スピリチュアルプチ講座〜「神様の心に近づきたい」。

0

    JUGEMテーマ:スピリチュアル

     

    年を明けたら神社に年始のご挨拶をされる方は増えると思いますが、みなさんも知っての通り、大混雑(大汗)

     

    それでふるらんは少し早めのご挨拶と、その後は節分を過ぎてからにしています。

     

    お正月が過ぎてからすぐ行くと・・人の残した気配が凄い。

     

     

    食べ物、人のお話の山・・

    本来は「無言」で歩くのが境内のしきたりです(大昔から)

     

    この部分をある話しをすると、生徒さんやお客様は

    「そうですよね、その通りです」と納得してもらえます。

     

     

    ちなみにふるらんの考え方ではありません。

    先祖代々、神社様とのご縁のある方のおばあさまのお話です。

    まちがいなし、ですよね?

     

     

     

    近くに居られる・・のはやはり神社様とのご縁です。

    ありがたいですね、ご先祖様の徳積み。

     

    その徳を燃やして無くしてしまわないように末代も永遠に神様のためにお役に立てることを静かにさせていただくことが子孫の役目です。

     

     

     

    ・・・ということだけれど、それに近いことをしてくこと。

     

    神様に喜んでいただけることをするのみ。

    人のためになること。

    人を助けたり、喜ばせたり、力添えをしてあげること、

    ほかいろいろあります。

     

    お寺ではゴミ一つ拾うことさえも小さな徳積みとされます。

     

     

     

    神道の儀式を覚えることも大切かもしれないです。

    でも“心”が先。

     

     

    心があるから行動がでます。

    行動を見ていると本心でしているのか邪心(欲から起こしていること)でしているのかわかるのです。

     

    それはやっぱり見ている人がわかります。

     

    自分の心を整えて、神様にお近づきになり、神様の光を少しでも、一粒でも体に感じられるように・・

    謹んで・・謹んで・・受け取らせていただく。

     

     

    神力を全身にあびさせていいただけるだけの筋力(人間力)とこころのそこから素晴らしい人間ではないので。

     

    太陽の光を浴びることは毎日ベランダからできるけれど、神力は・・なかなか。

    そうとうな人徳と覚悟と。

    (覚悟の深い意味を最近教えていただきました。それはそれば凄いものです。

    女性・・できるかな?・・というよりその覚悟が出来る人が何人居るんだろう・・と思いました。

    ちなみに・・死んでもいい、は正しい考え方ではないそうです)

     

     

    神様の心にちかづくためには・・

    その前に「人として立派にならなければ、人を越えられない」と。

     

     

    人を越えて・・

    ・・と神様に近づきすぎると・・大変なことになる。

    当然、認められていないのに、自分での判断は・・間違えなのでしょうね。

     

     

     

    ある神社様の神主さんのお姿を1時間あまり見ていました。

     

    椅子にお座りになられて・・・お茶?お水?の入っているお茶碗をもつ腕と口と瞳の黒目以外はぴたっと動かなかったですよ。

    瞬きの回数も・・ものすごく少ない。

     

    神域におられる人の凄さを感じました。

     

     

    一センチでもおそばに近づきたい。

    来年はもう少し前に座れるように・・とふるらんは思いました。

     

    来年、そうなりたいので頑張ります。

     

     

    生徒さんには

    「こつこつ前に進みましょう。ふるらんもそうしています」というお話をしました。

     

    生徒さんは

    「私も前に進みます。今年より来年が良い年にするためですし、来世の自分のためにも」と話してくれました。

     

     

     

     

    神棚、お仏壇の掃除をしてくださいね。

    それも深い感謝とたくさん込めて。

     

    来年もお願いします、というお願いばかりではなくて、(言われてばっかりだと・・自分がご先祖ならしんどいでしょう?)

     

    来年も自分も頑張りますので、お力添えをよろしくお願いします・・のように。

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    スマートフォン

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode