スピリチュアル教室〜大阪の目と足と耳の神様

0

    ふるらんのチャネリング教室ではチャネリングだけではなくてスピリチュアルなお話や場所、その生徒さんに合った場所など教えています。

     

    はい、このお仕事、自分の実力でされていると思うようでは・・・ちょっとだめですよ。

     

    あくまでも私たちは神様や仏様のお手伝いをさせていただいているのだということを忘れてはいけません。

     

    だって・・

    所詮人間です。

     

     

    不思議なことができるのは、起きるのは・・・神様、仏様のお力。

     

    英知を超えていく・・それは人間という形や思考を超えているからだと思っていますから。

     

     

     

     

    視力が下がってきて、病院に通っているお客様が来られまして、その後、スピリチュアルな勉強をしたいということなので授業を開始しました。

     

    でもまず生徒さん本人の目をこれ以上悪くさせないように・・・

    「お力添えが必要だと思うので・・」とお話をして、ある県にあるお寺のお話をしました。

     

     

    ここは・・初めてお寺に入った時に両目が急に温かくなり・・一緒に行った人にこのお寺の意味を聞くと

    (最初から調べないで行くようにします。先入観がだめな時もあるので)。

    「ここはある物語がありましてね」ということでした。

     

     

    すごい場所だわ〜〜と思って林の方を見ると・・・とても大きな観音様が立っておられました。

     

     

    みなさんはお寺の建物を見るのですが・・・ふるらんは林の中を通る太陽の光の中に観音様が立たれておられるのを見たのです。

     

     

    すごいな〜〜〜〜〜と思って見ていました。

     

     

     

    その経験があるので生徒さんやお客様の中で・・この人なら・・と思う人をそのお寺のお話をします。

     

    関係の無い人が行きたがるのを避けるために場所は・・ごめんなさい。

     

    「観音様が見たい」という人は・・遠慮してほしいので。

     

     

     

    兵庫県にあるあるお寺の境内の中の・・ある方向にもとても立派な観音様が立っておられます。

    もちろん一般の方には見えないと思いますが、神々しいというよりも、

    「なんてお優しいお立ちをされておられるのだろ・・・」の感覚です。

     

     

    静かに暖かくたたずむ・・・

     

    そのようなお姿です。

     

    ここは・・・自分の体の中に暖かい不思議なものが通ります。

     

     

     

     

    生徒さんの治療ははかどり・・手術、そして経過良好。

     

    ありがたい・・と何度も繰り返すのでした。

     

     

     

     

    ふるらんも・・眼圧が高い人です。

    これ以上上がると・・目薬が必要となります。

     

    でも・・悪化しないのが何よりも嬉しいことです。

     

     

    「なんで悪いんだろう」と思わないようにしています。

    それよりも、

    「よかった〜これで」と思っています。

     

     

     

     

    足の神様が・・大阪府○○市におられます。

     

    その神様とお会いしたのも偶然でした。

     

     

    大阪で初めてつとめた会社に行く時の途中にある神社・・

     

    ん???不思議なところ、と思って時間のあるときに行くことにしました。

     

     

    ちょっとした森になっているのですが・・・

    入るとすぐ

    「足」に来たので、

     

    あ〜そうなんだと思いました。

     

    足をですね・・わしづかみとは言いませんが、ふっくら触られる感じで・・・

     

    でも霊的なことではなくて・・・あ〜神様的なことだと。

     

    ここは・・磁場が足に来るんだ・・と思い、それでね・・・と少しにっこり。

     

    特に○側の足に来るね・・と思いました。

     

    治すというより、癒やす・・・

     

    癒やすの本当の意味は・・病気やケガを癒やす・・ということを意味を間違えないように。

     

     

    そしてここの神様は遙か昔・・・〜〜同士の〜〜〜があって・・・となるようです。

     

    またお呼ばれをしたときにお邪魔させていただきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

    そのお隣に神様がおられまして、そのお方は少しお話が好きなお方でした。

    声を少し大きめに話さないと・・耳が少し不自由なお方でしたので。

     

    ふるらんは霊能力の声のボリュームを上げてお話をお聞きすることにしました。

     

     

     

    ここの場所の意味を教えてくださり、そしてこれから先の神社のあり方、人の集まり方等教えてくださいました。

     

    それと・・・ふるらんがあまりこの土地に長くいないことも。

    つまり・・・今の会社には長くいないということでした。

     

     

    当時、家から会社まで自転車で通勤するかどうか迷っていました。

    電車ではちょっと大変だったのです。

     

    でも・・・意外に自転車の方が自由がきくし・・・と思って。

     

     

    それで・・・ご相談をさせていただいたところ

    「通勤は自転車でもかまわない」というお声をいただきまし助かりました。

     

    「その代わり、また来てくれ。話がしたい」と。

     

    回答はただ一つ。

    「わかりまして・・・・・・・ます」(その世界の独特の言い回しがあります)

     

    これで約束を守って行くと・・仕事ができる足としていけるわ・・と思いました。

    足のケガをしたら・・仕事にいけませんから。

     

     

    ありがたい、ありがたい。

     

     

     

     

    樹と樹の間の空間に示す光の線が輝く・・・

    それはほんの数秒の世界だけれど、それを見逃してはいけない。

     

    ベストな時間にベストなご挨拶。

     

    当然のごとく・・その道の礼儀がある。

     

     

     

     

    だから・・・ふるらんと神社やお寺に行くと・・

    「まだ・・何をしゃべってるの?」と不思議だろうと思う。

     

     

    ほかの人の数十分は・・ふるらんにとって霊感会話の間はほんの1分にしかならない。

     

    時間は・・ヒトの決めた時間と神様たちが言っている時間がちがう。

    その感覚はなんと説明をしていいのかわからないけれど光の速さを具体的に話して、と言われても・・・の世界観。

     

     

     

     

    神様の声は・・光の反動みたいな感じで・・・仏様の言葉と一緒で何分話したか・・とかうように分数に治せない。

    仏様の声は・・・言葉じゃなくて・・・音域に値するような感覚と振動に感じる。

     

     

     

     

    スピリチュアルな教室で是非覚えてもらいたいことがある。

     

    それは・・

    「助かりたい」と思うのなら聞こえない。

    「助けてあげたい」と思うなら、なおさら聞こえない。

     

     

    私たちはあくまでも・・・ヒトとして生まれてきたのだから・・・その役割としての心構えがきちんとできたときに・・その先の扉が開いていくのだと思っている。

     

    もちろん、その扉が外開きなのか内開きなのかは・・わかるとは思います。

     

     

     

     

    受け入れてみたい、と思うのなら・・お勉強のやりがいがあるものすごい楽しくてそれでいて不思議で・・ん〜難しいかな?と思う世界。

    でも一番自分を変えるには絶好の勉強の内容で、そしてその空間の勉強の場所だと思います。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:スピリチュアル



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    スマートフォン

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode