大阪スピリチュアルスクール〜お盆に起きることの意味

0

    スピリチュアルスクールではチャネリングにかかわらず、いろいろなスピリチュアルなことをお勉強しています。

     

    あんまり霊ばっかりのお話ってつまんないでしょう?(苦笑)

     

    それに霊に関わっていてしょうがないし。

    (けっこう霊さんの願望要求が多いので大変ですよ)

     

     

     

     

    それよりも“ふるらん式ははっぴ〜方式”の話の方があとあと楽しくていいと思うんだけど。

     

     

     

     

    ・・ということで、はっぴ〜なことを書きたいので、霊的なことが多くなりがちなこの季節ですが、これからもふるらん式ではっぴ〜を書かせていただきます。

     

     

     

     

     

    お盆に起きることはいろんなことがあります。

     

    ちなみに・・今、ふるらんの家のスキャナーが止まっております。

     

    昨日まではしっかり動いておりました。

     

    あるお客様の書類をスキャンして・・ぴたっと止まりました・・・

     

    仕方ないです・・・(ううっ)

     

     

     

    やっぱり女性のふるらんでは・・甘いのでしょうねぇ・・・

     

    パソコンやほかのモノも常にお祓いしてもらって居ます。

     

    お願いだから冷蔵庫はやめて・・と願っております。

     

     

     

     

     

    「スピリチュアルなことが続いていまして・・」と教室の生徒さん。

     

     

    聞くと・・

    扉が急に開きづらくなったというのと、そうかと思って力を入れたらドンとしまったり、どうも安定しないらしく・・・

     

     

    「とりあえず・・あのスプレー(某有名スプレーで開け閉めが軽くなる。男性なら答えられる)をかけようか」と話しをして・・・

     

    もしだめだったら・・の対策を生徒さんを話しをしました。

     

     

    生徒さんからは

    「誰かが来ているとしたらどうしたらその相手がわかりますか?」と聞かれ・・

     

     

    (・・の時、霊感のある人なわかると思いますが・・・これをしたらどうなるか・・でしょう?)

     

     

    なので・・・

    「知らない方がいいということもあるのよ。知るということはあなたのこともみんな知られるのでその覚悟はありますか?」という話。

     

    身内ならまだしも・・

    (けっこう身内が多い人と他人を玄関まで連れてくる人も居るので・・身内ならまだしも・・他人の願望を聞いているほど時間はないでしょう?そしてそれは分類としてはお客様をある方法で見るとわかります)

     

     

     

    ・・と、

    「あるものをおいたらわかりやすいのよ、それはね・・」と生徒さんに教えてあげました。

     

     

     

    実はこの生徒さん。

    最初はまったくスピリチュアル能力等の自覚なし。

     

    でも・・・最初のセッションで話していて

    「もしかして・・私って霊感とは言わないけれどスピリチュアルのことわかるなんですか?」と自覚してきた人。

     

     

    そう、もしかして・・が出てくると・・自信のスイッチが本気で入りかける。

     

     

    ふるらんとしては・・人間はみ〜んなスピリチュアルだと思っているので(認めたくない人も居るし、自分の思想信条があるし。見えるモノしか信じない人がいるから仕方ないけれど)、よっぽど拒否の人とか不安がキツくて・・の人以外なら、この世界のことを知って行くとちゃんと道があるんだな〜とわかってもらえると信じています。

     

     

    見えなくても・・視えるのは・・・仕方ないし。

     

     

    それが役に立ったら良いと思うし。

     

    それに興味があって、はっぴ〜に使えてくれたら良いと思うし・・

    あえて霊対策ばっかりしていたら・・引き離すつもりが引き寄せをしている人もたくさんいるし・・

     

    あの「塩」の使い方、びっくりすることが多いですよ。

     

    え〜〜それに塩?とか

     

    塩で・・・〜〜〜するの?とか。

     

     

    それって・・・寄せてるじゃない・・・と。

     

    ちゃんと逆に使って・・塩の上にあるものをのせたら面白いことがあります。

     

     

     

     

     

    ドアのそばに塩があるのをきいて・・・

    「それ、捨てようか」と。

     

    理由は彼女に言いました。

     

     

    もともと塩って何に使うのか、とか、霊に塩は・・・???

     

     

    実は塩って・・・・なんですよね・・・

    塩は〜〜方式の時に使い、こっちの方式では使わない。

     

    塩を〜〜して〜〜する除霊の人、見たこと無い。

     

     

     

    塩がそんなに効くなら・・・海で霊はでないでしょう・・・

     

     

    と、使い方と量が多すぎたら・・寄せるので気をつけてね等の塩のお話。

     

     

     

    それと・・お盆はいつもと対策が違うので、通常のことでは無理だと思う等の話・・・

     

     

     

     

    「だって・・人数多いからね〜〜」とふるらんが言うと

     

    「もしかいて・・・お盆だから通常よりも多いと・・」

     

    「うん、そこに塩を置いて、そのままでしょう?毎日玄関を拭かないと全く意味がなくて、置きっ放しなら寄せるよ・・」の話。

     

     

     

    それと・・

    彼女は玄関にある香りのものをおいている・・・

    「それは・・いけません」と注意。

     

    お線香に近い意味のあるので・・・

    お線香は・・・ちゃんとした場所でしないと・・・これも寄せる方法を自然にしている人が多い。

     

     

     

    変な話、

    場所と磁場と・・その人の持っているものがそろえば・・蚊取り線香だって寄せるものに変わるのだから。

     

     

    通常はまったくそんなことにならない。

     

    普通に蚊取り線香。

     

     

    しかし、お盆で・・

    「空気変わった・・・」と感じ始めると、ふるらんのおばあちゃんは空をよく仰いでいて

     

    「秋だねぇ・・・」と言いながら古い服を数枚選んでそして火をつけて煙りを出して・・・

     

     

    家の、ある方向のところで煙を出していぶし・・・

    「こうしたら家で蚊取り線香を焚いても大丈夫だよ」と言っていた。

     

    親戚のおじさん、おばさんは

    「殺虫剤があるから」というけれど、おばあちゃんは

    「お盆に虫の命を・・・」と言って嫌がった。

     

     

    蚊取り線香のありがたさは・・・命に優しい。

     

    殺虫剤は・・・さすがに人間でもキツイ・・・

     

     

     

    と蚊取り線香を炊くときにはおばあちゃんはちゃんと周りを整理して

    「きれいになったから蚊取り線香を焚こうか」と言っていました。

     

     

    な〜んとなく意味はわかっていましたが、さすがに霊感の無いおじさん、おばさんたちは「?」

     

     

     

    実の子供でも理解は不可能でしょうね・・・

     

    ふるらんと弟は

    「うん」と一つ返事だったのを覚えている。

     

     

     

     

    お盆になると電化製品に微妙に「不調」が現れる。

     

    しかたない・・・と理解しているけれど。

     

     

    その話も生徒さんに教えて・・

    とにかくすぐになんとか・・と焦らない方がいいよ、と話しています。

     

     

     

    あとお盆には・・お仏壇の件をお伝えしています。

     

    必要なものが増えます。

    それと家系の関係でまたその内容が増え人もいます。

     

    とにかく満足して来ていただきましょうということです。

     

     

    お花にお水にお茶にお菓子に果物・・・こんもり盛り上げて・・・

     

    「あなたのおうちの人は・・〜〜が、好きよね?」と言う話や、霊会話仕方など。

     

     

    まず簡単な入り口から入り・・そしてゆっくり進みます。

     

    焦ると・・転ぶので。

     

     

    こっちがあっちに引っ張られないように少しずつ成長しながら進めていきます。

     

     

     

     

    あれこれ知っても・・自分がやられたらどうにもならないでしょう?

     

     

     

    互いに必要なときに必要な分だけ聞きます。

     

     

     

     

    生徒さんにもそうしています。

    起きている現象と起きうる現象・・・

     

    それやお友達のことや家族のことなど・・・

     

    静かに、静かに“相手”のことを知って行くようにしています。

     

     

     

    恋愛と一緒ね?(うふっ)

     

    ただ、相手の霊によってはとてもじゃないけれど、近寄っても知っても大変ってことあるので警戒しましょう。

     

     

    まぁ・・人間関係と一緒ですぐ仲良しになりたがると大きなケガをするのと同じです。

     

     

     

     

     

    お盆前なのであまり余計なことをしすぎないように。

     

    できるのは・・

    「いつ帰ってこられても美しいおうち」にしておくことです。

     

     

     

    ちなみに先日、ふるらんが言われた言葉は

    「8月に出し切って9月を迎えること。要るモノ要らないモノを決めること。

    (モノが少なくなり)選択を少なくすることによって、迷いが消えるから・・・・」。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:スピリチュアル



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    スマートフォン

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode