霊視 運の良い人

0

     

    霊視をしていて

    「このお客様・・・運が良いのに」と思うことはたくさんあります。

    でもご本人は

    「私には運がない」と言われるかたが大多数。

     

    それにほかに思うのは・・・

    「霊能力あるのに・・・」と思うのですが

    「霊感はないですよ」と言われる方。

     

    才能って気が付かない人が多いのです。

    そして一生をそれを使わずに終わらせる人も。

     

     

    40代の女性が来られました。

    「私には運がありません。結婚もしていませんが、男性との関係もまったくありません。

    私は、男性に嫌われるし、会社の人ともうまくいかないのです。

    家族も私のことを大切にしてくれませんし、独身は私だけです。

    きっと一生一人です」と言われました。

     

    霊視しました。

    そして・・・

    「真逆なのにね・・」.

     

    光は彼女を照らしているのに、彼女はその光の影ばかりみている人でした。

    光より、影の存在を強く信じる人だったので。

     

    「過去に〜〜な人で、〜〜な男性とお付き合いはありませんでしたか?」とお話しをすると

    「そういう人からお付き合いを申し込まれましたが、怖くてお断りをしました」

    「それでは・・・〜〜で〜〜な場所が見え、〜〜県という言葉が聞こえますが、行ったことがありますか?運命を変える場所だと思いますが」というと

    「家族で旅行へ行きました。その時に男性に声をかけられましたが、そんな場所で声をかけられる人にはついていけません」と言われました。

    ふるらんは

    「あなたは・・幸運を自分で不幸に変えていますね」と言いました。

    彼女は

    「幸運ではないと思うので、断っているのです」と言われました。

    霊視をしていると・・・もともとは家族に愛されている人です。

    大切にされているのですが、ほかの兄弟に比べて・・一番大切にしてもらわないと大切にしてもらっていない、と解釈する人でした。

    「自分が最高に思う愛って・・なんですか?」と聞くと

    「大切にしてくれることです」というので

    「それでは、赤ちゃんが最高に感じる愛ってなんですか?」と聞くと・・

    「親が笑顔で自分にかまってくれることだと思いますが」と言われるので

    「あなたも、そうされて育ててもらったのではないのですか?」と聞くと彼女は少しだまって・・それから

    「確かにそんな時もありました。でも・・・」

    「兄弟ができて・・自分に愛をくれなくなった?」

    「ええそうです、いつも私には強くいい、弟や妹には優しいし・・・」

    「それって・・私もそうでしたけれど・・でも子供を産んだらわかりますよ」

    「え?」

    「どうしても・・下の子に手がかかるのです。ほかの友達とかにも聞いてみたらいいですよ」

    「あ・・・そういえば、下の子ができてから上の子がうるさいとか、面倒とか」と言いながらうつむき始めたので霊視すると・・右の頭の上に靄のようなものが見えるので・・・

    「もしかして・・ご両親のどちらかがあなたの頭を叩いていない?」と聞くと彼女は泣き出していました。

     

    小学生の時、弟が怪我をして、その時そばにいた自分に父親が

    「お前がきちんとみていなかったからだ」と言って頭を殴ったそうです。

    「私、何にもしていないのに・・」と泣いている彼女の肩に触れながら

    「お父さんのいらいらをいつも受け止める役目のせいで・・男性不信なのよね?」というと彼女は小さくうなづいていました。

    当然、お父さん、お母さんの子育ての仕方が悪いのです。

    そして、人間としての未熟さを暴力で早急に隠してしまうので子供は人が嫌いになるのです。

    「本当の人間の良さって・・わからない」と。

     

    「もうお父さんもお母さんを許してあげたら?それに両親の愛より、もう大人の愛を味わう人生の域にはいったと思うし。素敵な男性は・・・あなたがあなたの本当の運を使い始めたら現れるわよ」と話しました。

     

    彼女の持っている本当の運を教えてあげました。

    ふるらんはふるらんのやり方で彼女の運が動くようにしていました(内緒)。

     

     

    その2か月後・・・

    会社で年下の女の子2人に声をかけられ、飲みに行きました。

    いつもは断るそうだったのですが。

    その二人に

    「本当は前からゆっくり話をしたいし、一緒に仕事も頑張れる人だと思っていましたが、とっつきづらくて・・と思っていたのが本音でした。でもここ数か月、とっても雰囲気が変わったので・・」ということでした。

     

    3人で楽しく飲んで食べて・・久しぶりの感覚だったそうです。

     

    帰りの地下鉄を待っていると・・同じ会社の男性に会いました。

    そしてその男性にも

    「最近雰囲気が変わったと思っていたんだけど、何かいいことあったの?」と言われたそうです。

    「その時、私の本当の運を使い始めたんだ・・だから会社の人にも声をかけられるようになったんだわ」と確信したそうです。

     

    すこしして・・彼女は休日を利用し、髪を変え、お化粧を変え、服装も変えました。

    出社すると、みんなに

    「どうしたの〜」とか

    「いいじゃない」と言われ、嬉しかったそうです。

     

    ダイエットも開始し、少し痩せました。

     

    そして・・・

    また会いに来てくれた時は別人のように輝いていました。

    「このネックレスに一目ぼれをしたのですが、購入していいでしょうか」と聞かれ、その写真を見て

    「うん、これはあなたのラッキーアイテムになるわ」と答えました。

     

    そしてふるらんから

    「おなかのあたりに影が見えるから・・病院に行ってね」と彼女に伝え、彼女は笑顔で

    「はい、行ってきます」といい、婦人科へ。

    (今までの彼女なら「え〜〜」と驚き、悲しみ、嘆き・・だったと思います)

     

    連絡がきて

    「早く見つかったので、お薬で治りますよ。これからも様子を見ていきましょう」と言われたそうです。

    「大きくなったり、痛かったりすることを考えたら、幸運でした、ありがとうございました」ととてもプラスイメージの発言に変わっていました。

     

    その3か月後・・・運命がきました。

    仕事の関係である人の講演会に参加し、席に座っていると隣に一人の男性が座りました。

    お互いにあいさつをして・・話をしていました。

    そしてその男性は夕食に誘ってくれました。

    「先生、彼のお誘いについて行っていいですか?」とトイレからメールがきて検討し

    「いいよ〜気を付けてね。いつも授業で聞いていたことを実行しながら気を付けて」と返信をしました。

     

    素敵な場所で素敵なお食事だったそうです。

     

    「先生〜きれいにしておいて本当に良かったです」とメールを送ってきてくれました。

     

    それからその彼とやり取りして・・正式なお付き合いがスタート。

     

    先日、彼女から

    「彼から指輪をいただきました。私にも幸せがきました」と連絡がきました。

    ふるらんは

    「もともとあなたは幸せの運を持っている人だから、彼ともっと幸せを育ててね」と返信しました。

     

     

    人生にはいろいろあるのです。

    家族がおかしいとか、付き合う男性がおかしくなるとか・・・

    人が信じられないとか、裏切られるとか・・・

    それにこだわっていては年齢を重ねても、質が上がりません。

    いつまでも

    「自分の人生の被害者は私」ではいけません。

     

    変えましょう。

    絶対変えましょう。

     

    ふるらんも・・子供の時から大変なおうちでした。

    そして、今、自分らしく歩いています。

    何があっても・・幸せと思っています。

     

    自分の本当の強さの星を知っているからです。

    でも、最初は信じていませんでした。

     

    ただ、何度も

    「あなたはほかの人にはもっていないものがあり、それはとても強いのよ」と言われました。

     

    信じて初めて使えるのです。

    正しく使えるようになりましょう。

    使えるのは・・生きている間だけですから。


    スピリチュアルな断捨離で幸運を引き寄せる。

    0

       

      断捨離の仕方って・・いろいろネットで出ていますよね?

      それをスピリチュアル的にすると・・・こうなるのです。

       

      「無駄なものをどんどん捨てていたら・・とってもきれいになりました。家の中がすっきりして、気持ちがよくなったのですが、特にどうこうなったわけではなく・・幸運とか実感がなくて・」と彼女は言いました。

      私は

      「何を捨てたの?」と聞き、そしてそれをチャネリングしていました。

      そして・・

      「何を得られたの?」と聞くと

      「え?」と聞き返したので、もう一度

      「何を得られたの?」と聞くと

      「意味が分からないのですが・・・」と彼女がいうので

      「チャネリングしていたら・・そういう質問をあなたにしなさい、っていうメッセージなの」と言いました。

       

      何を得られたのか・・・

      捨てたものがたくさんあるけれど・・得られたものは何?

      すべてのお客様に同じ質問はしません。

      彼女の場合には‘その質問’でした。

      彼女は考えました。

      「何を得られたって・・・?何もないですが・・」と言われたので

      「う〜ん・・捨てたものによって得られるものがあるがあるはず・・・と聞こえてくるけれど・・」というと、

      「う〜ん・・わからないです」と言いました。

      「だから・・まだ捨てていないみたいだよ」というと

      「捨てていない・・って・・・なんだろう・・・」と考えていて・・そして

      「あ!」と気が付きました。

      そして続けて・・

      「捨て終わっていないから・・得られていないんですね」と言いました。

       

      はい、捨て終わっていません。

      だから得られていません。

      彼女の場合、本当に捨てていなかったのです。

      だから・・得られない・・・

       

      「二つあるって言われてるけど」とふるらんが言うと

      「はい、種類は2つです。捨てる時に迷って捨てなかったものです。はい、捨てます。そして得ます」と言いました。

       

      その日の夜、彼女はそれを捨てました。

      一つは大量のもの、もう一つは小さくてすぐわからなくなってしまいそうなものを。

      捨て方は彼女に教えてあげました。

       

      その2週間後、彼女は職場の人に日曜出勤の交代を頼まれました。

      ちょうど、彼女は空いていたので、交代してあげることにしました。

       

      彼女の仕事は病院の受付。

      小さな病院でしたから、面会に来る人たちとあいさつをしたり、案内をしたり、日ごろたまった書類などを整理していました。

      受付に一人の男性が立っていました。

      その男性は患者さんのお部屋の番号を聞いてきました。

      彼女はその患者さんの番号を調べ・・・その男性に伝えようとすると、男性が彼女の顔をじ〜〜っと見ているので、なんだろう・・・と思うと

      「もしかして○○高校で○○部にいた○○さん?」と彼女のことを言いました。

      え?と思い、その男性をじ〜〜っと見ていると・・

      高校時代の○○部の先輩の男性でした。

      懐かしさで二人で会話をしていて、その男性は

      「父親が入院しているから、また帰りに寄るね」と言って部屋に行きました。

       

      そして、帰りに彼は彼女のアドレスを伝え、

      「今度、食事でも」と誘ってくれました。

       

      そのお話しはすぐ連絡がきて相性を見て

      「はい、行きましょう」と彼女に勧めました。

      そして彼と会う前に会いにきてくれて、彼女が

      「実は高校時代のあこがれの先輩だったので、お付き合いしたかった人です」と言いましたので、彼女が彼のハートを射止められるようにテクニックを伝授しました。

      (相手の男性によって、やり方が違うので)

       

      そして、二人はメールのやり取りをして・・・・

      数回食事やデートをして・・・彼から

      「日にちが浅いけど、結婚を前提にお付き合いをしてほしい」と言われました。

       

       

       

      あとは、結婚へ、そして幸せな家庭生活になるように、ご指導させていただきます。

      でも・・まず、彼女の結婚への着地が先決ね。

       

      必ず成功させますわ〜

       


      スピリチュアルセッション〜金運のない人は恋愛運も???

      0

        金運がないひとは恋愛もだめと思っていますか?weep

         


        だめですよ〜そんなこと思ったら。

        確かに金運がないと・・悲しいけれど。

        でも金運と恋愛運もあったほうがいいけれど、でもまず一番最初に

        「本当に金運はないの?」ということです。

        そして

        「ない」とか「少ない」とかわかった時点で「悲しい・・」と思うのもわかるけど、それはそれ。

        「それじゃ〜体質改善すればいいじゃないですか」と思うようにしてもらいたいです。

         


        人は変えられるはず。

        それも目的があったら。

        結婚するなら・・自分が金運がないけれど、相手にあればいいし・・と甘い考えではいけません。

        金運の無い人が金運のある人と出会えません。

        シンデレラさんは貧乏な格好をしていましたが、お家にはお金がありました。

         


        そしてお家にお金がなくても金運ががっちりある人達(女性・男性を問わず)たくさん見てきました。

         


        「本当に金運があるのですか?」

        「ありますよ」

        「え〜だって今お金は無いですよ」

        「今無くても金運はありますよ」

        「いえいえ、無いです・・・」

         


        そんな会話をしていると・・・本当にずっと倉庫の奥に金運さんが置きっぱなし。

        きっとネズミにかじられて・・思いだして箱を開けた時には使いものになっていないかもしれないです。

         


        そして恋愛運も。

        「いままでいい男性に巡り合っていないのだからきっと恋愛運がないです」と言われます。

        本当にそうですか?

        ただ恋愛運の使い方を間違っていませんか?

         


        そして、そして・・金運が無いから恋愛運もない、って自分で決めていませんか?

         


        あらあら・・もったいない。

        それで一生終わらせるつもりですか???

         

        昨年の秋の東京セッションであるお客様が

        「金運がないし、恋愛運もないです」と言いました。

        彼女もすっかり「思いこみ」。

        もったいないからちゃんと事実を認めて、前に進みましょうとお話しました。

         

         

         

         



        事実は恋愛運の方が彼女は強く、金運が普通ぐらいのひとでした。

        それで聞いてみました。

        「豊かな人を選びなさい、と言ったら金運と恋愛運とどちらを選びます?」と聞くと

        「もちろん愛の方です」と答えたので

        「そうね〜女の子ならそう答えます。でもね、ここからが不思議なんだけど・・・」というと

        「え?なんですか?」と聞くので

        「あなたと相性のいい、男性の特徴が恋愛運が普通より少し弱くて、でも金運がいい人みたい」というと

        「え?そうなんですか?」というので

        「うん、正確にいうと恋愛運が弱いからきっとみんなからモテナイ人に見えると思うわ。損してる人みたい。でも懐に入るととっても暖かい人だと思う。霊視していると素朴でぼくとつな感じの人にみえるかも」というと

        「あ・・私そんな人好きです。でもいままでははっきりした人でモテル人にくっついていくから」というので

        「もしあなたの心に素直になったら・・きっと恋愛運が働き始めると思うわ。そして金運がないと思ったらダメよ。あなたの場合は普通なんだから、普通の恋愛運を使えるように教えてあげます。そしてその運が動き始めたら、恋愛運をもっと強くする方法を教えますね」と言いました。

         


        そして・・毎月恋愛教室に来てくれました。

        年明けに彼女から連絡が来て、

        「生まれて初めて宝くじが当たりました」と言いました。

        「おめでとう」と返信すると

        「何かいいことがあると思うと運が強くなった気がします」とメールが来ました。

         


        そして2月の東京セッションの時に

        「気になる人がいます」ということで写真を見せてくれました。

        数人で写っている写真で、その一人の男性を指をさしてくれました。

        確かに・・あまりモテるという雰囲気ではないけど・・・

        「でもあたたかそうね」とふるらんが言うと

        「そうですよね。でも会った瞬間、この人いいな、と思ったんです」と言いました。

         


        先日、お友達数人とお友達のお友達数人が来て合コン状態でお友達の経営している居酒屋で撮った写真でした。

         


        で、彼女に彼の落とし方を教えてあげました。

        3回目の飲み会には・・二人で会いたい、という風に持っていけるようにしようね、という目標をもってもらいました。

        それで・・・先日のメールです。

        「さっき、彼からメールが来て、今度(今週末)のみんなの飲み会が終わったら、二人で一緒に飲みませんか?と書いてありました。思わずやったー!と思いました。さすが先生ですね。お誘いをいただけるようなメールなんて・・すごいと思いました。これからしっかり落としたいのでよろしくお願いします」と書いてありました。

         


        彼は今サラリーマンですが、いずれ自営をされる運を持っておられます。

         


        今年の・・半ばまでには決着をつけましょう。

         


        宝くじの当て方のご質問について

        0
          「らんらんしましょ」に書きました「〜〜〜〜で○○○万円」についてたくさんのお問い合わせをいただきましてありがとうございました wink.gif


          生徒さんやお客様にはいつもお話していることですが、ふるらんは昔、一等の組違いを当てていますhappy01.gif


          その時は・・・ビデオどりで番号を控えていたので、何回も見直し・・・(組は見ていなくて・・・番号がピッタリだったので、まず静かに立ち上がり、窓を閉め、そしてカーテンをおもむろにしめ・・・・


          真っ暗にして・・・そしてもう一度、番号を見直し、友達に電話をして、確認し・・・

          数日後、当時の第一勧銀に行きました。


          そして・・銀行にはいり、立っている人に

          「あのぉ〜〜〜宝くじが当たったんですけど」と言うとその銀行員さんは小さな声で

          「何等ですか・・?」と聞くので

          「一等の組違いです」と言うと、いきなり大きな声で




          「あ〜〜〜〜それなら、あの机に書類がありますから、書いてください〜〜〜」と言いました。


          10万円ってこんな扱いなのねぇ・・・と思いましたがcoldsweats01.gif



          それから、細かいのは何回も当たっています。


          普通に1万円とかは当たります。




          と、金運体質ですから・・・もう十数年前ですが、バッグを拾って・・中身を見たら〜〜〜〜万円を拾ったことがあります。

          (ちょっとした外国の高級車が買える額です)

          この額は・・普通の人が聞いたら驚くと思いますわ。


          凄い数字だったので、まっすぐ警察へ。

          もちろん落とした人にすぐ連絡をして・・お礼がビール券2枚でしたcoldsweats01.gif


          こんなお話は・・たくさんあります。


          年間数回は警察へ行きます。

          宝くじにはこつがあります。

          それを生徒さんにはちゃんと実践してもらっています


          「当たりました〜sign01.gif」と連絡が来るとたのしくなっちゃいます。


          どんどんコツを高めて行って、みんなで幸運パワーの使い方を極めていきたいと思っていますcrown.gif


          金の指輪 〜 運勢を変えるために必要な事

          0

            ふるらんのお家には昔、かまぼこ型の指輪がありました。

            その指輪には小さなダイヤモンドがついていて・・家族で大切にしていました。

            きっと・・・今は、長男の伯父さんのお嫁さんが持っていると思います。

             


            金の波動とプラチナの波動・・そしてそれについている石のよってまったく運勢が変わります。

            「これいいね〜」と思って気分で買って・・まったく身に着けずに数年過ぎるものを持っているという女性はおおいでしょうね。

             


            金はよくいえば派長を小さくします。

            悪く言えば、派長を小さくするので、間違った石とくっつけると体に害を与えます。

            ・・・と言ってもその人によって、金がいいかプラチナがいいかは完全に違うのです。

             


            派長が大きいのがいいと思っていると間違えます。

            ちょうどいいのがいいのです。

            大きくみせたい・・と思い、派長を大きくすることに頑張ると、その人は不安に襲われます。

            やはり、自分と派長は一緒であるのが一番なのです。

            ごまかすために隠そうとするが故に「嘘をつく」という二重の苦しみを背負うことになるからです。

             


            その人によって、プラチナのネックレスがいいか、指輪がいいか、それとも金がいいか、指輪がいいか、それとも指輪はどこの指がいいか、ネックレスならどの長さがいいか・・・など、その答えは

            『人によって違うし、目的によって違う』のです。

             


            私たちのような仕事をしていると金がいいか、プラチナがいいか・・とまた選ぶことがあります。

            でも基本はその人との相性と仕事ですね。

             


            お客様が金の指輪をもってきて

            「視してほしいのですが、私にはこの指輪があっているのでしょうか?」と言われました。

            とくに可も無く、不可もなく・・らしいのですが・・・

            しっくりこない、のです。

            霊視して・・・

            「これ、あともう少し太くして・・・裏に〜〜って書いたらいいですし、聞こえるけどもう少し重くしたらいいって」と彼女に話したのです。

             


            そして彼女は指輪をリフォームしました。

            それをもって私たちのところへ来てくれました。

            箱を開けた瞬間、

            「お〜〜これはいいわ〜」状態。

            「友達に見せたらみんな褒めてくれます。そして霊感友達も同じように褒めてくれます。これでいいですか?」と言うので

            「うんうん、もう早く身につけたらいいよ」といい、指輪をしてもらいました。

            重さも形も・・彼女にしっくり来ます。

             


            「たぶん・・これを金のチェーンにぶら下げたらそれでもいいと思う。仕事の時はそうしたらいいですよ」と言いました。

             


            それから毎日、その指輪を身につけ、仕事へ行ったそうです。

            その日から、嫌いな先輩とは話せるようになったし、同僚や周りの人から無理やり仕事をさせられなくなったそうです。

            「お金はかかりましたが、とても楽しいです。この指輪は大切にします」と言いました。

             


            私たちからは・・

            「また数年後・・来年はいいけど、再来年の・・・夏ぐらいにまた少し足した方がいいと思うので、また相談にきてください。でも・・今度は模様を入れるほうがいいかも」と話しました。

             


            人は年を重ねます。

            そして生きる目標が変わります。

            身につけるものも変わりますし、エネルギーの方向や強さも変わるのです。

             


            あなたの持っているものが幸運のグッズになったら・・あなたは楽だし、嬉しいでしょう?

            ですから・・・自分を変えるためのきっかけを作ってくださいね。


            首の激痛〜スピリチュアルな意味

            0

              大阪スピリチュアルセッションでのお話です。

              「首が痛くて・・あちこちの病院に行きましたが、まったく治らず、今、週に2回、整体へ通っています。でも整体で少しずつよくなっていると思ったら、また先日も激痛が走り、それでスピリチュアルで解決した方がいいかと思いました。」とお客様が言われました。

               

               

              確かに・・・霊視のスイッチを入れると・・首のまわりに手が見えます。

              それも何か持っているみたいな・・・

               

               

              ふるらんが見えるのは・・・

              「一日・・2・3回、最低でも一回は刺しているかひねるか」と思いました。

               

              一瞬で「やる」のです。

              つまり、何かしらの感情が絡んだ時、うむを言わさず、「ぎゃ」っと。

              「寝ていても、なるのです。辛いです」とお客様がいいました。

               

               

              一緒に解決していきたいと思いますが、前向きになれますか?途中で辞めたいとか思わないでほしい強さをもってくださいね」というと

              「はい、ブログを読んでいて、私もはやく楽になりたいと思ってここに来ましたので、是非お願いします」と言いました。

               

               

               

               

              思いは・・深い。

               

               

              それもかなり。

              彼女のご先祖様に関わる・・深い思いがまだ彼女に来ている感じ・・・

              「前に・・手が回るまえに・・」というとお客様が

              「前って?」と聞くのでふるらんが

              「前に気道があるでしょう?」というとお客様は無言になりました。

               

               

              ラピス・ハートでは規定料金以外はお金はいただきません。

              あることに使いものを渡すこともありますが、それでも追加でお金をくださいとは言いませんので安心してください。

               


              そして彼女には、まず捨ててほしいものをお伝えしました。

              物でもありますし、想いでもあります。

              そして・・過去のことを少し調べてもらうことにしました。

              彼女はきっとまったくわからないと思うので。

               


              ある過去のこと、そしてご先祖様のことを聞くと

              「そんなことを親から聞いたことがあります」と答えてくれました。

              そして

              「近親で〜〜で〜〜されたかたがおられますよね?」と聞くと

              「それはないですが・・」と言うので、それも確かめてもらうことにしました。

               


              その夜、親御さんに聞くと、そういう人がいたということがわかり、その人のことを〜〜してください、とお願いしました。

              (みなさんに当てはまるとは言えませんので、このタイプの場合にはこういう風に動きます)

               


              そして・・・○月○日にあることをしてもらうことをお願いしました。

               

              次に会うまでにしてもらうことを進めてもらって・・・

               


              そして一カ月後・・・

              お客様とお会いしました。

              「痛みは一日に2回ありますが、前より力のかかり具合が軽くなってきたと思います」と言われました。

              霊視して・・・

              「うん、そう思う。こっちに向かってくるときに、私たちに向ける“その人”の顔がだいぶ薄くなってきたから」と答えると

              「よかった〜またこれからもがんばります」と笑顔が見えてきました。

              「ちなみに・・あなたを触る整体師さん。体調大丈夫?」というと

              「え?」と聞くので

              「霊視すると、○側の肩をいつも回しているみたいにみえるけれど」というと

              「その通りです。肩コリするみたいと行っていましたから」というので

              「整体師さんも・・・○時ぐらいが一番キツイと思うわ」とふるらんはいいました。

               


              彼女に

              「一カ月、霊視してきたけど、やはり引っ越しはしないとね。今の土地から離れたら楽になりやすいよ」というと

              「そうです。前の土地の時はこんなことがなかったんですけど」と言うので

              「お金の事もあるけれど、引っ越しして、新しい幸せを見つけたら・・きっと“その人”の気持ちも変わる」というと

              「それなら貯金と相談して、引っ越しします」と言いました。

               


              それから数カ月・・・彼女の首は楽になってきました。

              一発でなおしたら?とか思うでしょう?

              それをやったとしても・・・彼女はまた他のところをやられると思います。

              だって、相手としては「どこでもいいので」。

               


              それで・・・引っ越しも進めて・・・

              無事引っ越し。そして派遣で新しい職場も見つかりました。

              一カ月を過ぎた頃、社長から

              「派遣の期間が終了したら、わが社に来ないかい?正社員で」と言われ、彼女は一つ返事で受け入れました。

               


              気がつけば、首の痛みは薄れていました。

              「たまに・・触られてる?と思うぐらいです。そして何より、その感覚が来そうになったら先生の言われたとおりのことをしています。すると気配が消えるのです。自分がはねのける力を持つって運勢も変わるのですね」と笑顔で答えていました。

               


              体質を変えましょう。

              それが「ラピス・ハート」の考え方です。

              いつまでも受け身でいたら・・・やられっぱなしの人生です。

               

               

              必要な強さと、必要な運勢をはっきり使えるようにして、人生を楽しく、そして素敵に作っていきましょうね。


              東京スピリチュアルセッション〜生霊と体の痛み

              0

                 いろんな霊さんがいます・・ってリアルないい方ですけど、いるんです。

                見えない人にとっては見えないし、信用できないと思うけれど・・見える人にとって見えるので、理解してもらえないのが悲しい時があります。

                でも・・見えている、と思っても、違うときもあります。

                 

                ただ・・本当にいて、本当に見える場合は・・・対処しなければなりません。

                 

                先日の東京セッションのお話です。

                初めてのお客様が来られました。

                「とにかくしんどいのです、それも昨年の秋から。我慢して・・我慢して・・・そして友達に‘霊能者の人に見てもらったら?’と言われ、思い切って見てもらうことにしました。友達数人に聞いて・・そして○人の人に見てもらい、ブレスレットやお守りなど買ったりしては様子を見ていました。

                でも・・よくなるどころか、どんどんしんどくなっていくのでした。

                 

                 

                「一番きついのが2番目、これって・・霊感ある人・・・もらったかな・・」と言いました。

                 

                 

                 

                「はっきり言った方がいい?それとも・・」と言うと

                「はっきり言ってください。受け止めますし、解決したいと思っています」とお客様が言ったので

                「それでははっきりいいますね」と言いました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                答えは・・・

                最初にくっついてしんどくさせているのが・・若い女性。

                「たぶん・・会社の女の子で・・髪が・・・で、〜〜な人いませんか?」とふるらんが言うと

                「はい、います。その子は仲良しなんですけれど・・」というので

                「いえ、そう見せているだけですよ。あなたをしんどくさせて、自分が一番の人です」というと彼女は

                「え〜そうなんですか?」と言うので

                「ええ、その証拠を表す方法を後で教えてあげますので、お家に持って行ってもらいたいものがあるのですが、どうしますか?お金は一切いりませんので」

                「はい、確かめたいのでやってみます」と言いました。

                そして・・

                「二人目の人は・・霊能者の人。女性で・・・年齢が○○代の人です。たぶんこの人は・・・・をしたと思いますが」と言うと

                「はい、その先生には見てもらいました。そして・・」

                「また来てねって言ったでしょう?それもまた来ないと・・大変になるよとか言われなかった?」というと

                「はい、そう言われて・・あ、これ見てください」といい、バッグの中からあるものを見せてくれました。

                するとふるらんが見ていて

                「女の人が持つと・・・だね」と言いました。

                お客様が

                「なんか問題あるのですか?」というので

                「また来てほしいから・・そうしたのよ」とふるらんが言いました。

                「え〜〜〜」とお客様がいうので

                「試しに・・これもってごらん」と言って、それを彼女に返すと

                「あ、軽くなってる」と驚いていました。

                そう・・・重たくしてあったんですよ。

                だって・・重たかったら・・“また来る”でしょう?

                 

                何のための霊感なのか・・残念です。

                 

                一人目を利用したのでしょうね〜

                そして・・・3人目・・・と言うようにお話を続けていました。

                (何人いるたかは・・ナイショです。ごめんなさい)

                 

                生霊さん、集まってしまったのです。

                しんどい、を利用されて。

                でも・・仕方ないのです。

                人は嫉妬するし、利用するし。

                そしてそれでお金を集めようとするし。

                お金もそうだけど、「自分」が中心と思う人は、人を落とすためにどんなことでもやってしまうから・・怖いですね。

                 

                無意識でする人もいれば、意識でする人もいます。

                どちらにしても“不徳”を積み、神様には愛されません。

                 

                彼女に注意事項をお話しました。

                そして彼女はこれからの人間関係について、改めることを決意し、行動を変えることを約束してくれました。

                 

                帰り際のドアのところで

                「もう、軽くなってきた気がします」と彼女は笑顔で帰って行かれました。

                 

                 

                 

                昨日の夜に彼女からメールが来ました。

                「先生にお会いして、その後友人に会ったら、顔が変わってると言われました。自分自身もなおる気がして、希望がもてたせいか、心が少し軽くなった気がしました。

                二日目の夜に、夢に会社の女の子が下痢をしている風景をみて、目が覚めました。その日に会社に行くとその○○さんがおなかを壊して、会社を休んだと聞き、びっくりしました。

                次の日、その彼女が出社してきて、病院で急性の腸炎と言われた、と話していて、聞くと、“ストレスがたまったと思うから・・会社を辞めようと思うの”と話し、一応引きとめる話を女子達でいうと、彼女の決意は固まっていたようでした。

                そして昨日、会社の友達からメールがきて、彼女が退職願を出したと聞き、またびっくりしました。それでもっとびっくりしたのが、会社の友達から“彼女、あなたが○○さん(会社の男性)と親しいのを嫉妬していたのよ”と聞かされ、自分はその男性となんともないのに、そんな風に思っていたと知り、お話の通りだったということでした。それと・・先生からもらった〜〜〜ですが、〜〜になっていました。すごいですね・・こんな風になるなんて・・・そして体が楽になりました。あと○人・・きっとみんないなくなると確信を持っています。先生との約束を守り、これからもがんばります」と書いてありました。

                 

                あと・○人・・・

                ふるらんはこれから幸せに生きていく体質にするためにも、訓練のつもりで。そして・・それが終わったら・・・」と思いました。

                 

                物事が発生するのは、相手のせいだけではありません。

                大切なのは

                「発生しないように、自分を変えること」です。

                 

                風邪をひいたら・・病院に行けばいい・・と言うのも答えですが、幸せに暮らすためには

                「風邪をひかないように、予防をすること」です。

                栄養や休息をとり、自己管理をすることです。

                 

                幸せになるために・・体質を変えましょう。

                自己管理をせずに、物や人に頼っていては永遠にお金と時間を人に渡さなければなりません。

                 

                あなたが素敵な家庭を手に入れ、子供や夫を幸せにするためには・・管理ができなければなりません。

                あなた自身が管理ができるようになったら・・・子供も夫もあなたを尊敬し、そして家庭が安泰です。

                 

                難しいことはお手伝いします。

                でも・・・簡単なことは・・自分の力で進められるように・・ね。

                 

                大丈夫、あなたの心をサポートします。


                東京スピリチュアルセッション〜ありがとうございました。

                0

                  2月の東京スピリチュアルセッションに来ていただきました、生徒さん、お客様、ありがとうございました。

                  みなさんいろんなことがありますが、少しずつ前に進んで行っているので私たちもとても嬉しいですし、今困難を迎えている人もなんとか力になっていけるようにお力添えをさせていただきたいと思っています。

                  「彼氏と無事に別れられた」

                  「仕事が見つかりました」

                  「他の部署に移動になり、とても嬉しいです」

                  「子供が落ち着き始め、私も楽になりました」・・等、いろいろな話をいただき、よかったと思います。

                  今、辛い方。

                  絶対あきらめないでください。

                  必ず雨はやみます。

                  そう信じてください。

                  信じるところから始まるのです。



                  そして・・

                  結婚したいと心から思っている方。

                  必ず結婚しましょう。

                  そして幸せになりましょう。

                  家庭という温かい空気に囲まれて年を重ねましょう。

                  愛という幸せに守られて、人生を充実させましょう。

                  今を変えられるのはあなただけです。

                  変えるコツは私たちはお伝えさせていただきます。

                  また、来月よろしくお願いいたします。


                  大阪 スピリチュアル セッション〜過去の過ちを清算

                  0

                     スピリチュアルで過去の過ちを清算する時もあります。

                    その理由は・・

                    「過ちは時にその家の先祖代々関わっている見えないものによって引き起こされたものもあるから」。

                     

                    「自分でもおかしいと思うのですが、恋人がせっかくできても上手く進んでいるのに突然他の人と付き合いたくなるのです。

                    でも彼の事が嫌いでもなんでもないのに・・そうしたくなる衝動にかられます。そして一人でいるときはなんでもないのに、誰かと付き合い始めると・・他の人と付き合いたくなるのです。私っておかしいのです。

                    それでたくさん泣いてきました。

                    どうにも止められない自分がいるのです・・」と彼女は泣いていました。

                     

                    霊視しました。

                    彼女の後ろについて、彼女を動かしているものをどう扱うかを考えていました。

                    「たぶん・・あなたの家の人ではない人なんだけど、あなたが楽しくなると邪魔をしたくなる人みたいだね」と言うと

                    「はい、必ず幸せ・・と思い始めると、他の人と関係を持ちたくなるのです」と言うのでふるらんは

                    「直結の家の人じゃないから・・少し面倒くさいけど、自分を変えたいと思いますか?」と聞くと

                    「はい、もちろんです。もうこんな変なことに自分で悩みたくないので」と言いました。

                    「それなら話は早いですね。あなたが決意して、変えたいのであれば、必ず変えられます。それなら・・・私たちの話を聞いてもらえますか?あなたは大人だから・・あなたにそうしている人(?)の事もわかってもらえると思うし・・」と言いました。

                     

                    彼女は大人の女性らしく、しっかりと聞いて、そして受け止めていました。

                     

                    幸せを邪魔をせっせとするその人は・・・彼女のご先祖様といろんなことがあって・・そしてずっと「良くさせない」風に持っていくのです。

                    ですから・・・「後ろの言う通りにならない方法」を使うために、守ってもらいたいことを伝えました。

                    彼女はそれを守ることを私たちに誓ってくれました。

                    そして・・

                    「終わったことをなかなか忘れられないと思うけど・・・忘れることよりも、それから何を学んだかを大切にしてね」とふるらんが言うと、彼女はうつむきながら

                    「いままでずっと自分を責めてきたのですが・・・もう辞めます。そして学んだことに変えます」と言いました。

                     

                     

                     

                    2か月後のメールには、

                    「今日、会社の男性に、雰囲気変わったね〜、と言われましたし、会社の女の子から久しぶりに食事に誘われ、楽しくおしゃべりしてきました。みんなに変な言い方ですけど、最近話しやすくなったから、声をかけたんです、と言われびっくりしました。私って・・そんなに変だったんですね」と書いてあったので

                    「自分で気がつかなかったでしょう?でも周りってありがたいね〜あなたの成長をちゃんと見てくれるし、そのご褒美に誘ってくれるし、ほめてくれるし。自分を許し、過去を許し・・そして自分に関わる不幸を許したら人生が変わり始めるのをこれからも実感していってね」と返信しました。

                     

                    そして1年を過ぎようとした時、親戚からお見合いの話が浮上。

                    「いつもなら写真も見もしませんが、なぜか詳しく聞いてみました。相手は親戚がお世話になっているお寺の息子さんでお坊さんですが、会っていようかと思います。相性はいかがでしょうか?」と連絡が来て、写真を霊視し・・・

                    「大丈夫、会ってみて〜」と答えました。

                    そして、お付き合いをスタート。

                    3回目のデートで彼から

                    「結婚を前提に」と言われ、彼女は快諾しました。

                     

                    彼女のお話です。

                    彼の写真をみて、すぐ、いい人だな〜と思ったこと。

                    この話を持ってきてくれた親戚の人が大好きなこと。

                    お見合いをして、

                    「温かそうでいい感じの人」と思ったし、彼のお寺を見て・・

                    「このお寺が私の家になるのね」と一瞬思い、

                    「え?今なんでそんなこと思ったんだろう・・」と感じたこと。

                    ご両親も年を重ねておられるけれど、とても優しい方だと思ったこと。

                     

                    そして・・

                    「一番はもちろん彼の温かさでしたが、もうひとつがお寺の観音様を見た時、涙がでそうなぐらい胸がす〜〜とした感じになり、心が落ち着いたからでした」と言いました。

                     

                    もう、これで大丈夫。

                    あとは・・彼と一緒にそのお寺で愛と慈愛を育て、仏様や彼や、彼の家族や・・地域の皆さんのために、頑張っていきましょうね。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    大阪スピリチュアルセッション〜相性を占う。

                    0

                      出会って・・恋愛をして・・・

                      最初はお互いがわからないから、とっても楽しいんだけど、付き合いがある程度まで行き、そして時々相手の行動や言動に

                      「?」が出てくる。

                      そしてその先に

                      「この人でいいの?」と思う。

                       

                      相性が合わないと、好きだけど、苦痛。

                      ・・って変でしょう?

                       

                      でも好きなんだけど・・これでいいの?といつも問いかけるのよ。

                      それで・・悩んでいろいろ占い師に相談して・・・何件も相談して・・・

                      そしてご縁があったら・・ラピス・ハートに来られる方が多いです。

                       

                      その時にみなさん言われるのが

                      「何件も占いをしてもらいました。でもなんか納得できなくて・・」と言われます。

                      ふるらんは言います。

                      「好きだから・・納得できないと思うわ。でも・・納得しなくていいと思うの。ただ・・知ってほしいだけ、あなたの未来が幸せになるのか、ならないのかを」。

                       

                       

                       

                      「彼との相性を見てほしいのです」と言われました。

                      占いでは相性がいいですが、でも・・霊視ではあまりよくないと思う彼でした。

                      「何か彼についていますか?」と言われたので詳しいことは彼のお家に関わる事なので、言えませんが

                      「あなたがこの家に嫁ぐと・・大変だと思います」とお答えしました。

                      すると彼女は

                      「あ・・だから、相性はいいと言われても、自分で納得できなかったのですね・・」というのでふるらんは

                      「それを女性の感覚でなんとなく・・という感じがあったのでしょう?」と言うと

                      「ええ、友達ほとんどはなんであんな彼がいるのにそんなに不安なの?、と言われるのですが、親友だけはよく考えたら?というのです。だから・・自分の不安が本当なのか?相性はどうなのか?といつも思っていました」と言いました。

                      「彼と結婚しても、子供もできると思いますよ。でも・・あなたは多分・・離婚すると思います」というと

                      「ええ、離婚する・・と思っていました。でもそれは正しかったのですね」と言いました。

                      彼女と彼は普通に相性はいいのです。

                      でも・・家と家の相性が悪いのです。

                      たぶんご先祖さん同士・・戦っていると思います。

                       

                      しばらくして彼女から連絡が来ました。

                      彼と別れて、3週間後、新しい男性が現れました。

                      その男性といるととても心が安らぎ、そして落ち着くそうです。

                      友達も親友も・・

                      「前と全然顔が違うね」と言うそうです。

                      そして出会って3カ月で彼からのプロポーズ。

                      今着実に結婚に向かっています。

                       

                       

                      もうひとつの相性のお話です。

                      女性が

                      「私の母が私の結婚に反対するのです」と言いました。

                      お母さんと彼との相性を見ると・・・最悪。

                      でも、彼女と彼の相性はいいのです。

                      「母を説得することは可能でしょうか?」と聞かれたので

                      「相性が悪いので説得も大変だと思います。ただ・・」

                      「ただ・・・?」

                      「あなたたち、早く子供を産みなさい。今年が一番のチャンスだから。今年妊娠して、来年の○月○日まで出産したら、お母さんきっと変わるよ」と言いました。

                      彼女は

                      「え〜母を説得してから・・結婚、妊娠と言う風に・・」と言いましたが、また

                      「それを待っているうちに、たぶんますます揉めるから。とにかく妊娠しなさい」と言いました。

                      そして

                      「たぶん・・生まれるのは女の子・・ってあなたも思ってるでしょう?」と聞くと

                      「はい、10代の時から産むのは最初は女の子って思っていました」というので

                      「それなら今、彼もあなたの最高の運気だし、子供を産んでその運気でお母さんを丸めてしまいなさい(笑)きっとお母さん、ごろっと変わるわよ」と言いました。

                      全員に有効な手ではありません。

                      彼女と彼、そしてお母さんとの相性をみて・・の結論です。

                       

                      そしてふるらんは元看護師さんですから・・

                      ○月○日・・・と彼女に伝え、そして彼女は彼と話しあい、計画を実行しました。

                      はい、ちゃんと妊娠しましたよ。

                      そしてそれと伝える方法もふるらんが彼女に伝授していましたから、安心。

                      おかあさんはとっても喜び

                      「面倒は私が見る」という状態で、すぐ結婚式を日取りを・・と流れるように進行しました。

                      おなかが大きくなるにつれ彼女は

                      「母が赤ちゃんを甘やかさないかって心配です」とメールが来ていましたが

                      「あ〜大丈夫、子供はいずれおばあちゃんから離れるから〜」と返信し、そして無事出産。

                      夫婦二人にとっての最高の相性であり、お母さんにとっても相性のいい子供が生まれました。

                       

                      ・・・というkとで時々彼女から子供の写真が送られてきます。

                       

                      はい、相性はいろいろあるんです。

                      そして夫婦だけの問題でも恋人だけの問題でもありません。

                      両親、親類、そして子供・・・友人、PTA付き合い、先生、会社の同僚、社長・・・

                      相性が悪ければ、相談に来てください。

                      相性が良ければそれをもっとよい風に使う方法を教えてあげます。

                      あ、もちろん・・夫の操縦法も教えます(苦笑)

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      スマートフォン

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode