方が素敵な男性と出会い、スピード結婚されました


                      ぜひ、そのパワーのおすそ分けをしてもらってくださいね。


                      詳しくは・・「らんらんしましょ」に書いてあります。



                      よろしくお願いいたします。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • タイタニック で 前世がよみがえる
                        Mr.W
                      • 大阪のマッサージ霊視〜咳が出る意味
                        アヤコ
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜運命の出会いを引きよせる方法。
                        ふるらん
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜先祖の声を聞いてから起きた現象。
                        ふるらん
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜新しいお財布の買い方
                        ふるらん
                      • 大阪のマッサージ霊視〜咳が出る意味
                        ふるらん
                      • 大阪のマッサージ霊視〜咳が出る意味
                        アヤコ
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜新しいお財布の買い方
                        michi
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜先祖の声を聞いてから起きた現象。
                        ルルコ
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜運命の出会いを引きよせる方法。
                        mihana

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode