クリスタルヒーリング

0
     

    お客様で水晶を身に着けておられる方が多いですね

    ほとんどがブレスレット。


    それを見てほしいと言われて、霊視することがあります。



    それを見て・・・こんなお店でこんな店員さんだった??と答えたりするときもありますが、一目で

    「これ・・まずいから辞めた方がいいですよ」とお話する時もあります。




    水晶はヒーリングに使ったりすることもできます。

    (水晶でもものによってはできないものがありますが・・・)

    悪いところを癒すということもできますが、全体の調整をすることもできます



     

    「この水晶でヒーリングできますか?」と聞かれたので、霊視をすると・・


    「これでは無理ですね・・」と話しました。そして霊視していると・・もうひとつ小さな水晶が見えてきました。




    「このぐらいの・・とても小さな・・水晶を持っていませんか?」とふるらんが聞くと

    「これですか?」と言って3センチぐらいの袋から1センチぐらいの水晶玉を出してくれました

    「これ、いいですね〜」というと

    「お友達からもらったものですが・・小さすぎませんか?」というので

    「いえいえ、ものの大きさではなくて、愛の大きさですよ」と話しました。


    ベッドに横になってもらって・・そしてヒーリングをしました。


    すると・・・途中から彼女が泣きだして・・

    そして・・終わると彼女は、

    「友達の暖かさみたいな・・・そんな感じがしました」と言いました。

    「お友達があなたを思う心を感じましたか?」と聞くと

    「ええ、こんなに、涙が出るほど。私は一人ではないのですね」と言いました


    クリスタルヒーリングは石の内容を見て、ヒーラーが方向を決めていきます。

    そしてお客様によってヒーリングする場所も時間も変わります。

    癒しの光と癒しの時間をお客様に感じてもらい、その方の心が楽になってもらえたらふるらんは幸せです


    スピリチュアル体験〜オーラのある人の特徴

    0
       
      ふるらんの不思議な体験のお話しをしましょう。



      もうしばらく前の話になりますが、夢の中でとてのすごいオーラをもつ男性が出てきました。

      いったい誰なんだろう・・・と思いましたよ。

      だって・・その夢の中で会話がなくても、心の中には彼からもらったメッセージがくっきりあったのですから・・・


      彼のオーラから‘聞こえる’言葉は音波みたいなもので、はっきりとした音(おん)ではなく、カラダに入ってくる光みたいなものだったのでした。


      解読すると・・・

      「闇を超えたら・・光だけの世界ではない・・・

      光だけを求めていると闇を光と勘違いする。

      人は勝手に光を作り、

      神の名をつかい、闇を広げようとしている・・・」と。



      それに静かにうなづいていると・・


      「光に惑わされてはいけない。

      心を光に奪われてはいけない・・・

      心は常に正しきものに合わせ、方向を決め、歩き続けると導かれるであろう・・・」と。




      (今・・こうやってパソコンに打ち込んでいたら・・・パソコンから小さな光が一つ、ゆっくり上がっていくのが見えました)



      夢から覚めても体中とての心地の良いものでした。

      家庭環境は大変なふるらんでしたが、でも天の神様と仏様には愛される人間になりたいな・・としみじみ天井をみていたふるらんでした。




      その日から数日すぎ、ある町を歩いていた時に、向こうからサラリーマン風の男性が歩いてきました。

      ふるらんはその人を見て、むっちゃオーラがすごい!と驚きました。

      普通の収入ぐらいの人ですよ。
      でも・・・お金の額をはるかに超えて・・・彼が実在の自分を超えるぐらいの金運もあるとふるらんが思いました。


      そしてどんどん近づいてくると・・・彼と目線が合いました。

      40代ぐらいの普通の男性です。

      普通のスーツに普通のワイシャツ。
      普通のバッグを持っているのです。


      そしてお互いに目があうと・・・

      「あの・・・・・」と一緒に声をかけました。

      二人で道端の真ん中で笑い、そして道の横にずれて立ち話をすることにしました。



      彼は・・ふるらんに
      「お互いに見える人みたいですね」とふるらんに微笑みかけてくれました。

      ふるらんも
      「あなたはすごい人ですね。久しぶりにすばらしいオーラを見ませてもらいました」というと、

      「あなたは・・今は・・仏の世界の人ですね・・でもお家は神の方で・・・」と話してくれました。

      ふるらんは
      「あなたの後ろの人がまったく見えません。たぶん私よりはるかに格の高い方がおられていると思いますね。・・とっても感動です。こんな体験をさせてもらえて」というと、

      「私こそ、あなたのような人に久しぶりに会いました。お仕事はなにを?」と聞かれたので、

      「今は人の悩みを聞き、道を手助けするお仕事です。あなたは?」と聞くと

      「私も人が楽に生きていけるようにお手伝いをするお仕事をしています」と言われました。


      慎重が170センチより少し小さい感じの男性。
      そしておだやかな笑顔。


      きっと・・・この人は怒らないだろうな・・・としみじみ見ていました。


      はい、徳の高い人は“無駄に怒る”ことはありません。

      だって・・腹が立たないのです。

      腹を立てるのは・・・自分の意見と違うからです。

      「あるがまま、なすがまま・・・」と受け入れ、つねに道に従う人は“変化を受け入れ”ます。


      水が物事に合わせて形を変えるように・・・



      少し時間を空けて彼がふるらんに
      「こちらに来られたのは・・導きだったんですね」と言われたので、簡単にここに来た経緯を話しました。
      すると、穏やかな笑顔で
      「また、どこかで会えたらいいですね」とにっこりしてくれました。

      ふるらんも
      「はい、またいつか、そのオーラを見せてください」と頭をさげ、その場を離れました。


      そしてその男性の背中を見ていました。


      フツーのサラリーマンの方です。
      きっとフツーに暮らしながら徳積みをされていると思います。

      そして・・やっぱり余計な霊さんがまったく存在無し。


      むっちゃ天に愛されているのね・・・と思いました。





      目の奥の・・光。
      とても尊くて・・・そしてありがたい。


      仏の道とか・・そういう世界ではなくて、一般の世界を選んだ人だと思うけれど・・・
      きっと彼は魂が天とつながり、カラダと心は地につながっているのだと思う。




      微笑みの余裕・・・
      素敵だな〜と思いました。

      そして物腰の柔らかさ・・・

      つまり、自分も人も・・縦には考えていないのでしょうね・・・

      自分の実物と自分が一緒で・・嘘がない。

      大きく見せる必要も、偉く見せる必要も、徳が高い人には必要がない。


      過去にいろんな傷があったとしても、それは水に流し、自分の魂の透明度に磨きをかける・・・




      どんなに安い服を着ても・・・服が透明に見えますよ。
      本人のオーラが服を透明にさせますから・・・・







      ふるらんがある日言われた言葉です。

      ー分を信じよ。

      ⊆分の足で歩け

      F明を求めよ・・・・・



      大阪 チャネリングセッション 〜オーラのパワーで幸せをつかむ。

      0
         
        初めて彼女を見た時は普通の普通〜ぐらいのオーラでした。

        話していて、あることに触れたときに

        「あら?」と思いました。

        あるお話しを彼女がしているときに、ふっと彼女のオーラが変わるのです。

        「もしかして・・・」と思い、

        「スピリチュアルに興味がある?」と聞き、

        「はい、あります。いつかはやりたいと思っていました。今回はチャネリングでのセッションですが、チャネリングも覚えたいのです。それかタロットか」というので

        「あなたはちょっと特殊ね〜」というと不思議そうな顔をするので

        「あなたのオーラでヒーリングか・・チャネリング・・・でも将来はあなたらしい、癒しができると思うわ」というとうれしそうな顔をして

        「本当ですか?」と言いました。




        彼女の隠れているオーラには癒しの力があると思いました。


        その人によりますよ。

        癒しの人もいれば、治療の人もいます。

        オーラの中にチャネリングができる人もいますし、そのパーセントが少しずつ違う人もいます。

        彼女にはちょっと変わった方法のチャネリングを覚えてもらうことにしました。

        将来ヒーラーさんになってもらうのことを考えての方法です。


        オーラとは毎日、変わります。
        もちろん体調が悪いと・・微妙に変わります。

        凄い人になると・・その人が席を立ち、いなくなっても、座っていた椅子が輝いているときがあります。


        「あの人すごいね〜〜」としみじみ見ているときもあります。



        ヒーリングとチャネリング・・・
        エネルギーの使い方とあとは彼女がどんな方向と広がりを示すか・・・

        彼女にはあるものを買ってもらうことにしました。
        もちろん
        「自分で出会ってね」と言って。

        ふるらんがみつけて与える方法もありますが、そうではなく、彼女のプロセスが見たかったのでした。



        数か月すぎ、彼女は
        「これですか?」とあるものを持ってきました。

        ふるらんは
        「方向性はあってますね。もう少し・・〜〜を感じてみるといいと思いますよ」といい、また次回に宿題を出しました。

        そして・・一か月後に持ってきたものは・・・「○○」(内緒)

        「なぜこれを?」と聞くと

        「見た瞬間、これだ!と思うよりも、これがいいな〜って思ったのです。それにその前で不思議なことが何回もありました。
        きっと見えないチカラってこれなんだわ・・・・と。
        そしてふるらんさんの話しを思い出しました。
        授業中、あなたは〜〜だから、〜〜は向かないの、〜〜と〜〜はあなたを迎えてくれるの、と。

        それでこれにしました」と言いました。


        彼女は何かをつかんだわ、とふるらんは嬉しく思いました。


        ふるらんは
        「それじゃ・・次は・・」とある宿題をだしました。

        その一か月後に彼女は宿題をみごとクリアーし、

        「もう教えることはないわ」とにっこり笑うと彼女は

        「え〜まだまだお願いします」と笑っていました。



        ふるらんはすぐに
        「はい!」と言って育てることはありません。

        物事には時間が必要なのです。


        写真の蓮の花が種の時から花を咲かせるまで必要な時間があるように、次の年に咲くには一年かかります。

        すべてには時間がかかるのです。


        まれに
        「どのぐらいでできるようになれますか?」と聞かれる時があります。

        その時、ふるらんは
        「その人次第。だからお金も時間も・・・よく自分と相談してね」と答えます。

        そしてその人が決まって質問してくるのは
        「もしできなかったらどうするんですか?できないなら最初からしないほうがいいので」と言います。



        咲くか咲かないか・・・
        でも農家の人も花を育てている人も、何があっても信念を通すのです。

        そしてなっとくが行くまで人生をかけるのです。

        だから野菜もお花もきれいなのだと思っています。





        彼女にはゆったりと時間をかけ、大きな樹というよりも、大きな虹の色を相手に渡せるようにしてあげたいと思っています。



        彼女に
        「何年かかるかわからないけれど・・行くところまで行ってみる勇気ある?」と聞くと、答えはもちろん

        「はい」でした。

        (いずれ・・海外に行く運命の人です。頑張って育てます)



        ふるらんは蓮の花が大好きです。

        昔、霊感のある尼さんに言われた
        「あなたはいずれ蓮に乗れる人よ」を信じて、なんとかして蓮に乗って見せます。

        (まだ・・髪一本でも沈没すると思うわ、苦笑)






        徳の高い人のオーラ

        0
           
          みなさんスピリチュアルなオーラの色を知りたがるのですが、最高のオーラは・・・説明のしようのないぐらい透明度の高い光といおうか・・なんと言おうか・・・

          お坊さんで数人・・まだ5人には到達していません。


          今回は・・・一般の方の話で、金紫のすばらしいオーラを四方に2メーターぐらい放つ男性を一人だけみたことがあります。

          ご依頼はおじさんから頂いたもの(内緒)を鑑定してほしい・・ということでした。

          その方法を伝え・・・そのあとは普通にお話しをしました。




          彼は会社を経営していまして、奥様はとてもしっかりしていて・・・
          (意外に思うでしょう?でも仕事のできる男性になよっとした女性はいないし、みんなしっかりされている奥さんがほとんどです。甘えられる・・って思ってお金持ちと結婚はできないですよ)


          「奥さんが本気で仕事をしたら、きっとご主人ぐらいの会社をするんのねぇ・・・」と思ったぐらいの素敵なものを持っていました。

          美人?そうではないです。(失礼ですが)

          でも、とっても笑顔が素晴らしい!
          顔から光が出てくる感じです。


          その彼は奥さんと出会ったときも
          「そんなに美人でもなんでもなかったけど(笑)でも愛嬌はあるし、とってもよく笑う人で、笑顔が最高だったし。今でもほかの男性には取られたくないね」と言っていました。


          お子さんはおりません。

          「僕に問題があってね」と奥さんをかばっていました。

          ふるらんからすると・・・何かほかの理由があったようです。
          でも・・知らないふりをしました。(大人だから・・・)


          薄〜〜〜〜〜い紫の中に広がる金色状の光・・

          神々しいわぁ〜彼のは、と。


          神棚を見てもとっても綺麗・・・
          仕事の前と後で必ずご挨拶。

          隅々みても・・綺麗にしています。


          そして彼が座った場所をみても・・・金の粉が落ちている感じです。




          人には優しく、自分には厳しく。
          そして徳積みは毎日。


          人を上下に見ることなく、不必要なプライドもなく・・・

          普通に見たら、普通の人です。


          「俺は社長」とか「俺に対してこういった」とはそんな発言はもちろん聞いたことがありません。


          「僕のできることをしていき、毎日努力をすることを喜びをしている」が信念です。



          いいですね〜
          こういう人は女性からみるととっても尊敬できます。


          何があっても一生ついていきたいと思うし。



          一人の人間を深く愛せるってとっても素晴らしい人生の歩き方だし。



          「神様から与えられた人を粗末にしたら罰が当たるのは当然だしね」と笑います。





          金紫のオーラが増幅するところを見ちゃいました。

          奥さんに向かって笑顔で会話するときです。


          あ〜愛ってさすがにパワーの源ね〜〜〜








          シンギングホウル〜その神秘な音に魅せられる・・

          0
             
            ヒーリングをするときにこのシンギングボウルを使うととても気持ちがいいです。


            もちろんチャネリングの時も。

            この音を聞いていると・・・世界が変わります。

            はい、まさに、最高の音です。

            そして魂が安らぎます。

            ぜひ、音を聞いてみてくださいね。


            評価:
            ---
            NobleStone
            ¥ 19,200
            ()
            コメント:知り合いからいただきました。とても美しい音色がして・・・まさに神秘です。お部屋の中も美しくなります。


            レイキ(霊気)ヒーリングの効果

            0

              レイキヒーリングは受け手とヒーラーとの相性が大切です。

              相性が悪かったら、相手のせいでもなんでもありません。

              それは、受け手の体調もありますし、癒されたいと思いながらも、どこかで人を拒否されているときもあります。

              ヒーラーもそうです。

              万能ではないので、やはり好き嫌いや、体調もありますし、もちろん能力もあります。

              日々自分を律し、そして正しい生活をしている人はさすがにすごいですが、

              「俺は(私は)すごい」というような妙な自信が能力をおかしくしたり、そして人に対する対応を間違えたりしているなど、間違ったことをしていると・・やはりダメになるようです。

               

              スピリチュアルの仕事はやはり普段と仕事が連動します。

              ですから、ふるらんのような体質だと、ヒーラーさんの生活がそっくりそのままわかる時もあるのです。

               

              ある日、ふるらんは友人と一緒にヒーリングを受けに行きました。

              新しいヒーラーさんに会うと思うと、それはとってもドキドキな世界でした。

              (新しことが大好きなので)

               

              マンションに一室でご夫婦でされていて、その時はご主人は外出中で、奥さんが一人でした。

              受付の用紙にいろいろ書いて・・・

              そして説明を聞きました。

              その時、フッと後ろを横切る影がありました。

              ・・・?と思いましたが、それはそれで・・(汗)気にしない気にしない・・と言い聞かせ・・

              まず友達がヒーリングを受けている間、ふるらんはリビングで待っていました。

              ふるらんを見た人はわかりますが、まず新しい場所ではきょろきょろし始めます。

              ふるらんは何気に周りが気になるのと、好奇心いっぱいな人なので目と心がきょろきょろするのです。

              落ち着かない人だと思いますよ(笑)

              それで・・わかったようなわからないような・・時間が過ぎて・・・

              友達のヒーリングが終わり、ふるらんの番になりました。

              部屋に入り、ベッドに横になり・・・

              そして目をつぶると、タオルを顔に置いてくれて、音楽をかけてくれました。

              あ〜これは確か・・・・って・・う〜ん・・・

              「先生・・すみませんが・・・」といい、先生が

              「はい?」と聞かれたので、

              「すみませんが、この音楽ではなくて、他のをお願いします」と言うと

              「いつもこの音楽をかけているの」と言うので

              「それなら・・いいです。先生の好きなもので・・」とあきらめました。

              そしてヒーリングが始まると・・・CDの音楽が飛びました。

              それも数回続けて。

              こころの中で

              「やっぱり・・嫌なものはいやねぇ・・」と笑っていると先生が

              「調子が悪いから音楽を変えるわ」といい、変えてくれました。

              「あ、それではなく、その隣の・・」とふるらんが何気にいうと

              「え?」と言われたので

              「波の音ではないのがいい・・って(ふるらんの守護霊さんが)」

              「・・・・」

              うん、そうですね、たいがいの先生たちは無言になりますもの。

              だってこうやって言い直すお客さんいないと思うから(笑)。

              でもね、お客さんも言わないと。

              自分の好きな音があれば持ってきてください、ってふるらんはいいます。

              リラックスは人が決めるものではなくて、自分が決めるもの。

              相手の助言がリラックスになる時は別ですが、音楽は特に制限なし。

               

              ふるらんがある日行ったヒーリングの時、ヒーリング音楽をかけようかと思ったら、「ロック!」と聞こえたので

              「ロックが好きなの?」とお客様に聞いたら

              「はい。大好きです。でもみんなには隠しています。女の子なのにハードロックが好きなんておかしいと思われるから」というので、ふるらんはお客様の目に置いたタオルをはずして

              「実はふるらんは〜〜〜〜が大好きなの(ナイショ)」というと

              「え〜そうなんですか?」と言われました。

              「学生の時、むっちゃはまってね」と話すと、お互いに気持ちも和んで・・・

              そして初めてハードロックを流しながらヒーリングしました。

              そしてそのお客様に言われたことが

              「癒しって静かにすることだと思っていましたが、なんか元気になって、エネルギーがわいてきた感じです」とニコニコされたので、ふるらんも

              「久しぶりに聞いたら、私も楽しかったわ〜」と話し、とても楽しいヒーリングになったのを覚えています。

               

              音楽を変えてもらって、そしてヒーリング。

              あちこちがポカポカしてくるのを感じ・・・

              いい感じ・・とウトウトしていたら、急に口の中にタバコのヤニの味がしてきました。

              おかしいなぁ・・ヒーラーさんてタバコは厳禁なのに・・と思っていると、今度はふるらんの右に人の気配がしました。

              覗かれてるねぇ・・・と思っていると、ヒーリングが終わりました。

              そしてリビングに行くと・・友人がお茶を飲んで待っていました。

              感想を聞かれたので

              「気持ちよかったでした、足と・・・ここと・・」とポカポカした部分を話し、そして・・やはり気になるあのことを・・

               

              「先生は辛いものが好きなんですか?」と聞くと

              「いえ、好きではないけれど・・でも主人はそうよ」というので

              「とっても七味唐辛子を振り掛ける人ですよね?ふるらんの口の中がちょっと激辛みたいな感じですので」というと

              「やっぱりお話に聞いたとおりに見える人なのね。でも私を通して主人のことがみえるのは不思議ね・・・」と言われたのでこう答えました。

              「やっぱりご夫婦ですもの。感覚は伝わります」と答え、そしてまた先生にご主人様の情報を少し伝えると

              「そのとおり・・やっぱり見えるのねぇ・・」と言われました。

              (かなり個人的問題なのでここでは書きませんが・・)

              と、

              「先生はヒーリングの能力を使って他の事もできるみたいですから、また来年楽しみにしています」とニッコリ笑って言うと

              「私に他の事もできるの?」と聞かれたので

              「はい、ただし条件付きみたいです」と言いながら、説明をしていると

              「そうね・・決断しなきゃならないかも・・」と言いました。

              「と、その先にお子さんができますよ」と言うと

              「そうなの!?」と笑顔になりました。

               

              帰り道、友人が

              「ヒーリングしてもらって、相手の事が見えるのね〜」と言うので

              「今回はたまたまだと思うけど、全部が全部じゃないみたい。必要なことを相手に伝えるだけ。ただし受け取ってくれる人だけにね」と言うと

              「受け取ろうと思わないと受け取れないの?」というので

              「結婚式のブーケトスみたいなものよ。受け取る側が幸せになりたいと思っていても最初からあきらめたり、参加しない人もいるでしょう?それに行動も起こさないで文句も言う人もいるし。女は男性より、思いが深いけど、決断次第で人生が早く展開するしね。

              先生はどこかで自分を知っていたし、そしてどうにかしたいと思っていたし。その時ふるらんが来て、こころのどこかで、この人に癒されたい、と思ったら、つながるし。

              マッサージの人から聞いたのは、マッサージをして疲れるお客さんと、元気になるお客さんがいる。

              ヒーリングも同じで、されて、してもらうのが一番の理想。一方的なものはベストではないと思ってるわ」と言いました。

              「それなら、きっと変わろうと思った先生はきっと変わるのね?」と聞かれたので

              「うん、きっとちょびっとだけど、変わっていくと思う」と答えました。

               

              どうしても・・・今のご主人とは別れなければならない。

              嫉妬がきつく、そしてすべては彼の管理下で彼女は仕事をしているから。

              覗いているのは彼で、背中を向けていても、目が後ろにある。

               

              外に身体があっても、意識は家だから。

               

              数日後、友達からメールがきて

              「先生ね、あの日から右手首が楽になったって言ってました。そして、不思議と寝れるようになりました」と書いてありました。

              ふるらんからは

              「先生に伝えてください。遅れていた生○がちゃんと来て、腹痛もありません。先生のおかげです」とお願いしました。

              (まさにエネルギーの助けあいでしたね)

               

              「人はするほうもされる方も助け合って生きること」だと思っています。

              だからこそ最高のヒーリングができあがるのだと。

               

               

               

               

               

               


              レイキヒーリング~恋愛で傷ついたハートを癒す。

              0

                レイキヒーリングの不思議なところは

                「普通のヒーリングより、強く流れを感じるところ」。

                優しいヒーリングという感覚よりも、強く、不思議な強さが流れる感覚があります。

                たとえるなら・・・優しく揉むのではなくて、少し痛気持ちいい感覚かもしれません。

                ただ・・人によって違う感じがあると思いますので・・・とりあえず、受けてみてください。

                 

                30代後半の女性が来られ

                「レイキヒーリングを受けさせてほしいのです」と言われ、早速ベッドへ横になっていただきました。

                 

                時々咳をしているのがちょっとひっかかりましたが、いつものようにヒーリングをして・・・

                胸のところに手を当てようという感覚が流れてきました。

                でも・・胸は触るのは女性同士でも遠慮する場所なので

                「胸に触っていいですか?」と聞くと

                「是非」という答えが返ってきました。

                是非・・・それは彼女自身がちゃんと気がついていた場所でした。

                彼女の胸に手を当てると・・・まるで胸の中に沈んでいくような手の感覚に襲われました。

                右手だけ穴に入って行くような・・・

                そしてふるらんの頭の中に裸で泣きながら丸まっている彼女が見えてきました。

                「悔しい・・悔しい・・・・悔しい・・・」と言う声が聞こえてきて・・・

                そして背中から血が流れているのが見えました。

                誰かに刺された??

                いや・・よく見ると・・男性ともめて・・自分の心臓をえぐっている彼女の姿でした。

                「なぜ・・えぐるの」と聞くと

                「あんな彼を好きだった自分が許せない・・彼も、彼の女性もみんな許せない・・・でもその許せない自分が許せない・・・」

                辛い・・苦しい・・・・自分が悪い。

                でも相手も裏切ったから・・ひどい。

                許せない、悔しい・・・

                それを許さない自分も苦しい・・・

                この悩みから逃げたい・・死んでしまいたい・・・

                この心臓が無くなれば・・・

                 

                石のような心臓の画像が出てきました。

                そしてそれを握りしめて・・・泣いている彼女も。

                 

                ふるらんは・・彼女に

                「あなたは自分を罰しすぎであり、罪を受け止めるのもいいけれど、過剰に思うのは自分自身に失礼だし。

                彼の裏切りは・・確かに辛かっただろうけど、あなたは事実以上に自分を傷つけ過ぎよ」と言うと泣き始めました。

                裸で丸まっている彼女が泣いているのを見て・・・

                ふるらんはベッドに寝ている彼女のおでこに手を当ててみました。

                すると・・・大きな深呼吸をしてくれました。

                耳元で

                「憎むより愛することを思い出して・・・怒りは人と自分を殺し、何も産むことはなく、愛はたくさんのものを生み出し、安らぎを与えてくれるの。裏切られたところから離れなさい。今からその作業を手伝ってあげます。

                あなたはそこを離れるか、そこにとどまるか・・・どちらを選びますか?」と聞くと

                「離れます」と答えてくれたので

                「それでは・・今から私についてきてくださいね」と言って、レイキヒーリングのエネルギーを全開まで持っていき、彼女に流し込みました。

                嗚咽のような声を出してから、す〜〜っと涙がひきました。

                そして彼女は手を上げ始めたので

                「どうしたの?」と聞くと

                「なんか手を上げたくなって」と言いました。

                手のひらを大きく開いて上にのばしています。

                何気に

                「あなたは・・本当に素直な人なのね・・」と言うと

                「本当の自分にもどります」と彼女は言いました。

                セッションは続きます・・・・・・

                 

                目を開けて

                「不思議な世界でした・・・単なる手を当ててもらうことだと思っていたのですが」というので

                「感じることは人によって違うの。あなたはあの苦しんだ場所から離れ、もとに戻ろうと決心したから・・だから与えられるのだと思うわ」と言いました。

                 

                あの後、彼女からの連絡です。

                「肩がとても楽になりました。そしていつも咳こむことが多かったのが治りました。本当にありがとうございました」と。

                 

                東洋医学のお話です。

                悲しみの強い人は肺を痛めています。

                そして咳が多いのです。

                不安を手放すと・・・健康と幸せがやってきます。

                それを信じてくださいね。

                 

                 


                大阪スピリチュアルセッション〜腕の痛み

                0

                  男性のお客様からの相談です。

                  「時々右腕を急に引っ張られ、痛いと思ったり、圧縮される感覚がある。急にしびれが始ったり、仕事ができなくなる時があるのです」と言いました。

                  「病院ではなんと言われましたか?」と聞くと

                  「いろんな病院に行きましたが、ストレスからだと言われ、安定剤をもらったこともありました。でも調べていくうちにもしかして何かの影響を受けているのかもしれないと思うようになったのです」と彼は言いました。

                  いろいろな質問をしながら霊視をしていました。

                  見えるものや聞こえるもの・・・

                  それから情報を分析します。

                  確かに・・彼の右側に気配はする・・・

                  でも・・・霊的なものも確かにあるけど・・・これは・・・・???

                   

                   

                   

                  男性の手で彼の腕をつかんで仕事の邪魔をしている人がいる・・

                  同じ年ぐらいで・・・そして・・・

                  彼に見えることを話しました。

                  「こんな〜〜〜人で〜〜〜な感じの人・・・斜め後ろから感じるけど・・・目が・・・〜〜な感じの」

                  「え・・そのような人はいませんが・・・・あ!」と彼は思いだしました。

                  「一年ぐらい前に・・転勤で○○県に行った・・・あ・・・・・・・あの人が・・・・でも仲がよかったのですが・・・」


                  その男性、同じ会社で一緒に仕事をしていました。

                  同じプロジェクトもしたそうです。

                  半年前、転勤になったそうです。

                  「思いだしました・・そうです、彼が転勤になって他の人から聞いた話ですが、俺のことをあまりよく言っていなかったと。仕事も俺の方が評価が高いとか・・嫉妬している風な発言を・・・ああ・・そうだったんですね・・・」とわかったようでした。

                  「かなり強烈ですね。指が立ってるぐらいに食い込んだ感覚であなたの腕をつかんだり、押し曲げたりするぐらいの強烈さ・・・腕が時々変な方向に曲がるような感じになるでしょう?」

                  「ええそうです。自分のいうことを効かないと気があって・・会議の時に突然お茶を倒したことがありました」

                  「どうしても・・邪魔をしたいんだろうね・・・」といい、そして続けて

                  「君の家系に・・・」と言ってあることを聞きました。

                  すると

                  「そうです」と答えてくれました。

                  「その人がいろいろ関係してくるんだろうね・・・特に女性性の強い思いのある・・例えば強烈な嫉妬とかの縁に悩まされる・・・」

                  「昔付き合った女性もそうでした。毎日毎日連絡で、すぐメールをしないと怒るとか、すぐ他の人がいるんじゃないか?と思いこむ子でして・・・」

                  「あ、その人もあなたの手を握ってるわよ」と答えると

                  「え!」と驚いていました。

                  そう、症状が違いすぎるのが不自然だと最初からふるらんは感じていました。

                  普通は

                  「痛い」なら痛い。

                  「刺される」なら、刺される。

                  引っ張るし、圧縮されるし、腕が曲がるし・・・

                  「家に帰ると・・重くない?」とふるらんが聞くと

                  「はい、その通りです」

                  「彼女、まだ座ってるもんねぇ・・・・」

                  「え〜」

                  「そうだよ・・かなりきつい顔をしてね」

                  「・・・・・」

                  「縁が悪かった。だから・・・切ればいいからね」と言いました。

                   

                  そして彼にしてもらうことを教えました。

                  早いうちに引っ越しと、そして新しい、パワーのある女性との出会いを目標に・・・

                  「きっと出会いがあなたを変えるわね」と言いました。

                   

                  どうしても・・彼の仕事を邪魔したい男性だったのです。

                  嫉妬深いし、自分が上だということを示したいから。

                  それと・・・転勤は彼のせいだと思ったみたいで。

                  単に会社が決めたことと思えなかったのでしょうね。

                   

                  そしてもう一人。

                  絶対他の人には渡したくないと思う強烈な元彼女。

                  自分だけ、自分だけ、自分だけ・・・

                  一人ではいられない人・・・

                  彼の右腕は私のものよ・・・ということで。

                   

                  しばらくして彼から連絡が来ました。

                  だいぶ症状が治まってきて、そして引っ越こせる場所も見つけたようです。

                  引っ越しの仕方を教えて・・無事引っ越し。

                  そして・・

                  「最近はまったく症状がでなくなりました」と連絡が来ました。

                   

                  その半年後、彼は素敵な女性を見つけました。

                  二つ上の、しっかりした女性。

                  でもとても頭の低い柔らかい女性です。

                  写真をみたとき

                  「この人、いいね〜」と思いました。

                   

                  きっと幸せになれると思います。

                   


                  パワーストーンのお話〜ネックレスの跡

                  0

                     

                     

                    このお話はもう数年前になります。
                    私一人でお客様を見ていた時にあったお話しです。

                    初めて彼女を見た時に
                    「首の周り・・何か気になるわ」と思いました。
                    とくに胸のところが・・と思っていると、フッと浮かんできました。

                    あ、ネックレスに問題があるんだわ、と。

                    30代後半、独身。
                    「もう3年前に彼と別れて、出会いがありません。やはり結婚したいし、子供も欲しいです。どうしたらいいでしょうか?」というお話でした。

                    間が少し空いて・・私はだんだん見えてきました。
                    彼女の首の周りから放っている石から出ている残存の光のようなものが・・
                    光と言ってもいいものではなくて・・・重く、悲しいもののような・・・

                    「いつも・・・何かネックレスをされているの?このぐらいの石がついたような」と聞くと
                    「はい、母からもらった○○の付いたものです」と言われたので、今度はそれを霊視していると
                    「失礼ですが・・・お母さんはお父さんとあまり上手くいっていないと思われますが」というと
                    「え?わかるんですか?」と。

                    母親の悲しい思いがすっかり彼女に写ってしまっているのでしょうね。
                    それと、もともとこのネックレスがそれをもっと引き寄せているという感じで。

                    「お母さん、人間関係、不得意でしょ?そしてお父さんは・・・・」と説明してきました。
                    彼女はうつむいてずっとうなずいていました。
                    悲しみと苦しみが一緒に渦巻いて・・・心が泣いています。
                    そして涙があふれていました。

                    どうして我が家の両親は仲が悪いんだろう・・
                    どうして他の家は幸せなのに・・・私の家は・・・

                    「私は幸せになれないのでしょうか?」という彼女。
                    私は
                    「幸せになりたいと思えがなれますよ。だからなれないって思うことを辞めることです。それが第一歩」
                    彼女は
                    「今までそうだったから・・無理かもしれないです」と言うので私は
                    「今までは経過。過去はどうにもならないけど、未来はあなたが決めるものよ」と言いました。

                    まずそのネックレスをアレンジして、ある石を足してもらうことを進めました。
                    そうしたら・・きっと良くなると思ったのです。

                    私は若い時、宝石屋さんのイベントに依頼を受けてあちこちの都市へ行きました。
                    頼まれたのは
                    「石をスピリチュアル的に鑑定すること」と
                    「本人に合う石を選んであげること」でした。

                    金額が高価だったので・・やっぱり慎重になりましたよ。
                    ちゃんと霊視できないと・・お客様が納得しませんしね。
                    当てて当たり前の世界だから。

                    こっちの石とあの石を足して・・・
                    この石はネックレスの方がパワーが合っています、とか。


                    彼女の場合はお母さんとおそろいにすることがいいことだと思いました。
                    ほんの少しのアレンジをしてあげて・・・

                    「お金に余裕ができたら作り直すといいですよ」とお伝えしました。

                    しばらくして彼女から連絡が来ました。
                    ボーナスで作り直したそうです。
                    それで、毎日身につけているそうです。

                    「不思議に自信がわいています。仕事でへこんでもこのネックレスを見たり、触れているととても落ち着きます。みんなも素敵だと褒めてくれました。ありがとうございました」と書いてありました。
                    そして
                    「恋愛の方も力を入れたいと思います。出会いも前向きに考えて行きます。恋愛のご指導を受けたいと思います。よろしくお願いいたします」と。


                    心がへこんでいるときってなかなか上手く進まないけれど、心が少しでも温かくなってきたら幸せの方に動きたくなります。

                    まず、心。
                    これから春になるのですから、準備しましょうね。

                    気になるものがあれば是非持ってきてください。
                    鑑定させていただきます。

                     


                    負のパワーアップ。

                    0
                      ローズクオーツをつけている女性がやってきました。
                      そして
                      「ここ数年まったく運がなくて・・」とお話していました。

                      「特に男性運でしょ?」と聞くと
                      「ええそうです。最初はいい人なんですけど、あとから借金とか女性問題とか・・なぜそういうことになるのか」

                      他の占い師さんのところにも行ったそうです。
                      そして恋愛運をあげるために多種多様な石を購入。

                      私は一言前置きしました。
                      「ちょっときついことを言ってもいいかしら?」
                      「いいです。はっきりしたいのでなんでも言ってください」と言いました。

                      私は・・・
                      「その石が悪いの」と言いました。
                      彼女は
                      「え?恋愛運や金運の石が悪いのですか?」と言いました。
                      私は
                      「石が強くてね、いい男性が付かないの」
                      「え?」
                      「あなたにはいいのでしょうけど、そばに近づけなくしている部分があるし、そして悪い意味でそれを頼りにしている人が付いてくるの」と答えました。

                      波動を読んで・・とか石の意味とか・・いろいろで「運」を呼ぶアクセサリーを製作してもらったりしますが、正確には本人の波動を上げすぎるとそばに寄れない。
                      まして女の子なんですから、男性から見て近づける波動にしなければならない。

                      パワーアップしている女性に近づく男性がいます?
                      どちらかというと柔らかく、やさしい女性に近づくでしょ。

                      みなさんもご承知のように強い女性には「弱い男性」がよってきます。
                      頼れるから。
                      それとあまりたくさん見につけると
                      「あの子今恋愛したいんだよね?」とばれちゃってそれを利用する男性さえいます。

                      やさしい言葉で近寄り、そして最初はとってもやさしくして・・・そしてある日
                      「困ったので助けて欲しい」と訴える。
                      そして・・お金を貸す、・・返ってこない。
                      でも彼は優しいからいつかは・・・・。

                      そういう女性とたくさんお話をしています。

                      恋愛運も金運も・・他の運も同じ。
                      なんとかしようとあまりに身に着け過ぎると・・・大変です。
                      逆に人が離れます。

                      と、会社経営者や会社でも役職の方で金運、仕事運、健康運のある男性達とお話をしますがやはり
                      「対面上はあのブレスレットはステキだね、とは言いますが、しかし僕の彼女なら嫌ですね。いかにも・・と感じがしますし。一本ならまだしも・・・僕もそばには寄りません。控え目でかわいらしさのあるものが好きですね」といいます。

                      パワーアップの意味を履き違えていない方に作ってもらってくださいね。
                      あなたがパワーアップするのが本来の意味ではなく、男性からみて
                      「なんてかわいいんだろう、ステキなんだろう・・」と思わせてくれる柔らかオーラが出てくるように調整したブレスレットを作ってもらってください。

                      くすみ、ヒビが入っているものは一切身につけないように。
                      そういう関係になるので。
                      (人でも、健康でも、物でも)

                      重ね付けをするのならさざれぐらいのもので。
                      よほどの身長かオーラがあるか、そして大きなお仕事をしているのであれば丸玉で3連でもつけれらますが、普通のお仕事の方であれば石に負けます。
                      「負力」が働き始めます。

                      20代の時のお話です。
                      あるエステに行って、終わったあとにお茶を飲んでいました。
                      他にも30代ぐらいの女性が二人座っています。

                      するとひとりの男性が入ってきました。
                      とても紳士で、落ち着いた感じのステキな男性でした。

                      手には黒いアタッシュケースを持っています。
                      私はそれがとても気になりました。
                      あまり見かけたことがないとってもすてきなデザインだったので。

                      エステのオーナーが出てきて・・・
                      「あ、ふるらんさん、もしよかったら一緒に見ませんか?」と言われました。

                      何を見せていただいたと思います?
                      アタッシュケースの蓋が開いたと思ったら中からたくさんの指輪が出てきました。
                      本当に「宝石箱」を始めてみた感覚でした。

                      なんてきれいなんでしょう・・・

                      若かった私は目がキラキラしてじ〜っと見入ってしまいました。

                      男性はニューヨークを拠点に世界中を回り、ジュエリーのお仕事をされているという人でした。
                      そして指輪の値段を見ると・・十数万円から数百万円のものまで・・・

                      当時、20万円を切る月給をもらっていた私にとって、とてもとても手にとどくものではありませんでした。
                      男性から
                      「どんどんつけてみてください」と進められても、正直怖いと思うぐらいでした。
                      それだけ私とは無縁の世界と思っていたのでした。

                      二人の女性のお客さまは細めの指輪を選んでいました。
                      そして男性のお話が始まりました。
                      「石と指の大きさのバランス。そしてその女性の個性を引き立たせること。それを考えながら私達はジュエリーをお勧めしています。決して高いものがその人にあうというわけではないのです。これが勘というものです」と。

                      エステのオーナーさんがとても大きな指輪を選びました。
                      石が確か・・エメラルド。
                      「それでは地味ですね。こちらのダイヤの大きさと・・ルビーがあるのがあなたは引き立ちます」と言いました。
                      そして付け返ると・・・周りの女性達全員が
                      「ぜったいこっちがいいわ」と言いました。

                      そしてその男性は私に
                      「あなたなら・・・・」と言ってゴールドで幅が太めで特徴のあるデザインのものを指にしてくれました。
                      「これですね。個性があるし、それにこの太さでも指が負けない」と言いました。
                      二人の女性が
                      「彼女、若いのに、こんなに太いものでもいいんですか?」というと
                      「ええ、確かに彼女は手が小さいし、指もそんなに長いわけでもありません。しかしこの手はいずれ会社や自営をする人だと思いますよ」
                      「ええ?」
                      「たくさんの女性を見てきています。海外の女性の手も見ています。それにこの指輪ができる人はまだ数人です」と言いました。

                      値段が120万円。
                      もちろん私が買える金額ではありません。

                      そして男性が
                      「アメリカではですね。左利きにわざとして、こういう指輪を右にしてお仕事をするんです。それがステータスです」と教えてくれました。
                      つづけて
                      「あなたは細い指輪をしてはいけませんよ。そうすると指が痩せるし、あなたらしくないから。もし細いのをするときは石のいいのを使ってください」と教えてくれました。

                      二人の女性は男性に選んでいただいて数十万円のものを購入しました。
                      その時には
                      「これなら男性からみてもステキな人に思えますし、ご主人も納得するでしょう」とお話していました。
                      ひとつはお花のかわいい感じのもの、とてもきゃしゃですけど、輝きがステキです。
                      そしてもうひとつはダイヤがさりげなく入って、顔のそばに指が来たとき、横からのデザインがとても変わったものでした。

                      二人とも雰囲気ピッタリです。
                      そしてオーナーの女性は先ほどのダイヤとルビーの指輪を購入していました。

                      ふとオーナーがお店の石(直径20センチのローズクオーツ)を指差し、
                      「あれってどう思う?」と男性に聞きました。
                      するとあっさり
                      「あなたにはいいですが、ここに来られるお客さまの大半の方には合わないと思います。オーナーのお家に置いたほうがいいです。もし結婚をお考えなら処分されたほうがいいですよ」と。
                      「処分ですか?」
                      「ええ、女性から見てはいいでしょうけど、男性から見ると・・ちょっと引きます」と苦笑いをしていました。

                      お店を出るとき男性がにっこり笑って
                      「またどこかでお会いしましょうね」と言ってくれたので、私は
                      「はい、お仕事を頑張っていつか自分にご褒美に買える位になりたいと思います」と答えると
                      「やっぱりあなたは独立開業する人ですね」と笑っていました。

                      あれからもうかなりの年月が過ぎています。
                      いまだに一個のダイヤの指輪も買ったことがありません。
                      シルバーが数個かな?(苦笑)

                      いつかステキな男性に・・120万円とは言いませんが、すてきな指輪を買っていただきたいと思っています。
                      そのお返しにスーツを作ってあげたいし。

                      とにかく、すてきな指輪が似合うブレスレットを身につけてください。

                      はい、もちろんパワーアップしすぎないように・・ね?


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      スマートフォン

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode