大阪 タロット教室での会話〜夫の不倫

0

    JUGEMテーマ:タロット占い

     

    友達がタロット教室にきてくれて・・・お茶を飲みながらの会話.

     

     

    友達は最近ある人の相談をタロットで受け・・

    あまりにも内容がひどいので

    「私のタロットの先生(ふるらんのこと)に聞いてみます」と回答されました。

     

     

    内容は・・簡単に言うと、その人のご主人の浮気・・・

    でも本当に壮絶で・・ご主人も相手の女性も・・凄いわ・・・

     

     

    その人は・・悩んで悩んで・・とうとう体にじんましんが出たということ。

     

    ふるらんは聞いていて

    「それはひどいは・・・体に来るもの」と言うと、

    友達は

    「本当の気の毒だと思う」。

     

     

     

    そうですね・・・本当に気の毒だと思う。

     

    “気”の毒・・・

     

    毒気に当たった証拠ですもの。

     

     

     

    相手の毒気に当たったのもあるし、その毒と戦って相手にまた毒を与える。

     

    「勝たなければならないし、相手に勝ちたい」。

     

     

    そう思えば思うほど相手に対して毒がでて・・その毒を出している自分にまた毒を与える。

     

     

     

    ・・・苦しい話はたくさん聞いてきました。

     

    わかりますよ・・・

    聞いていてとても辛いと思います。

     

     

    ・・辛い・・

    頭にくる・・

    でも怒っても・・今離婚する勇気がない。

     

    誰にも言えない・・・

     

    どんどん自分の心に押し込める。

     

     

     

     

     

     

    「腹が立つんです。そしてどんどんストレスが溜まって・・・子供にも当たるようになるし。

    ストレスの毒を消してあげるにはどうしたらいいでしょうか?」・・・をタロットに聞いて見ました。

     

     

    回答は・・・学びからシフトして・・・離婚の準備を。

     

    「毒といえども少なく上手に使えば薬にも学びにもなる。

     

    しかし・・たくさん集まるから自分がやられる毒になる・・・

    苦しみは・・・毒になる。未来のために・・毒になっていることから離れるように」。

     

     

     

    大量に薬を飲めばどうなるか・・・

     

     

    でも・・許せない・・

     

     

    ただ・・・わかりますよ。

    やっぱり許せない。

     

    でも・・・その許せないから・・・また来世もこの人と出会う・・

     

    『勝つために』。

     

     

     

    ふるらんから

    「この毒の使い方あるから教えて上げるわ」と友達に話しました。

     

    そして友達が頷いていました。

     

    少ししてから・・・

    湯飲み茶碗を両手で持ち、友達が

    「両手でゆっくりした時間と友達と安心してお茶を飲めるって・・幸せなのね」と言いました。

     

     

    そうですね・・・両手で持てば・・本当に大切にしなければならないことに感謝できるそのときの心の余裕。

     

     

    苦しみを知っている人なら・・

    あと少し・・もう少し・・・

    と自分を言い聞かせて超えてくる。

     

     

     

     

    悩みを遠ざけるかどうなるか・・

     

    とても辛いまっただ中にいる人にはとてもとても・・ですが・・・

     

    やっぱり時間が経過するまでは静かに・・安静にして、時期を見て・・エネルギーを溜めて・・・離婚へ。

     

    心をこれ以上毒を溜めると・・離婚もできなくなる。

     

     

    タロットで相手にやさしく話すこともそうですが、心を癒やす方法も友達にお話してあげました。

     

    「考えることは・・計画と実行。だから今することは」と言ってタロットカード占いをしました。

     

     

     

     

    友達は依頼されたお客様に追伸でメールを送りました。

     

    それでそのお客様は実行に踏み切ることを決意されたそうです。

     

     

     

    「心のスイッチを入れる前に・・心の癒やしなのですね」と友達はいいました。

     

     

    ええ、病気を治療するためには・・まず治そうと思う気持が大切なのと一緒。

    「治しましょう」では足りません。

     

    そのお客様に一番大切な『心の言葉』を渡してくださいね。

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode