ヒーリングの効果

0

    ヒーリングは不思議・・・shine.gif

    とっても不思議・・・shine.gif

     

    エネルギーワークなんだけど、それがとっても癒しになるのheart01.gif

    身体が癒され、心が癒され・・・

    心が溶けて・・・涙が流れる人もいます。

     

    きっと・・・冷たくなっていたり、疲れている心が温まって・・・癒されていくのでしょうね・・・

     

    30歳、女性の方でした。

    「いろんなスピリチュアルの相談に行きました。でも・・何かスッキリしなくて」と言われました。

    ふるらんは

    「それは相談というよりも・・ヒーリングを受けてみた方がいいかもしれませんね」と話しましたが

    「ヒーリングよりお話をして・・解決したいのです」と言われましたが、ふるらんは

    「あなたは・・まず温まることが先だと思います。今のあなたは・・きっと話していても、話してはいないし、会話にならないぐらい、心が疲れていると思います。疲れると・・心が冷えてしまい、答えを聞いていても心に響かないと思いますし、浸透していかないと思いますよ。

    きっと今までのスピリチュアルの先生達も正しいことをお話されたと思います。

    でも・・先にあなた自身の心を癒さないと・・きっと今までのセッションと同じことを繰り返すと思います」と言いながら彼女の右肩に手を置きました。

    ふるらんは・・・

    「この感覚がわかりますか?」というと

    「いえ・・全然」と言われたので左肩に手を置き

    「これはどうですか?」と話すと

    「温かいです」と言うと彼女がハッとして

    「こんなに違うんですね」と言いました。

    ふるらんは

    「左右こんなに違うのよ。本当なら・・あなたは人にやさしい人だし、人のために一生懸命になるのが大好きでしょう?」というと彼女の目から涙が出てきました。

    ふるらんは彼女の両肩を抱きしめて

    「無理しすぎ・・そして我慢しすぎて自分がわからない・・って聞こえてくるの。ちゃんとヒーリング受けてみない?すぐ終わるから・・」と言うと

    「ヒーリング・・・きちんと受けます。長くてもいいです・・」と泣いていました。

    別のお部屋を用意して・・横になってもらい・・ヒーリングしました。

     

    腕に違和感・・そしておなかの横に違和感・・・

    その部分に集中して・・ヒーリング・・

    そしてうつ伏せの指示が守護霊さんから聞こえてきて・・・・

    うつ伏せになってもらって・・・肩甲骨の部分をなでていると・・大声で泣き始めました。

    「殴られたみたいな・・感覚があるんだけど」と話すと

    「子供の時に、お母さんによく叩かれました。そして母は未だに大嫌いです」と答えたので

    「そうね・・・それでこのまま聞いて欲しいことがあるんだけど・・」とふるらんは彼女に見えてきた風景を伝えました。

     

    小さな・・昭和の女の子が見えます。

    いつも砂場で一人で遊んでいて・・そして一人でとぼとぼ家に帰ります。

    弟が3人・・いつもお母さんは自分に厳しいみたいです・・・

    そしてよく頭を叩かれています・・・

    その女の子は・・・泣いています。

    そして時々草木を棒でたたいてはストレスを発散しています・・・

    でもこの子は・・悲しいし、さびしいのです・・・

     

    と彼女に伝えると

    「・・それは・・・きっと母です」と言いました。

    そしてお母さんもそのお母さんに厳しくされていた話をしました。

    そして

    「あ・・・そうなんだ・・・お母さんも同じ思いだったんだ・・」とわかってくれました。

    ふるらんは

    「この負の連鎖・・あなたが切る決心をしない?」と話すと

    「できますか?」と聞かれたので

    「ヒーリング・・少し続けて通ってくれる?そしたらきっとお母さんより強く、そして優しくなれる」というと

    「わかりました。とても気持ちいいので通います」と言われ、週に一回来られて、泣いたり、笑ったり、心のセッションを身体を通して行いました。

     

    そして・・・

    「最近やっと楽しいことが楽しいと思えるようになりました」と笑顔でお話されました。

    そう、今まで楽しいフリをしていたんですものねぇ・・・・

     

    今彼女は彼氏もできました。

    そして会社の人間関係も楽になったそうです。

    そして・・そして・・・先日、お母さんと一緒にランチへ行ったそうですrestaurant.gif

    そこでお母さんに

    「今日は本当に楽しかったわ〜ありがとう」と言われたそうです。

    思わず涙が出てきて彼女は

    「いろんなわがまま言ってごめんなさい・・」と謝ったそうで

    「お母さんもわがままだったし・・・いらいらをあなたにぶつけてごめんなさい」と謝ってくれたそうです。

     

    ふるらんは

    「もう・・ふるらんのところに来なくていいわ」と話すと

    「いえ、これからもお世話になります」と言うので聞くと

    「ヒーリングを教えてください」と笑顔で言ってくれました。

    ふるらんは

    「ありがとう〜嬉しいわ」と答えました。

     


    東京 スピリチュアル セッション〜ヒーリングスクールでの出来事

    0

      2月のセッションは品川のホテルで行いました。

      ここは不思議な場所で東京の場所にしてはこの季節とても素敵な場所になります。

      ヒーリングの生徒さんが来てお勉強をしました。

      とっても基礎からのスタートです。

      つまり、まったく初めてのスタート。

      ある事をしてもらうのですが、それは単純ででも奥が深いことですのでみなさん最初は

      「できるかしら?」と思いますが、ちょっとのコツでできるようになります。

      生徒さんがヒーリングをしている間、ふるらんは周りのあることの管理をします。

      最初はやっぱり無理な力をかけるので、いろいろなことが起きないようにするためです。

      でも数回の授業をしていくうちに、その作業をしなくてよくなります。

      それは・・自然にヒーリングパーワーに変わるから。

      「やってやる」ではヒーリングではないし

      「私がしてあげているんだ」でもヒーリングではないし。

      そして

      「私の力でしているんだ」でもヒーリングではないs。

       

      ある生徒さんのお話です。

      彼女は3回目の授業を○○県から来て学んでいました。

      彼女が部屋に入ってくるときにふるらんはある仕掛けをしてみました。

      わかるかな?と思って。

      それは宿題をキチンとしてきたら簡単にできること。

       

      彼女が部屋に入ってきました。

      そして挨拶をして、話が始まると・・

      「質問してもいいですか?」と聞くので

      「どうぞ〜」というといつものように家のことや自分のことを質問していました。

      そしてその後も普通に授業をしていました。

      確かにパワーアップしてると思いました。

      そして授業が終わってコートを渡すと、

      「あの・・・・」と言うので

      「なぁに?」と聞くと

      「ここから出てもこのままもらっていけるんですか?」と聞いたので

      「え?」と聞くと

      「入ってきた人が綺麗になるとか、元気になるとか・・・そんなふたつの感覚がするな〜と思っていたんですけど、気のせいかな?と思って。入った瞬間身体が軽く揺れて・・でも気持ち悪いわけでもなく、楽になて、足が着地した感じだったから」と言いました。

      「感じていたのに言わなかったの?」と聞くと

      「ええ、外れていたら恥ずかしいかな?と思って」・・・・

       

      着実に成長している姿をみて私はとっても嬉しくなって彼女の手をとって

      「あなたは素敵なヒーラーになるわ。その謙虚さはとても大切だから一生持っていてね」と言って握手しました。

       


      パワーストーンスクール

      0
        パワーストーンが好きな人はたくさんおられます。
        そしてその石に含まれるとても素敵なメッセージを自ら聞きたい・・と思う方も多いです。

        「好きな人達に素敵な石を渡せるようにしてあげたいです」と彼女は言われました。

        そして私の「パワーストーンスクール」に通うことを決めてくれました。

        彼女は普通のお仕事をしていた方ですが、スピリチュアルにとても興味がありましたから、とても楽しみながら進んでいきました。


        授業も回を重ね、後半になったころのお話です。

        会社の中であまり仲の良くない先輩がいました。
        何かにつけ、細かいことを彼女に言ってくるらしく・・
        「いつも私に大変な仕事や手間がかかることを振り分けてくるのです。そして自分は楽な仕事ばかり選んで・・時々私が残業になるときもあるのです」と言っていました。

        その先輩の机の上にパワーストーンがありました。
        「綺麗ですね〜」とふと言ったそうです。
        すると先輩が
        「ありがとう。私も気にいってるんのよ」と言いました。
        そして
        「石の事わかるの?」と聞かれたので
        「今、教室に通っているんです。まだまだ未熟ですけれど」と言うと
        「それなら・・この石どう思う?」と聞かれたので彼女は閃いたことを言ったそうです。
        「(自慢の妹さんだったので)妹さんから頂いたものですか?かわいらしいし、雰囲気が優しいし。思いやりとか感じますから」
        と答えたら
        「へぇ〜わかるんだ〜。そうなのよ、妹が私に、もう少し変わったらお嫁に行けると思うから、石をおいたらいいのに、っていうのよ。失礼でしょ?(笑)でも、一里あるな、と思って。それでおいてみたの」
        「そうだったんですか。私は子供の時、いろんなことがあったから、不安になりやすくて。それで少しお勉強して石を持ち歩いています」と言うと
        「あら・・そうだったんだ・・」と言われたそうです。
        そして耳元で
        「実はうちもいろいろあってね・・・」と話してくれて、
        「昼ごはん一緒に食べない?」と久しぶりに誘ってくれたそうです。

        先輩の家は家族がバラバラで、いつも妹さんと二人きりで留守番をしていて、大人になってからは今度は母親が彼女にいろいろ依存してくるようになったそうです。
        「とてもうるさく感じてね。でも母親でしょ、捨てるわけにもいかないし。早く帰らないとうるさいし。そのうっ憤が人にあたるみたいなの」と自覚していたようでした。
        幸い妹さんは早く結婚して、家を出ていたので、妹さんには
        「お姉ちゃんも結婚して家を出たらいいのに」と言われていたそうです。
        それで石をもらったそうです。
        「長く一緒に働いていたのに、ちっともわかっていなくてすみませんでした」と彼女が謝ると先輩も
        「私も悪いのよ。ずるいところも、逃げたいところもあなたにあたっていたから。でもよく考えたらあなたもいろいろあったんですものね」と言われたそうです。

        「お互いにいろんな思いを理解できたのね」と私がいうと
        「ええ、なんか安心しました。私だけじゃないんだ、みんないろいろあるんだ、と思ったら、会社の人達の背中が変わって見えるようになりました」と彼女は言いました。


        それから彼女はその先輩と会話をキチンとして仕事を円滑に進めることを実行しました。
        「仕事ってお互いに理解していたら・・そしてお互いに優しさと思いやりがあればスピードに圧倒されて、混乱することは無くなるし、会社もいやすくなるんですね」と笑顔でいました。


        その後その先輩はとても会話が優しくなったそうです。
        そして・・ある日の会社の帰り、名刺入れを拾い本人に直接手渡し・・・
        その男性と2回目の食事の時に「真剣交際」を申し込まれたそうです。

        そしてますます優しく穏やかになったそうです。

        「女性って恋をするとすごく変わりますね」と彼女が言いました。私は
        「そうね、最高の栄養ね〜。でもこの幸せの栄養が先輩に流れ込んだのは妹さんと、あなたの言葉がスイッチになったのよ」と言うと
        「そう言われるとうれしいです」とニッコリ笑顔になりました。

        先輩さんは・・たくさんの愛情を妹さんに注ぎ、そして自分が枯れていて・・
        でも妹さんが愛にあふれて・・それから妹さんから流れ込んできて・・・
        その先に生徒さんの言葉というスイッチから大きな流れになってきたのでしょうね。


        さぁ・・今度は生徒さんの番です。
        たくさんの愛が彼女にあふれるまでサポートしてきたいと思っています。

        オーラが教えてくれること。

        0

          チャネリングのスクールを受けていて、時々あるのですが、
          「先生、最近人のオーラが見えるようになってきたんですけど・・」と言われる人もいます。
          それも全員のではなくて
          「不思議とそのあと良いことが起きる、って時に見えるみたいです」と言いました。
          「それは素敵ね〜」
          「ええ、最初はあ〜なんか見える〜と思っていたんですけど、あとあと良いことになっているみたいで・・」

          つまり彼女は
          「この後はっぴ〜が起きる」を予測できるオーラが見えるみたいです。

          チャネリングを教えていてそんな風にはっぴ〜を当てられると先生からしても素敵だと思いますわ。


          彼女のお話です。

          3年ぶりにお友達が遊びに来たそうです。
          そして駅の改札でお互いを見つけた時、彼女は友達をみて
          「あ、結婚しそう・・でも何かが足りない」と思ったそうです。

          彼女の言葉で言えば・・色が結婚の色なんですけど、でも○色が足りない気がして」と言っていました。

          それで彼女はお友達と楽しくお話したり、遊びに行ったりして・・・彼女の家に一泊したそうです。
          そしてお友達の近辺の話を聞くと
          「結婚なんて・・まだ彼氏もいないし、かすりもしない」と言っているのを聞いて
          「それはおかしいわ。そばにだれかいない?」と聞くと
          「だれもいないわよ」と言われたそうです。

          それで・・あ〜きっと彼女自身がまったく気が付いていないか、それとも幸せになれる男性を間違って排除しているのか・・と思ったそうです。

          周りの男性のことを聞いていくと・・
          ピンとくる人が・・
          「その人のことどう思うの?」
          「え〜〜そんなの考えたくないわ」
          「なぜ?」
          「だってかっこ良くないもん」と回答が。

          チャネリングを速攻でしてみると・・間違いなくその人。
          だけど・・お友達の心に響いてくる「ラブ」がまったくなくて。

          その男性の不器用さもわかりました。

          これを逃したら・・・もう友達の結婚はないなぁ・・・と思った彼女は私にメールを送ってきました。
          「どうしたら気がついてもらえますか?愛情って姿形じゃないと思うんですけど、でもお友達はそう思い込んで結婚の対象からはずしているんです。でも間違いなくオーラは結婚。先生から教わった色に近いし、私のチャネリングもそうみえます。どうしたらいいですか?」と。
          私はあることをメールしました。
          「今までと同じなら同じ出会いと同じ別れを繰り返し、そして本当に幸せになれる相手をまた今世で逃すのです。本当に幸せなのは・・姿形ではなくて、・・と説明しても心にとどかないでしょうね。それよりも・・・・・(ナイショ)」とメールしました。
          ナイショの部分は教室で教えます。
          簡単なことです。
          オーラの足りない部分をちょっと〜〜〜〜するのです。
          ヒーリングとかではなくてね、ある方法を使って。
          生徒さんから
          「やってみます」と返信が帰ってきました。

          そして彼女はお友達が〜〜しているときにそれをしてみました。
          そしてお友達にあることをしてもらうことにしました。

          お友達を駅まで見送った時後ろ姿に変化があったそうです。

          そしてその一カ月後・・・

          お友達からメールがきました。

          会社で仕事のミスをしたそうです。
          そして上司に怒られているときにあの彼が来てかばってくれたそうです。
          そして彼が背中を叩いて
          「彼女はできる人ですから、またやらさせてあげてください。な?できるだろう?」と言われ、彼女も
          「はい、やらさせてください」と頭を下げたそうです。

          ・・で、それで急接近。
          お友達は
          「先輩たちが言うのがわかったわ。仕事はできるし、優しいって聞いていたけど、見た目が嫌だったから遠巻きにしていたんだけど・・・もうどうでもよくなったの。人は中身って本当ね。真剣な顔を間近で見ていて好きになっちゃったわ。彼から告白されても即OKしちゃった。言われたことをするだけでこんなにすぐにはっぴ〜が来るなんてびっくりしたわ。ありがとう」と連絡が来たそうです。

          「先生、あれって効きますね」と生徒さん。
          「そうよ、ちゃんとしてくれる人は効くの。でもその説明をちゃんと彼女に届けたあなたのおかげよ」と私は言いました。

          メッセージは届ける人次第。
          そして受ける人はそのメッセージを受け取ろうという姿勢が大切。

          「彼女のラブラブオーラをみたいですぅ〜」という生徒さんの目がまたきらきらして私は嬉しかったでした。


          ヒーリング教室のお話〜はっぴ〜エンジェルヒーリングへの道

          0
            全国で、ヒーリングのお店をされている方がとても多いです。

            そして私のところへ来ていただいている先生たちもおられます。

            ヒーリングのお店をしていていろいろなことがあります。


            ある教室でヒーリングのお勉強をされ、そして自分でお店をされている方が
            「エンゼル系のヒーリングを学んできたのですが、しっくりこないのです」と言いました。

            霊視をしていると・・少し違いを感じました。
            「たぶん‘今は’エンゼルではなくて・・・‘今は’違うものだと思います」と説明させていただきました。

            今いろんなヒーリングの仕方がありましてね。
            普通にレイキ(霊気 または霊氣)系統のヒーリングとか、エンゼル系とか、ほかにさまざまありまして、自分の気にいったものをおぼえられる方が多いです。

            基本は覚えておられるので、私は彼女が目指す方向を少し変えてあげるだけにしました。

            そして数回の実践をしていただき・・・
            そしてそのお勉強を重ねて・・・

            自分のお店に来られるお客様の反応が少しちがってきた、と感じられるようになってきたそうです。

            彼女自身も
            「自分も楽です。前にはそんな感覚さえもありませんでした。前はただヒーリングをしているという感覚してなくて。でも今は自分が楽になる感覚があるのです。意識を変えるだけでこんなに違うんですね」とお話されていました。
            「そうですね、単にエンジェルというだけのひとつに絞ってもいいですが、人によっては少しずついろんなことを交えて・・という方もいます。あなたの場合は・・」と言ってあることを説明しました。
            そう、彼女は少し特殊だったから・・だから‘今は’だったのです。

            たぶん・・・数か月か数年後にはまたエンジェルに戻るかもしれません。
            でも今は少し違う・・・

            「自分に余裕が出てきました。ありがとうございました」と言って授業を終了されました。

            時々彼女からは
            「はっぴ〜ヒーリングにやり方を変えてからお客様から数日から数週間後にはっぴ〜なことがあった、と連絡が来るようになりました」とメール連絡をいただきました。

            そしてその数カ月後・・・

            連絡が来ました。
            「夢の中に先生が出てきて、もうそろそろエンゼルに戻していいわよ、と言われました。きっとメッセージだと思ってその日からお客様にエンゼルヒーリングに変えました。するととてもいい感じでできました。ありがとうございました」と書いてありました。

            時々私が生徒さんの夢の中に登場する時があるらしく・・
            ほかの生徒さんからもこのようなことが連絡されてきています。
            ・・といっても私にはまったく自覚はないのですが・・(苦笑)

            きっと・・見えない何かの力が・・私の非力な部分をサポートしてくれているんだわ・・と思います。

            人は一人では何もできないもの。
            そう、ヒーリングだって先生の力でしているものではないし。
            「自分」じゃないですもの。
            たくさんの人の愛の経験をいただいて、その愛をみなさんにまた使わせていただいて・・・
            ぐるぐる回って・・愛が広がる・・・

            私はそう考えています。

            はっぴ〜ヒーリングとは
            「セッションをしている方もされる方も・・当日、後日、はっぴ〜が起きる不思議なエネルギーワーク」です。

            幸せっていうのは
            「たくさんの人が幸せになって・・本物」だと思っています。

            開運財布

            0
              「最近彼と別れてから運が無くて」とお友達。
              聞いていると・・何か違和感があって・・・
              お別れの理由は性格の不一致。

              レジでお金を出しているとき、彼女のお財布を見て、あ!と思いました。

              「もしかして・・そのお財布彼からのプレゼント?」
              「ええ、思い出の」
              「それは・・まずいわ」
              「え?」
              「彼との思い出もいいけど、それは・・」
              「そうなんですか?」
              「うん、と、新しい彼も厳しいよ」
              「あ・・」

              聞くと・・・合コンに行っても乗る気がないそうなのです。
              またダメになるような気がして。

              私は彼女にお財布とのお別れの仕方と新しい財布のタイミングを教えることにしました。
              そして時間が合えば一緒にお買い物ということになりました。

              少しして彼女は彼からのお財布をある方法で処分。
              そしてその後に待ち合わせて・・・一緒にお財布を買いに行きました。
              でもその日はいいのが無くて・・・

              また他の日をあわせて・・・そしてお買い物。
              いいものがありました。
              彼女は
              「え?前と同じものですよ?」
              「同じブランドでも違うのよ」
              そして店員さんが
              「これが最後のものです」と言いました。

              関西でいう「残り福」。
              彼女が
              「お金残るお財布になるんですね」と笑顔になりました。

              そして私は彼女のお財布にあるおまじないを。
              開運財布になってもらいたいので。

              そして数週間・・・
              彼女からメールが来ました。

              「お友達に食事をおごっても数日後に他の人からおごってもらったり、無料で服とかアクセを友人からもらったり・・とっても面白いです。これからも開運財布を育てます」

              はい、頑張ってください。
              私自身もどんどん今のお財布を育てます。

              あ、春にお財布を買うといいですよ、というのが昔から言われている言葉です。

              ヒーリングスクールの生徒さんから〜心の傷を癒すとは・・・

              0
                「友達が彼とごちゃごちゃになって・・泣いていました。私からみてももう修復不可能の状態です。でも彼女は悪くなくて・・彼が浮気みたいで・・」
                「それは・・悲しいね」
                「ええ、彼女自分に自信がすっかり無くなってしまったみたいです」

                生徒さんは私に
                「先生、できれば・・お友達のハートを癒してあげたいんですけど」
                「・・少し早いね」
                「やっぱり」
                「ええ、もう少し様子を見てから。ハートからまだ○がでてるし。もう少し止まってからもあるけど、今あなたがヒーリングするとあなたに来るから」
                「ですね。わかりました。もう少し様子をみてからにします」

                そして2週間後・・・
                生徒さんの授業をしてから私は彼女に
                「ではお友達のヒーリングのコツを教えますね」というと
                「わ〜ありがとうございます。今なら私も大丈夫だと思います。前なら二人でどうしよう〜、と思ったかもしれませんけど・・今ならできます」

                そして30分延長でお友達のヒーリングの仕方のコツを教えてあげました。
                私はお友達にはあったことはありませんが・・でもチャネリングで情報は取れますので。

                そして数日後、生徒さんから連絡が。

                お友達にヒーリングをするといつもと違った涙が流れてきたそうです。
                前はボロボロとした涙、今回ヒーリングの途中で流した涙はスーーっとした線のような涙・・・
                あの涙を見たとき私は自分がちゃんとヒーリングできていると思いました。そしてお友達に
                「私・・彼を許していたフリをしていたのね・・・でも自分に嘘がつけなくて・・イライラして・・・でもヒーリングしたもらったら・・ス〜っと何かが抜けていくような気がしたの。あ・・あきらめるとか・・うん、手放したといおうか・・・・なにか・・なにか変われると思った」といわれたそうです。
                そして
                「ありがとう。私変われるわ」と言われたそうです。

                次の日、またお友達からメールが来て
                「夢の中で彼にさようなら、と告げている自分にびっくりしたの。そして彼がふっと消えて・・そのあとに男性が目の前に立っていてにっこり笑った口元が見えて・・そしたら目が覚めちゃって・・きっと新しい彼だわ、と思ったの。だから、私・・きっと今の彼の後に新しい彼ができるって確信できたわ」と。

                「心の傷って大変深くて・・自分にできるのかな?と思いましたけど、お友達からメールをもらって自信が付きました。先生・・私、もっともっといろんな喜びを感じてもらえるようになりたいと思います」と生徒さんは言いました。


                私自身も
                「こんなの見せてあげたい」と思ってヒーリングしているわけではありません。

                そしてヒーリングの生徒さんが授業を受けたその日の夜にいろんな不思議なことが起きたり、夢を見たり、後日不思議なことが起きるのが・・私自身も不思議なのです。

                もちろん私自身にも体の変化やこころの変化を実感するときがあります。
                その時
                「あ〜うれしいなぁ〜生徒さん、こんなに能力発揮できてきたんだわ〜」と思うのです。

                人は人を癒す力があります。
                その能力は使い方次第です。

                癒しの方法はさまざま。
                あなたがもし癒してあげたい、と思う人がいるのであればきっと見えない力が働いていろんなことが起きるでしょう。

                友達を癒すと・・・

                0
                  ヒーリングの授業では、最初自分の癒しをしていきます。
                  そしてお友達・・というように進めています。
                  ・・といっても自分の癒しの前にいろいろしなければならないことがあるのですが・・・
                  それはとても楽しいことをしていきます。

                  ある生徒さんが授業3回目を過ぎたとき、私から
                  「そろそろお友達を触って良いですよ」と許可を出しました。
                  そしてその生徒さんはお友達の康子さん(仮名)にお願いしました。
                  しかし、康子は・・・
                  「○○○を受けたときしんどかったので・・その系統は嫌なの」と言われたそうです。

                  たしかに○○○は、合う人と合わない人が居まして・・・
                  合わなければかなり体に来ます。

                  「あの体のしんどさ・・・まだ残っている感じなの。もしかして取れていて・・自分がその余韻で感じて生きているのかもしれないけど・・」と言ったそうです。

                  生徒さんは
                  「それなら無理にお願いしないわ。あなたのためだから。それにこれは薦めることではないので」と言いました。すると康子さんは
                  「ありがとう」と言ってくれたそうです。
                  数日後・・・
                  康子さんからメールがきて、康子さんのお友達が
                  「ヒーリングならためしに受けてみたい」と言われたそうです。
                  そのお友達さんも○○○を受け、特に何も感じず・・・(セラピストとの相性もあると思います)そして生徒さんのお家でヒーリングを受けたそうです。
                  もちろん「練習」です。
                  30分のヒーリング・・・終わったあとお友達さんは
                  「違うね〜〜〜不思議に・・・肩と腰に来てるのがわかるわ・・まるで簡易カイロ状態。これから鍛えたらもっと凄くなるんでしょ?また呼んでくれます?」と言われたそうです。

                  生徒さんが
                  「自信になりました。これからもこつこつ鍛え上げます」と笑顔で4回目を受けられました。

                  そして彼女は・・・
                  また一段上に上がりました。
                  なぜなら・・・
                  あるものを使って練習するのですがその違いを回答するとき
                  先に手が動いてあることをしていました。

                  ふふふ・・・先生冥利に尽きますわ。(笑)。

                   

                  ホタルからの伝言

                  0
                    アロマセラピストの女性がヒーリングのスクールにこられています。
                    アロママッサージの時にどうしてもヒーリングが必要だと思ったそうです。

                    「マッサージをもっと極めたいんです。筋肉とは皮膚ではなく心に届くような」といいまいした。

                    そしてスクールに通って数回目・・・

                    「あるお客様を触っているときだったんですけど・・ホタルが飛んでいる風景が入ってくるのです。それも一匹。不思議です。でもお客様に聞けなくて」と言いました。

                    私も霊視してみました。
                    すると・・・
                    「聞いてもいいみたいです。大丈夫、そのお客様が次に来たとき、もし見えたら聞いてみて。もしかしてそれがお客様にとってのヒーリングになるかもしれませんよ」と言いました。


                    そしてしばらくして・・・
                    セラピストの彼女から連絡が来ました。
                    その内容とは・・・

                    お客様をアロママッサージをしていたら、やはりホタルが一匹見えるので
                    「ホタルが飛んでいるように見えるんですけど」というと
                    「え?」と言われ
                    「ええ、なんとなくホタルが・・」というと
                    「あ・・・・・・」といって涙を流したそうです。
                    聞くと彼女は弟と二人兄弟で、そして両親と4人暮らしでした。
                    父親はお盆になると父親の実家に帰り、ホタルを見せてくれたそうです。
                    「あの時が一番家族として幸せだったなぁ・・・」とぽつんと言いました。
                    そしてそのご両親も無くなり、弟は海外へ。
                    「きっと父が来ているんだと思います。教えてくれてありがとう」と言われたそうです。

                    それから少しして・・そのお客様から連絡が来て、
                    弟が海外から帰ってきたのでそのときに思い切ってホタルの話をしたら、弟も行きたかったんだよ、と行ってくれ、二人で父の実家の土地へ行ったそうです。そして季節外れでしたけど・・ふたりでホタルが見えるようだね・・、と会話したそうです。
                    二人で泣きましたよ、でもそれで父親が喜んでくれたと思います。
                    「姉ちゃん、ホタルの時期にまた来ような」といってくれたそうです。

                    先生、ありがとうございました、と言われ、私はヒーリングを覚えてよかったわ〜とつくづく思いました、とセラピストの彼女は私に言いました。

                    忘れてはいけないことがあります。
                    身体が無くなっても、子を思うこころは永遠です。
                    その心に感謝しましょう。

                    不器用な親もいます。
                    でも許してあげましょう。
                    だって、あなたも不器用なんだから・・・・・
                     

                    スピリチュアルセラピストからヒーラーへ

                    0
                      彼女はすでにスピリチュアルカウンセラーとしての活動をしている女性でした。

                      しかし、ある問題を抱えていました。
                      それは「相手の波動を受けて、体調をくずすこと」。

                      しかしそれはその土地の影響や、その人の生育暦なども含め大きくみてあげなければならない反面、その対策をとらなければなりません。

                      下手をするとそのマイナスの反動をまたお客様に返すことがあるので、お客様がしんどくなる場合も多々あります。

                      もともと授かったその人その人の才能、つまりもの作りの才能や、人と話す才能、動物さんとのかかわりの才能とか多種多様な才能があるはずです。
                      ほとんどの場合は埋もれたままで・・終わってしまう場合も多いのです。

                      彼女には確かにスピリチュアルの才能がありましたが、それをあえて使わない方法を私は考えることにしました。

                      私は
                      「その短所を逆手に取れると思いますよ。あなたの場合はきっとほかの人と違う反動で使えると思います」と進めました。
                      そう、彼女には「読む」のではなくて「利用する」方を進めたのです。
                      すべて「利用できる」というわけではありません。
                      逆にひどくなる人もいますので。

                      そして彼女には彼女用に特別授業をスタートしました。
                      すると才能メキメキ発揮。
                      「めっちゃ楽です」と笑顔が出てきました。

                      その途中で
                      「ヒプノで過去をキチンと受け止めたい」といわれたのでヒプノセラピーをスタート。
                      すると彼女の過去世は「ヒーラー」でした。
                      しかし、ある失敗が元で彼女は精神的に落ち込み、仕事をあきらめてしました。

                      そしてハイヤーセルフからの言葉
                      「除○は止めなさい。あなたは癒しであって祓いは違うから」。

                      彼女は「仕事を選別すること」を実行するように心を決めました。
                      そしてヒーリングで身体を癒すほうを決めました。

                      その後あることが起きました。
                      友人が歯の痛みを訴えたのでヒーリングをすると痛みが治まったそうです。
                      その友人は
                      「これで歯医者に行かなくて済むわ」と言ったので
                      「違うよ、行かなきゃだめよ。治療はお医者さんに行ってね。神様は歯の治療をするために歯科医を作られたのだから」と言ったそうです。

                      「今までの私なら答えを言ったり、祓って終わらせていました。でも違うんですものね。ちゃんとその人の心の癒しもその人が正しく生きるように話をすることも大切なんですものね。勇気といおうか力が出てきました」

                      彼女の声のヒーリング能力を上げてあげたいと思います。
                      癒すだけではなく、エネルギーもたくさんの人に与えられるように。

                      私の仕事は「相手の力を引き出して、増強させてあげること」です。
                      それを知ったのが霊能者さんたちに
                      「あなたは普通のスピリチュアルな仕事ではなく、エネルギーを増幅させる力、つまりアンプの仕事をするわね」と言われてから意識するようになりました。

                      さぁあなたも自分の力を正しく使って今を楽しみましょう。


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 大阪のマッサージ霊視〜咳が出る意味
                        アヤコ
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜運命の出会いを引きよせる方法。
                        ふるらん
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜先祖の声を聞いてから起きた現象。
                        ふるらん
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜新しいお財布の買い方
                        ふるらん
                      • 大阪のマッサージ霊視〜咳が出る意味
                        ふるらん
                      • 大阪のマッサージ霊視〜咳が出る意味
                        アヤコ
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜新しいお財布の買い方
                        michi
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜先祖の声を聞いてから起きた現象。
                        ルルコ
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜運命の出会いを引きよせる方法。
                        mihana
                      • 大阪スピリチュアルセッション〜運命の人の特徴
                        リーン

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode